78歳からのスマホ生活 実家の母がガラケーからスマホに機種変 選んだ機種や加入したプラン

実家の母がガラケーからスマホに機種変し、78歳にしてスマホ生活をはじめました。この機会を逃したら、多分スマホはもう使いこなせないだろうと思い、思い切ってスマホにしたのですが、普段は遠く離れて一人で暮らす母。周りにスマホの使い方を教える人がいません。大丈夫なのだろうか…。そんな母が選んだスマホの機種や加入したプランなどについてお伝えします。

78歳、スマホデビュー

2年ぶりに帰省したときにやったことのひとつに、母親のガラケーをスマホに変更しました。

これまでずっとガラケーで、いつしかスマホから送られてくる大きいデータの画像や動画を見ることもできず、もっぱらショートメールでやり取りしていました。

離れて一人で暮らしているだけに、できれば顔が見たいし、更に言えば動いている姿を確認したいところです。

ということで、まだなんとか使いこなせるのではないかということで、思い切ってスマホにチェンジすることにしました。

本人は一度親戚のスマホで体験したラインでの動画を使った電話がやりたいらしい(笑)。

広告

ただし、問題がないわけではない

母親が現在使用しているキャリアはau。

格安スマホも考えたのですが、田舎なのでショップも近くにないし、何よりサポートが期待できません

電波環境の良いdocomoに乗り換えることも考えましたが、銀行の講座とかの手続きを変更するのが面倒なのでauのままがいいと本人が言うので、引き続きauを使うことに。

ただ、スマホはガラケーと違って、いうなれば小さなパソコンです。いろいろなことができる反面、昨今流行りの詐欺とかに引っかかったら怖いというのもあるらしく、ワクワク反面、怖いの反面。

そして何より操作方法がこれまでのガラケーと全く違うわけなので、使いこなせるかどうか。

だって周りには誰も教えてくれる人がいないわけですから。

ちなみに、母の家にはネット回線は惹かれておらず、PCも当然ありません。

大丈夫かな…。

選んだ機種

なにはともあれ、なるべくわかりやすい機種をということで、選んだスマホはBASIO4という機種です。

いわゆる簡単スマホですね。とは言え、最新機種なので、私のスマホより全然性能がいい(笑)。

初期の簡単スマホはいかにもなデザインでしたが、BASIO4はデザインも悪くないです。

ガラケーに慣れている人が使いやすいように、スマホなのに一番下に電話とホームとメールのボタンが付いているのは便利ですね。

ホーム画面にはよく使う機能を並べておくことができます。

使っていてわからなくなったら、とりあえずホームボタンを押す。それだけ覚えておいてもらえれば(笑)。

広告

auでやったこと

auで機種変をしに行った日、機種も決めてプランなどの説明も受けて、手続きを進めていたのですが、身分証明書を持ち合わせておらず、結局翌日再び出向くことになりました。

機種変には身分証明書がいるんですね。年寄りなので免許を持っておらず、健康保険証を提示しました。

購入したのはBASIO4のワインレッド。結局本皮のグリーンのケースと充電器も購入。ガラスのフィルムも購入し貼ってもらいました。

割引やポイントでの値引きもありましたが、なんだかんだで3万円弱かかりました。

そして、auスマートサポートにも加入して、使い方がわからなかったらいつでも聞けるようにしました。

ガラケーに入っていたアドレス帳は、全部スマホの方に移してもらいました。

画面の一番下によく掛ける人の電話を設定できるのですが、それも設定してもらいました。

それから、念願のLINEアカウントを作ってもらい、ホーム画面にLINEのアイコンを設置もしてもらいました。

まとめ

帰省している期間に少しでも覚えてもらおうと、孫(私の娘)が一生懸命使い方を教えていました。

まずは、基本の電話を掛ける、掛かってきた電話を受ける、そして電話を切る。

次に、メールの使い方、カメラの使い方。そしてLINEの使い方も。早速何人かとつながっていました。

一応、自分のスマホとLINE動画で電話もしてみました。

実家にいる間になるべく教えたつもりですが、さすがに全部は覚えきれていないでしょう。

でも、帰りの新幹線に乗っている最中に、母親からLINEが来ました。まぁ、ぼちぼち覚えてもらえれば。

参考になったらシェアしてくださいね!