あかぎれに効く市販薬 ハンドクリーム・キズパワーパッドなどを使ってあかぎれを治す方法

冬になるとあかぎれに悩まされる、という人も少なくないのではないでしょうか。ここでは、あかぎれに効く市販薬についてお伝えしていきます。あかぎれに効果のあるハンドクリームの選び方と使い方や、キズパワーパッドや手袋など、あかぎれを治す方法を活用してみてください。

あかぎれの原因は?

あかぎれは、皮膚の乾燥によって皮膚表面に細い線状の深い亀裂が入る症状で、赤みや痛みを伴うのが特徴です。

一般的に冬場の空気の乾燥によって起こる皮膚トラブルですが、洗浄力の強い洗剤やシャンプーの使用も原因になります。

最近は、感染症対策として手洗いやアルコール消毒をする機会が増えたことにより、季節を問わずあかぎれを発症する人が増加しています。

広告

あかぎれとハンドクリーム

あかぎれの修復を早めたり、痛みやかゆみを抑えるための、ハンドクリームの使い方と選び方のポイントを紹介します。

あかぎれの症状がある場合は、グリチルリチン酸ジカリウム・dl-カンフル・グリチルレチン酸などの炎症を鎮める成分が配合されたものを選びましょう。

また、ヒアルロン酸・グリセリン・セラミドなどの保湿成分が入ったものや、ビタミンE・ヘパリン類似物質などの血行を促進する成分が入ったものもおすすめです。

ハンドクリームの使い方は、塗る量・塗り方・塗るタイミングがポイントです。

1回に塗る量は、人差し指の指先から第2関節までを目安に、たっぷりの量を使います。

塗り方は、肌によくなじませるようにマッサージしながら塗ると効果的です。

塗るタイミングは、手洗いした後に毎回塗るのがベストですが、出来ない場合は就寝前にしっかりと塗りましょう。

あかぎれとキズパワーパッド

キズパワーパッドなどの治癒タイプの絆創膏を使用すると、水や乾燥などによる痛みを和らげてくれます。

また、キズ口を密閉して水分が失われるのを防ぐモイストヒーリングの効果で、あかぎれの治りが早くなります。

普通の絆創膏と違い、手に馴染み、剥がれにくいのも特徴です。

広告

あかぎれと手袋

手指は水や洗剤に触れるたびに皮脂が失われてしまうので、水仕事をする際はゴム手袋を使用して、手指を保護しましょう。

ただし、ラテックス素材の手袋や手袋についているパウダーなどでかぶれを引き起こす場合は、ラテックスフリーやパウダーフリーのゴム手袋を選ぶようにしましょう。

また、寝る前に手にワセリンを塗り、手袋をして寝るのも効果的です。

ワセリンには水分が蒸発しないようにする効果があるので、ハンドクリームを塗った後にワセリンを塗り、さらに手袋をして寝ることで手の水分を保つことができます。

あかぎれ その他の治し方

その他のあかぎれの治し方もご紹介しましょう。

オイルを入れたぬるま湯に浸ける

ぬるま湯にオイルを数滴垂らし、そこに5~10分手足を浸けることで、あかぎれの症状の緩和が期待できます。

ただし、熱いお湯では症状を悪化させる恐れがあるので、お湯の温度に気をつけましょう。

食生活を見直す

新しい皮膚の組織をつくるときに必要な栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、ミネラルなどです。

そのため、これらの栄養素を多く含む食事やサプリメントを摂取するのも、あかぎれ対策に効果があります。

病院に行く

あかぎれの部位に腫れや強い痛みを感じたり、症状が広がっていく場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

皮膚科では、主に保湿剤の塗り薬や弱いステロイドの塗り薬が主に処方されます。

ステロイドに抵抗があっても、医師の指示に従って、一時的・局所的にしっかりと使用するのが早く治すポイントです。

まとめ

あかぎれを市販薬で治すためには、炎症を鎮める成分や保湿成分の入ったハンドクリームを使い、手洗い後に必ず塗るのが理想的です。

可能であれば、キズパワーパッドを使うのも効果的でしょう。

仕事などの関係で日中はどちらも使用が難しいという場合は、せめて寝るときにワセリンを塗り手袋をして寝てみてください。

症状が改善されず悪化するようなら、皮膚科での受診をおすすめします。

早めの対応が、早めの完治に繋がりますよ。

参考になったらシェアしてくださいね!