2022年の「敬老の日」はいつ?どんな意味を持つ日なの?老人って何歳からをいうの?

2022年の「敬老の日」は、いつでしょう?そもそも「敬老の日」とは、どんな意味を持つ日なのでしょうか?また、「老人の日」というのもあるようですが、これは一体何のための日?そもそも老人とは何歳から?そんな疑問にお答えいたします。

2022年の敬老の日はいつ?

「敬老の日」は、毎年9月の第3月曜日です。

なので、2022年の敬老の日は、

9月19日の月曜日

になります。

敬老の日は月曜日ですが、国民の祝日なので休日です。

制定されたのは昭和23年(1948年)で、制定当初は9月15日を敬老の日として定めていました。

しかし、平成15年(2003年)にハッピーマンデー制度が導入され、以降「9月の第3月曜日」を敬老の日とすることになりました。

ちなみにハッピーマンデー制度とは、従来の祝日を月曜日にずらすことで、土日とつなげて連休を作るものです。

広告

「敬老の日」とは、どんな日?

敬老の日は、どういった意味を持つ日なのでしょうか?

敬老の日には、

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」

という目的があります。

「これまで長い年月を、社会に貢献してきた高齢者の方々に対し、感謝の意を示し、敬いましょう」ということです。

なので、別に両親や祖父母といった血縁関係だけでなく、高齢の方々みんなに敬意を表す日なのです。

なかなか見知らぬ高齢者に敬意を示すのも難しいので、つう身内を対象にしてしまいますが、本来は高齢者全員が対象というわけです。

なので、敬老の日はいつも以上に、接する機会のある高齢者の方々に、親切にするよう心がけてください。

老人は何歳から?

敬老の日に高齢者を敬うのはわかりましたが、この敬老に該当する高齢者(老人)とは何歳からになるのでしょうか。

高齢者居住安定確保法(高齢者住まい法)では、60歳以上が制度の対象となっていますので、60歳からが高齢者に該当するのかもしれません。

一方、国連の世界保健機関(WHO)の定義では、65歳以上を高齢者とし、65-74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者としています。

以前よりも日本人の平均寿命は伸び、どんどんと長寿化しています。それに伴い、定年年齢も65歳に引き上げられました。

これらの点から考慮すると、定年を迎え、一般的に現役を退く年齢となる65歳からが高齢者といっても差し支えないのではないかと思います。

人生100年時代と言われる昨今では、65歳でもおじいさん・おばあさんにまるで見えない若々しい人も、たくさんいらっしゃいますが…。

広告

「老人の日」というのもある

「敬老の日」とは別に、実は「老人の日」というのもあります。

「老人の日」は、当初「敬老の日」として定められていた9月15日です。

ただし、「老人の日」の位置づけは「敬老の日」とは少し意味合いが異なります。

「老人の日」は、「老人自らが生活の向上に努める意欲を促す」という日です。

敬老の日が他者から敬ってもらう日であるのに対し、老人の日は自らが頑張るという気持ちを奮い立たせる日ということですね。

ちなみに、9月15日から9月21日までの1週間を「老人週間」と定められ、この期間は「老人に敬意を表すのはもちろん、老人福祉に対する理解を促進させ、老人自身もまた自ら新しい社会建設に貢献しよう」という1周間となります。

日本は世界一の高齢化社会の国です。それぞれが持ちうる力を出し合い、協力しあってより良い社会を築いていきたいところです。

まとめ

未婚率の上昇、少子化などにより、身寄りのない老人も増えています。

敬老の日と言えど、誰とも接点を持たず、一人寂しく過ごされる老人の方々もきっと大勢いいることでしょう。

せめて敬老の日くらいは、高齢者に目を向け、できる限りの優しい視点で声がけをしてあげたいところです。

あなたが思う以上に、優しい声をかけられた老人の方々は、きっと喜ばれると思いますよ。

小さな思いやりの積み重ねで、みんなに優しい社会を築いていきたいですね。

参考になったらシェアしてくださいね!