みどりの券売機で新幹線チケットを発行する方法!ネット予約しての買い方

新幹線のチケットを取る方法としては、

  • みどりの窓口
  • みどりの券売機
  • ネット予約

この3通りに大きく別れます。

個人的にはネット予約後にみどりの券売機で発券という流れを重宝しています。

鉄道の利用が日常的ならば、発券せずにスマホアプリやICカードで改札を通過する人もいるでしょう。

今回は年に数回程度、新幹線を利用するライトユーザーのために、ネット予約からみどりの券売機での発券までを解説します。

現物のきっぷが手元に無いと不安な人はおすすめ(笑)

ネット予約の方法

新幹線チケットのネット予約には、

  • えきねっと(JR東日本)
  • スマートEX(JR東海)
  • エクスプレス予約(JR東海)
  • e5489(JR西日本)
  • JR九州ネット予約サービス(JR九州)

というサービスが、JR各社の公式として存在しています。

個人的によく利用するのが「e5489」です。

それぞれの予約サイトの特徴をサラッと紹介します。

えきねっと(JR東日本)

全ての新幹線の予約が可能です。

年会費は無料で割引サービスもあります。

予約はパソコン、スマホ、アプリの中から好きなデバイスで可能です。

支払い方法はクレジットカードのみですが、チケットは発券でも交通系ICカードを選択できます。

予約変更は1回のみで、2回目からは手数料を除いて払い戻され、新規に予約が必要になります。

スマートEX(JR東海)とエクスプレス予約(JR東海)

スマートEXのアップグレード版がエクスプレス予約というイメージです。

東海道新幹線と山陽新幹線が対象で、スマートEXは年会費無料ですが、エクスプレス予約は1,100円必要です。

それぞれの違いは、乗車方法にあります。

  • スマートEX:発券、交通系ICカード
  • エクスプレス予約:EX予約専用ICカード、交通系ICカード

エクスプレス予約では会員価格が摘要になるので、若干、有利になります。

双方とも支払い方法はクレジットカード、予約方法はパソコン、スマホ、アプリです。

予約の変更は手数料無料で何度でも可能という点は特筆ものです。

e5489(JR西日本)

東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線、北陸新幹線が対象のネット予約サービスです。

年会費は無料ですが、会員の種別が、

  • J-WESTネット会員
  • J-WESTカード会員

と2種類あります。

J-WESTカード会員のみ、予約変更は手数料無料で何度でもOKです。

支払いはクレジットカード、予約方法はパソコン、スマホ、アプリという点では他のサービスと変わりはありません。

ただし、予約日から3日以内、あるいは乗車4日前~2日前の予約は乗車日の2日前までの支払いに限って、駅、コンビニ、銀行等で現金払いが可能という、柔軟な対応があります。

乗車の際は発券または交通系ICカードになります。

JR九州ネット予約サービス(JR九州)

東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線を対象とした年会費無料の予約サービスです。

交通系ICカードでは乗車できないので、すべてチケットは発券しなければなりません。

またアプリも無いので、パソコンとスマホからの予約に限定されます。

支払いはクレジットカードですが、e5489と同様に現金払いが可能です。

少々、利便性としては、他のサービスに劣る印象ですが、九州内の移動ならば在来線の特急も含めて問題はありません。

広告

ネット予約からみどりの券売機で発券

交通系ICカード、交通系ICカードアプリでの乗車に慣れていない人は、パソコン、スマホ、アプリのいずれかより予約をして、みどりの券売機で発券するパターンが非常に簡単だと思います。

特に在来線と新幹線を乗り継ぐ場合、交通系ICカードが無ければ、スマートEXなどは不便かもしれません。

個人的な経験としては、交通系ICカードを持っていない時にスマートEXで予約したため、在来線ではきっぷを購入して乗車し、新幹線の乗り換えの改札で少しモタつきました。

まとめ

「みどりの券売機で新幹線チケットを発行する方法!ネット予約しての買い方」として、ネット予約の特徴なども解説しました。

チケットレスで乗車するには、交通系ICカードが必須です。

交通系ICカードの利用頻度が少ない場合は、ネット予約してみどりの券売機での発券が良いと思います。

広告

参考情報

e5489、スマートEX、エクスプレス予約はコチラから。

JRおでかけネット:トップページ

その他はこちら。

えきねっと(JR東日本)

きっぷの受取方法 | インターネット予約のご案内 | 駅・きっぷ・列車予約 | JR九州

参考になったらシェアしてくださいね!