コロナワクチン接種後の副反応による頭痛や発熱に厚労省推奨の解熱鎮痛剤成分とは

コロナワクチン接種に際して気になるのは、副反応と言われる、

  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 発熱

などの症状ですよね。

初回よりも2回目が特に目立つということのようですが、どっちも何もなく終わりたいのが人情というもの。

副反応ありきのワクチン接種って、やはり不安が大きいと思うのです。

先日、厚生労働省は副反応時の解熱鎮痛剤成分を公表しましたので、いろいろと調べてみました。

厚生労働省が公表した解熱鎮痛剤成分

新型コロナワクチンについてのQ&Aという形で公表していました。

  • アセトアミノフェン
  • イブプロフェン(非ステロイド性抗炎症薬)
  • ロキソプロフェン(非ステロイド性抗炎症薬)

これらの成分が具体的に挙げられています。

参照:新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

広告

山中伸弥教授による解熱鎮痛剤への言及

山中伸弥教授も新型コロナウイルスに関する情報を発信しており、解熱鎮痛剤についても言及されています。

具体的な成分として挙げられていたのは、

  • アスピリン
  • ロキソプロフェン(非ステロイド性抗炎症薬)
  • イブプロフェン(非ステロイド性抗炎症薬)
  • アセトアミノフェン

以上の4つです。

さらには、アメリカ疾病対策センターが「NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)を含む解熱鎮痛剤を使用して良い」ということもにも触れています。

参照:ワクチン接種後の解熱鎮痛剤 | 山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

推奨成分配合の解熱鎮痛剤(市販品)

厚生労働省と山中教授の情報から、該当する市販品の解熱鎮痛剤について調べてみました。

こちらの比較表がわかりやすいと思います。

鎮痛剤比較表 | ファミリー薬局

参考になさってください。

処方薬となるとアセトアミノフェンはカロナール錠を言います。

個人的にも風邪などで何度かお世話になった薬ですが、よく効いた記憶があります。

アセトアミノフェン:カロナール | おおくすり110番

広告

まとめ

コロナワクチン接種がスタートしてから、やはり解熱鎮痛剤が売れているようです。

だからと言って「買い占め」や必要以上にまとめ買いするのは、ちょっと違うような気もします。

よくある、頼まれてないのに、

「誰それさんの分も!!」

という買い方に関しても「今痛みを取りたい人」のために控えた方が良いかと思います。

参考になったらシェアしてくださいね!