SIMロック解除と解約の違い・タイミングについて SIMロック解除のメリット・デメリットなど

格安SIMに乗り換えるには、SIMロックを解除する必要があります。その際に、SIMロックを解除したら解約されてしまったり、今まで使えた機能が使えなくなったり、といった不安が生じるかもしれません。そんなSIMロック解除と解約の違いや、それぞれのベストなタイミングについて説明します。また、SIMロック解除のメリット・デメリットや、SIMロック解除の方法についてもお伝えします。

SIMロック解除と解約の違い

SIMロックは解除をしても、解約されたり、今まで使えた機能が使えなくなることはありません。SIMロック解除をしても、今まで通り普通にスマホを使うことが可能です。

キャリア独自の機能が使えなくなるのは、SIMカードを入れ替えたタイミングです。

例えば、docomoで購入したスマホを持っていてSIMロック解除をした場合、他のキャリアのSIMカードに入れ替えるとdocomo独自の機能が使えなくなります。

ですが、docomoを解約していない限り、docomoのSIMカードに戻せば、再びdocomo独自の機能は使えます。

SIMロックを解除しても、SIMカードを入れ替えなければ、キャリア独自の機能は引き続き使うことができます。

広告

SIMロック解除とは

そもそもSIM(Subscriber Identity Mobule)とは何かというと、携帯電話の加入者と携帯電話会社との契約情報が記録された小さなICカードのことで、一般的にSIMカードと呼びます。

SIMカードをスマホに挿入することで、契約した携帯電話会社の回線を使って通話やデータ通信が可能になります。

SIMロックとは、大手通信キャリアにより自社で購入した端末が別のキャリアのSIMカードを挿しても使えないようにロックを掛けた機能のことです。

そのため、SIMロックがかかっている端末では、他社のSIMカードを差し込んでも利用することができません。

SIMロック解除とは、スマホの端末にかけられたSIMロックを解除し、他社のSIMカードでも使えるようにすることです。2015年5月1日以降に発売されたスマホに関しては、全てSIMロック解除が可能となっています。

SIMロックを解除したスマホのことをSIMフリーと呼びます。SIMフリーのスマホは、格安SIMや海外SIMといった他社のSIMカードを自由に利用することができます。

SIMロック解除のメリット

SIMロックを解除すると、以下のようなメリットがあります。

格安SIMを利用できる

SIMロックを解除すれば、MVMO(仮想移動体通信事業者)が提供する、格安SIMを自由に使用することができます。

格安SIMは大手キャリアより通信容量の多いプランを契約しても、利用料金が安くなることが大半です。そのため、毎月のスマホ利用料金を大幅に節約することができます。

海外SIMも利用できる

海外に行く場合は、SIMロックを解除しておくと便利です。

SIMフリー端末は、海外のSIMも自由に利用することができるので、渡航先の環境に合わせたSIMを使用することができます。

海外SIMは使い過ぎることがないプリペイド式が主流で、空港内の携帯ショップなどで販売されています。

広告

SIMロック解除のデメリット

SIMロックを解除のデメリットは特にありません。

SIMロックを解除しても、今まで通り普通にスマホが使えます。

ただし、SIMロックをショップ店頭で行った場合、解除手数料(税込み3,300円)を取られます。

SIMロック解除と解約のタイミング

SIMロック解除のタイミングは、いつでも問題ありません。「SIMロックを解除したら、〇日までに他社に乗り換えなければならない」というような、有効期限もありません。

ただし、3大キャリアでは「My docomo」「My au」「My SoftBank」を利用することで、無料でSIMロックを解除できます。なので、契約中にSIMロック解除をする方がお得です。

解約後にSIMロックを解除すると、ショップでの手続きが必要となり、有償(税込3,300円)となります。

解約のタイミングは、月末の方がお得です。解約するキャリアの月額料金は、いつ解約してもまるまる1ヶ月分の料金が課せられます。

なので、例えば10月1日に解約したとしても、まるまる1ヶ月分の料金が請求されますので気をつけてください。

乗り換えた格安スマホ会社の利用料金は、使った日数分しか請求されません。なので、自分の好きなタイミングで利用開始できます。

まとめると、今まで利用していたキャリアは月末に解約し、新たに格安スマホに乗り換えるのが、最もお得な移行方法です。

SIMロックの解除方法

SIMロックを解除する方法は、大きく分けて2通りの方法があります。

ショップ店頭で手続きする

現在使用しているキャリアのショップに端末を持ち込み、SIMロックを解除してもらいます。

プロのスタッフに任せるので、安全で確実な方法ですが、3,300円(税込)の手数料が発生します。

また、契約者の本人確認がおこなわれるので、運転免許証・パスポート・健康保険証などの本人確認書類を持参する必要があります。

ウェブサイトで手続きする

現在使用しているキャリアのウェブサイトにアクセスして手続きすれば、店頭での手続きとは異なり手数料は発生しません。

どのキャリアでもウェブサイトで解除の手順を解説しているので、それに沿って行えば問題なく手続きを完了できるでしょう。

ただし、契約を解約する前にSIMロックを解除しなければ、有料となりますので注意してください。

まとめ

SIMロック解除をしても、契約面や料金面でデメリットが生じることはなく、今まで通りスマホを使い続けることができます。

ただし、SIMロックを解除するなら、現在のキャリアを解約する前のほうが、無料で解除できる方法もあるのでおすすめです。

SIMロック解除は基本的には即日解除が可能ですが、受付時間によっては翌日になる場合もあります。

格安SIMや海外SIMを利用することが決まっているのなら、早めに手続きをしておくことをおすすめします。

参考になったらシェアしてくださいね!