七味唐辛子の中身は何?メーカーによって違うって本当?掛けると美味しいもの紹介

七味唐辛子の中身って何が入っているかご存じですか?また、メーカーによって七味の中身が違うって本当?七味を掛けると美味しいものなどもご紹介します。

七味唐辛子の中身は何?

七味唐辛子の中身って、いったい何が入っているのでしょう?

七味というからには、7つのスパイスらしきものが入っているのは想像できます。そして名前と色から唐辛子が入っていることも。

でも、それ以外はいったい…?

実は、七味唐辛子といえど、製造元により入っているものが違うそうです。

えっ!それってメーカーにより七味の味が違うってこと?

そうなんです。

七味唐辛子には、唐辛子をベースに、

  • 山椒(さんしょう)
  • 麻の実(あさのみ)
  • 黒ごま(くろごま)
  • 白ごま(しろごま)
  • 陳皮(ちんぴ:ミカンの皮のこと)
  • 紫蘇(しそ)
  • けしの実(ケシの実)
  • 青のり(あおのり)
  • 生姜(しょうが)

などのどれか6つが加わり作られていることが多いようです。

では、さらに詳しく見ていきましょう。

広告

3大老舗七味ブランドの中身

七味唐辛子には3大老舗メーカーがあるのをご存じですか?

それがこちらの御三家です。

  • やげん堀(東京・浅草寺)
  • 七味家(京都・清水寺)
  • 八幡屋礒五郎(長野・善光寺)

この3つの七味の中身は、それぞれ入っているものが異なります。

やげん堀
唐辛子
焼唐辛子
山椒
麻の実
黒ごま
陳皮
けしの実

七味家
唐辛子
青紫蘇
山椒
麻の実
黒ごま
白ごま
青のり

八幡屋礒五郎
唐辛子
紫蘇
山椒
麻の実
黒ごま
陳皮
生姜

確かに、微妙に入っているものが違いますね。

ちなみに、必ず入っているものは、

  • 唐辛子
  • 山椒
  • 麻の実
  • 黒ごま

の4つ。

なので、これら4つが入っていれば、だいたい七味唐辛子っぽい味は醸し出せるということになるのかもしれません。

今後は中身から推測して、好みの七味唐辛子を選ぶようにしてみてください。

七味を掛けると美味しモノはコレ!

七味を掛けて食べるものといえば、うどん・そば、豚汁といったところが一般的でしょうか。

その他にも、焼き鳥や丼もの(牛丼、かつ丼、親子丼など)にも、七味唐辛子を掛けたりしますよね。

湯豆腐、肉じゃが、納豆、きんぴらごぼう、ラーメンに掛けるという人も、わりと多いようです。

あと、最近はおでんにうどんを入れて食べる食べ方も増えているようで、この場合は和からしよりも七味の方が合うとの声もあります。

実は私も、おでんの実の時は和からしをつけて食べ、うどん投入後は七味唐辛子を振って食べています。

美味しいので、ぜひ試してみてください。

広告

まとめ

七味唐辛子の中身がメーカーによって違うというのは、ちょっとした驚きでした。

だったら、八味、十味を作ってもいいじゃないか、と(笑)。

これまではこだわりもなく無意識に七味を買っていましたが、一度、三大老舗七味を全て取り寄せ、味比べをして自分好みの七味を選んでみたいと思います。

また、料理によって七味を使い分けるなど、七味マスター的な楽しみ方もあるなと想像し、ひとりニヤついています(笑)。

ぜひ皆さんも、マイベスト七味を見つけてみてくださいね。

参考になったらシェアしてくださいね!