新型コロナワクチン3回目接種後の副反応が想像以上に激しかった! 起こった反応と経過について【体験談】

新型コロナワクチンの3回目接種後の副反応が、想像以上に激いものでした。ワクチン接種後、どれくらいから副反応が出始め、どういった反応があったか、そしてどれくらい続いたのかなど、詳しくお伝えしたいと思います。ある1つの体験談として、参考になれば幸いです。

3回目のワクチン接種で起こった副反応【体験談】

先日、3回目の新型コロナワクチンの接種を受けてきました。

1回目、2回目は、注射された部位がしばらく腫れ、筋肉痛のような痛みが数日続くといった副反応はあったものの、じっとしている分には忘れてしまうような、さほど気になるほどの副反応ではありませんでした。

3回目も同じようなものだろうと思い、あまり気にすることなく受けたのですが、過去2回と比べてかなりきつい副反応が現れました。

どういった副反応かというと、まずは、注射した腕の腫れと痛みは過去2回と同様あり、それ以外に、

  • 頭痛
  • 発熱
  • わずかな喉の痛み
  • 激しい悪寒
  • 激しい倦怠感
  • 腰を中心とした各関節の痛み
  • 脇のリンパの腫れと痛み

一言で表現するのは難しいのですが、ひどいインフルエンザにかかった上に、一気に老人にになって体力がなくなったような感じとでもいうのでしょうか。

ちなみに私は50代前半の男性で、特に持病もなく、普段はジョギングをしたり先週も山に登るなど、わりと健康的な方かと思います。

仕事はもちろん、何かをやる気などにはなれない状態で、副反応が出てほぼ丸一日の間は、横になって過ごしました。

ただ、食欲だけは通常通りあり、ご飯は普通に食べることができました。

広告

接種から副反応までの時間

接種後、病院で待機している間は特に何も変化はありませんでした。

しかし、病院から帰宅途中に、一度だけ一瞬めまいがして足元がふらつきました。

「あれっ」と思ったのですが、気を引き締めて家に帰ろうと思い、病院から電車と徒歩とで20分程度の距離を帰りました。

その後の帰宅途中では、再びめまいが起こることはなく、たまたまかなと思い気にしないことにしました。

3回目の接種を受けたのは午前中で、朝の10時前でした。

その後帰宅してからは、いつも通り仕事をして、夕食を食べ終わる頃までは特に何の変化もありませんでした。

しかし、夜の10時ころ、つまり接種後12時間が経過したあたりから、少し寒気がし始めてきました。

加えて倦怠感と僅かながら頭痛も出始めたので、「今回は副反応が出たかな?」と思い、早めに布団に入ることにしました。

いつもなら、1時過ぎころに寝るのですが、その日は11時前に布団に入りました。

すると、それと同時くらいに猛烈な悪寒が襲い始め、寒くて体が震え、普段使っている布団の上に、もう使わなくなった毛布をかけました。それでも寒さが止まらないので布団を頭まで被りました。

歯はガチガチと震えて歯の根も合わず、寒くて心臓がドキドキして、呼吸もままならない感じとなり、ちょっとパニックに陥りそうなほどです。

ここは冷静にならなくてはと思い、腹式呼吸(ヨガでやるような)を意識して呼吸と心を落ち着けたほどです。

そうするうちに、なんとか眠りについたのですが、今度は体がとても熱くて目を覚ましました。額や首筋に手をてると、明らかに発熱しているのがわかります。

脱水症状を避けるためと体温を計るために布団から出て時計を見ると、夜中の2時頃でした。

体温は38度、普段は36度に満たない平熱なので、38度でも結構しんどいです。

グラスいっぱいの水を飲んで、再び眠ることにしました。

とにかく眠ることにに集中しよう。そう思いながら。

副反応がでてから収まるまでの経緯

次の日は10時ころまで寝ていました。途中何度か目は覚めましたが、体が怠いので無理はしないようにと思って寝ていました。

しかし、多量の汗をかいたせいで寝間着が濡れて冷たくなり、そのまま寝続けるには不快なために着替えようと思い起きました。

夜中に比べると、熱は下がっている感じがしたので、着替えた後に検温をしたら、37度まで下がっていました。

悪寒もなくなりましたが、倦怠感と頭痛はあり、また脇のリンパ部分の痛みが気になるようになりました。

その日は、仕事もほとんどせず、ほぼ布団の中でうとうととしながら過ごしました。夜になるとだいぶ倦怠感はだいぶ治まりましたが、微熱はまだあり、頭痛と脇のリンパの痛みは続き、その日も結局11時くらいには就寝しました。

