SEOで集客力を向上させたいときに必要なツールとは何か?選択に迷った時のツール導入ポイント

※広告

SEOで集客力を上げたいとするとき、どのようなツールを使えばよいのか、迷うところです。

さすがにツールを使えば集客力が向上するという、情報商材のようなセールス(だまし)トークを鵜呑みする人はいないと思いますが、検討すると沼にハマります。

SEOツールと言っても、種類はたくさんありますから、どういうシチュエーションで、何をやりたいのか、これを明確にしなければなりません。

というようなことは、SEOツールの選び方といったコンテンツでは、当たり前のように言われていますが、相変わらず具体性がありません。

そこで今回は、実際にツール選択に迷っているときのポイントについて、解説することにします。

SEO対策の実情

ウェブサイトの集客、中小企業はかなり苦戦しています。

SEOの求人、相変わらず多いですからね。

大企業は、かなりの予算と人員を投入してSEO対策をプロジェクトとして取り組めますが、中小企業だと事情が変わってきます。

体制的には誰かひとりが他の業務と兼任、もしくは完全に業者に丸投げというパターンが、圧倒的に多いです。

しかも予算は月に数万円レベルですから、提案だけしてもらって、後は自力でやるつもりが放置を繰り返すという悪循環も見受けられます、ヒアリングすると。

一番性質が悪かったのは、業務を依頼しておきながら、雑用を押し付けるだけというやつ。

しかも担当者はSEOに半可通で、頭の中に自分の正解があり、他の意見を全く聞き入れない。

なぜ、SEO対策の助言や実行支援を依頼してきたのか、意味が分かりません。

小さな会社のベテラン担当者に多いです。

中途半端に役職や権限がありながらも、孤立している様子が伺えました。

これはハズレ中のハズレクライアントで例外ですが、実情としては、困っているだけで手が打てない企業は多いです。

広告

ツールの種類と目的

ダラダラと細かくピックアップしても、余計に悩ませるだけなので、最低限、必要な種類(目的)として3つ挙げてみます。

  • キーワード調査
  • 競合分析
  • SEO対策支援

ひとつずつ、簡単に理由をお伝えします。

キーワード調査

ターゲットとなるユーザーがどのようなキーワードで検索しているのかを調査するために導入します。

  • 代表的なツール
    Googleキーワードプランナー、Ubersuggest、Moz Keyword Explorerなど
  • 選定ポイント
    検索ボリューム、競合性、関連性などを分析できる機能
    無料プランと有料プランの機能差
    使いやすさ、インターフェース

競合分析

競合となるウェブサイトとの差異を分析するために導入します。

  • 代表的なツール
    SimilarWeb、Ahrefs、SEMrushなど
  • 選定ポイント
    競合のキーワード、被リンク、トラフィックなどを分析できる機能
    自社の強みや弱みを把握できる機能
    無料プランと有料プランの機能差

SEO対策支援

サイトのSEO状況を分析し、改善点を提示する目的で導入します。

  • 代表的なツール
    Google Search Console、Yoast SEO、SEMrushなど
  • 選定ポイント
    オンページSEO、オフページSEO、技術的なSEOなど、多角的な分析機能
    問題点の解決策を提示する機能
    無料プランと有料プランの機能差

ツール導入ポイント

まず、前述したツールは、はっきり言って「ありきたり」で、拍子抜けしたかもしれません。

挙げているツールは海外製も多いです。

正直、使い勝手が良いとは言えないツールもありますから、国内の企業が開発した有料ツールを推します。

具体的には2社ほど、おすすめしたいツールはあります。

実際に、導入前に検討すべきことは、

  • 予算
    無料か有料か。有料の場合の予算は。
  • 機能
    必要な機能が揃っているか。
  • 使いやすさ
    確認できるデータの種類や視認性、操作性など作業の効率化を図れるか。
  • サポート
    メンテナンスの頻度、マニュアル、ヘルプデスクの体制など。

といったところは、最低限、チェックして欲しいものです。

あとは無料お試しで、そのツールを使い倒してみるのも一考に値します。

広告

まとめ

「SEOで集客力を向上させたいときに必要なツールとは何か?選択に迷った時のツール導入ポイント」というテーマで、SEOツールについて書きました。

順位チェックツールは?
外部リンクチェックは?

だから、それら単体で機能するツールを選択するのか、それも含まれている支援系を使うのか、そこを言ってるわけです。

ベストなのは、SEO対策を一貫して網羅する機能を持つ支援系をベースに、足りないデータを補足するために、単体機能のツールを持つこと。

今のところの個人的におすすめとして、リンクを貼っておきます。

参照

SEOツールならGyro-n|SEO分析結果を施策につなげる

GA4対応のサイト分析ツール | ANATOMY ( アナトミー) | 株式会社シンメトリック

関連記事

SEOの目的別にツールをチェック!これだけ使えば検索順位の改善は可能になる!

参考になったらシェアしてくださいね!