札幌五輪開催の賛成派が多数!?2030年冬季オリパラ開催に向けて動き出す札幌市

札幌市が2030年冬季オリパラ招致に向けて動き始めています。

2030年って、まだ先じゃないかって感じですが、たった8年後です。

オリンピックは4年に1回ですから、もう、8年前ぐらいから動き出しておかないとスケジュール的にキツイんでしょうね。

招致のためには、ある程度の都市開発も必要になりますし、当然、財政基盤や交通インフラ等も整備が必要ですから、相当でかいプロジェクトです。

で、アナタは賛成?反対?

ということで札幌オリパラについて、好き勝手に書いてみたいと思います。

1972年の札幌五輪

東京五輪でノスタルジーを感じたもんだから、今度は札幌五輪で日の丸飛行隊の勇姿を!なんて気合が入ったかどうかは知りませんが、長野含めて日本では通算で5度目の開催を目論むことになります。

  • 東京五輪2回
  • 札幌五輪1回
  • 長野五輪1回
  • ネクスト札幌五輪1回

前回は1972年2月ということで、なんと50年前!!

そりゃノスタルジーな気分にもなりますね。

ちなみに島における初の冬季オリンピック開催だったらしいです。

そう、日本って島ですけど、世界的には大した島っぷりでしょう(笑)

日の丸飛行隊

スキージャンプ70m級、現在でのノーマルヒルで、

  1. 笠谷幸生
  2. 金野昭次
  3. 青地清二

と、日本人が表彰台を独占したことが最大のハイライトです。

これがきっかけで日本のスキージャンプ陣は日の丸飛行隊と呼ばれたのでした。

今の時代背景からすると、少しダサ目なネーミングですけど、しっくりするのは気のせいでしょうか。

ジャネット・リン

銀盤の妖精、札幌の恋人と言われた女子フィギュアスケートの銅メダリストが、日本では爆発的に人気だったようです。

カルピスのCMにも登用されたことで、カルピスがめちゃくちゃ売れたとか、そうでないとか・・・。

虹と雪のバラード

1972年札幌五輪のテーマソングです。

スローバラードなので士気高揚には向かないですが、札幌的なイメージは確かにあります。

トワ・エ・モワ 虹と雪のバラード 歌詞&動画視聴 – 歌ネット

また新たなテーマソングが選ばれるでしょうが、締めは「マツケンサンバ2」でお願いしたいところです。

世界のド肝を抜いたっていいじゃない。

広告

こくみんの反応

Yahoo!ニュースのみんなの意見を、2022.3.17現在として参照してみると、

  • 反対 1万2,539票
  • 賛成 1,546票
  • わからない/どちらでもない 123票

と、約88%の方が圧倒的に気が進んでないことが数字に表れています。

2030年札幌冬季五輪・パラ招致に賛成?反対? – みんなの意見 – Yahoo!ニュース

ところが札幌市民への郵送調査では、

  • 「賛成」26%
  • 「どちらかといえば賛成」26%
  • 「反対」22%
  • 「どちらかといえば反対」17%
  • 「わからない」9%

というなんとも微妙な反応だった模様・・・。

インターネット調査、街頭調査も圧倒的な賛成多数というよりは、やりたけりゃやってもいいんじゃない的なニオイが漂っている印象です。

五輪招致 賛成派52% 札幌市民対象の郵送調査(北海道新聞) – Yahoo!ニュース

まだピンときてないのかもしれませんね。

まとめ

「札幌五輪開催の賛成派が多数!?2030年冬季オリパラ開催に向けて動き出す札幌市」というテーマで、民意などをチェックしてみました。

ちなみに2030年度末には北海道新幹線の札幌駅が開業予定です。

なんとガラス張りのホームとなるそうですが、札幌オリパラには間に合わない?

どうなるかわかりませんが、にわかに札幌が賑わかになっていく予感がします。

参考になったらシェアしてくださいね!