3回目の接種を受けて3日目は、もうほぼ通常通りに戻っていました。

熱も下がり、倦怠感もありません。ただ少し頭痛がするのと、脇の痛みは続いています。

そして4日目が、この記事を執筆している今なのですが、脇の痛みは今も少しあります。接種した腕の痛みも触るとありまだ少し腫れています。

それ以外はほぼ通常通りとなりましたが、まだジョギングするほどには回復していないかなといった感じです。

広告

3回受けたワクチンのメーカーについて

今回3回目のワクチンを受けたわけですが、これまで受けた3回のワクチンはいずれもファイザー製でした。

モデルナ製は副反応が大きいと聞いていたので、ファイザーのワクチン接種を受けれる病院を指定して受けたのですが、想像とは異なり副反応が起きました。

ちなみに、妻も別日に3回目のワクチンを接種し、1回目と2回目はファイザー、3回目はモデルナでしたが、私とよく似た副反応を起こしました。

ただ悪寒に関しては、私の方がひどいくらいでした。

そう考えると、3回目は副反応が起きいやすいのかと思い、3回目接種を済ませた友人などにも問い合わせてみたところ、以外にもそうでもなかったという答えもあったので、一概にはなんとも言えません。

ただ調べたところ、3回目の接種後には、「接種した側の脇の下のリンパに、腫れや腫脹が1回目・2回めと比べ多く認められる」とありました。

なので、脇の痛みは私以外にも多くの方いもみられる、3回目接種ならではの副反応のようです。

そして、倦怠感、頭痛、筋肉痛は、ほぼ高頻度で起こるようです。

私の場合は、筋肉痛というよりも、関節痛のほうが気になって、あまり筋肉痛は感じませんでしたが。

4回目を打つとしたら

今回のように副反応が大きいと、正直なところ4回目の接種を戸惑ってしまいますね。

それと、我が家ではまだ誰もコロナに感染してはいないのですが(子供の学校などでは、それなりに感染者が出ている)、それがワクチン接種の効果なのか、それとも普段の感染対策の効果なのか、はたまたたまたま感染していないだけなのか、よく分かりません。

これが明らかに、ワクチン接種のおかげで感染せずに済んでいるというのであれば、副反応が多少出ようとも4回目の接種もするつもりになるのですが。

それと気になるのが、接種を受けた若年世代の副反応です。日常生活を脅かすほどの後遺症が残ってしまっているケースが出ていると聞きます。

あまりニュース等では取り上げられていないようですが、これらの安全について、もっと明確な情報を開示してほしいと思います。

特に今回のように自分でもわりとひどい副反応を経験したあとでは、これを体の小さい子供が受けた場合、反応もより大きいのではないかと考えてしまうからです。

こういったことに対する検証結果や、データなども包み隠さず公表してもらえると、そういったリスクも含めて受けようかどうか考えることもできるのですが、そこがブラックボックスだと受けるべきものも受れけないと、逆に不安を募う原因となる気がします。

まとめ

しばらくインフルエンザにもかかっていなかったので、今回のコロナワクチン接種による副反応は結構しんどかったです。

たったあれだけの異物を体に入れただけで、こんなにも体は反応するものなのかということにも驚きです。

副反応が大きいということは、抗体価が高いとも言われているようですが、それがどれほどの信憑性があるのかを考えると、素直に喜べないのが正直なところです。

早くコロナが収束してくれれば、ただそれだけを祈るばかりです。

参考になったらシェアしてくださいね!