シングルマザーでも新築マイホームの購入は可能!母子家庭は住宅ローンが組めないは噂だけ!

マイホームが欲しいのは子どもの居るファミリーだけではありません。

シングルマザーやシングルファザーだって購入する権利はありますが、特に母子家庭においては「買えない」と思い込んでいることもあるのではないでしょうか。

  • きっと住宅ローンが組めない
  • 返済し続けるにはリスクが大きすぎる
  • 母子家庭にマイホームは無理
  • 贅沢すぎる

そのような声はシングルマザーに対して多く聞かれますが、果たして実情はどうなのでしょうか。

今回は、主にシングルマザーのマイホーム購入について、調べたことをシェアしたいと思います。

母子家庭の平均年収

平成27年の年間収入データからすると、母子家庭の平均年収は243万円です。

ここで言う平均年収とは、生活保護法に基づく給付、児童扶養手当等の社会保障給付金、就労収入、別れた配偶者からの養育費、親からの仕送り、家賃・地代などを加えた全ての収入の額を言います。

ちなみに、就業体系や職業を軸とした平均年間就労収入は、

  • 正規の職員・従業員:305万円
  • 専門的・技術的職業:300万円

というデータも出ていますので、やはり医療従事者や教職員であれば、ある程度の収入が確保できており、マイホーム購入のチャンスは高いと言えそうです。

広告

年収負担率から逆算して予算を組む

前述したように、母子家庭の平均年収を243万円とするならば、どれほどのマイホームが購入可能かを試算してみることにします。

返済可能な金額範囲を示すには「返済負担率」があり、これは年収に対する住宅ローン返済の割合のことです。

一般的に銀行では20%~30%を目安にしており、仮に、毎月5万円を返済に充てたいと考えるならば、

  • 毎月:5万円
  • 年間:60万円
  • 必要年収:200万円(60万円÷30%)

となり、年収200万円が必要ということになります。

243万円だとすると十分に返済の目途は立てられるわけです。

一方で、年収の7倍が借入金額の目安となる考え方もあり、243万円ならば1,700万円という明確な数字が出るので、検討する際は参考にしてください。

2,000万円以下を狙う

狙い目は2,000万円以下の販売価格ですね。

今では格安でマイホームを販売している業者はたくさんあり、母子家庭だからといって住宅ローンが借りられないということはありません。

あくまでも返済能力の問題でもあるので、実際に不動産業者、ハウスメーカー、銀行に情報収集がてら、かけあってみても良いのではないでしょうか。

新築にこだわらない、一戸建てでなくてもよいというのなら、中古の一戸建てやマンションも視野に入れると、より選択肢は広がります。

広告

シングルマザーの実情

シングルマザーに対する世間の声は、おおむね、

  • 経済的に厳しそう
  • 子どもとのコミュニケーションが不足しそう
  • 親の仕事は水商売しかない
  • しけつは適当じゃない?
  • 何と言っても子どもがかわいそう

といった実に無責任で、しかもネガティブな傾向の印象です。

確かに経済的には厳しい片親世帯も多いでしょうが、個人的に知っている範囲では、問題の無い世帯もあります。

むしろ筆者よりたくましいシングルマザーが多いかもしれません。

お子さんも素直で勤勉な傾向で、片親をハンディだと感じていない様子すら垣間見えます。

もちろん心の中までは読み取れないので本音はわかりませんが、シングルマザーだからという理由で、何かしらの線引きをする必要はないほどです。

シングルマザーの職業

これも個人的な範囲での印象ですが、特に母子家庭においては母親の職業次第で、経済事情が違うように思います。

裕福とは言えないまでも、経済的に困っていないシングルマザーの職業は、

  • 看護師など医療従事者
  • ある程度キャリアのある正社員
  • 自営業または経営者

が挙げられます。

しかし飲食店のパートやアルバイトの掛け持ち、夜の仕事、介護系の仕事、製造業や一般事務といった分野では、少し苦労が見える感じです。

平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果において、母子世帯の母の就業状況を見てみると、

  • 正規の職員・従業員:44.2%
  • パート・アルバイト等:43.8 %

となっており、仕事内容においては、

  • 事務:23.5%
  • サービス職業:22.3%
  • 専門的・技術的職業:20.4%

となっています。

マイホーム購入が可能な条件が、何となく見えてきた感じではありますね。

まとめ

「シングルマザーでも新築マイホームの購入は可能!母子家庭は住宅ローンが組めないは噂だけ!」というテーマで、母子家庭のマイホーム購入の可能性について書きました。

データ上では、15%の母子家庭が待ち家です。

その全てが離婚の引き換えで、自宅を自分名義にしているとは言い切れないことから、新築したケースも少なくないでしょう。

自治体によっては新築の補助金制度もあるため、一度、調べてみることをおすすめします。

参照

全国ひとり親世帯等調査(旧:全国母子世帯等調査)|厚生労働省

参考になったらシェアしてくださいね!