移動式エアコンは家庭用クーラーとしておすすめできる?排気が必要なタイプはNGです

日本の夏、風鈴や浴衣で過ごすってことは、もはや一部のエリアつまり避暑地だけの特典とも言えるぐらい、困難になりましたね。

避暑地もそんなに涼しくないかもしれません。

さらに家庭では、もはや扇風機は下手すると役に立たない道具になり果てかねません。

エアコン、サーキュレーター全盛と言っても良いでしょう。

もはや扇風機を買うぐらいなら家庭用スポットクーラーを選択すべきです。

ということで今回は、家庭用スポットクーラーや移動式エアコンについてチェックしてみたいと思います。

扇風機はオワコンか

ぶっちゃけて扇風機は冷風機能が備わっていないと、オワコンに向かうと思っています。

売れているのはダイソンだけではないでしょうか。

ダイソンの扇風機は空気を浄化するという付加価値があるから人気です。

もう昔ながらのプロペラ式扇風機は厳しいですね。

個人的にも扇風機は全く使わなくなったので粗大ごみとして処分する予定です。

扇風機に変わるアイテムとして家庭用スポットクーラーか移動式エアコンを導入します。

広告

家庭用スポットクーラー

スポットクーラーは業務用なら見たことありますし、実際に冷風を体験したことはありますが、工場の状況次第では冷却能力に限界があります。

家庭用スポットクーラーは、タンクに水を入れて気化熱を利用して冷風を出しますが、正直なところ物足りない感じです。

水を足す作業が発生しますので、睡眠時での使用は向かないです。

日中に自宅で何か作業するという場合は、足元に置いておくと快適ではありますが、部屋全体をカバーすることは不可能です。

ゆえに部屋全体を冷やすエアコンとの同時利用、もしくはサーキュレーター変わりにエアコンの冷風が届きにくい場所で使うのが良いのではないでしょうか。

例えば、キッチンなんて料理をするとすぐに熱がこもりますから、足元だけでも涼しくするような使い方です。

移動式エアコン

移動式エアコンは、室外機と一体化したポータブルタイプのエアコンです。

キャスターが付いているので移動させやすくなっています。

冷却能力は・・・これも正直、微妙でした。

デメリットは室外機と一体かなので音がうるさいのです。

それと温風を排出するので、ダクトを通して温風を室外に出さねばなりません。

つまり窓を半開きにしておくことになるんです。

ただ、それでは冷房の意味がないですから、窓用の排気ダクトアタッチメントが付属していたりするのですが、これが窓に合わない(汗)

しかも密閉性も微妙です。

排気ダクトのアタッチメントを取り付けている窓は施錠ができませんので、セキュリティに不安が残ります。

かと言って、アタッチメントは使用する度に取り付けるようなものではないので、1シーズンで処分しました。

どの販売ページでも排気ダクトのことは大きく触れていないのは、最大のネックとなるからです。

正直、おすすめしません。

広告

まとめ

移動式エアコンを買うなら、家庭用スポットクーラーの方がおすすめです。

手ごろな価格、手ごろな大きさ、排気ダクトも不要という点が理由です。

冷却の能力は微妙ではありますが、扇風機よりは涼しく感じます。

というより、壁付けの通常エアコンが一番いいですよ。

長く使えますし冷却能力の抜群で、コスパを考えると最もベストな選択と言えます。

エアコンクリーニングを毎年やれば、より効果は上がりますからね。

参考:【楽天市場】スポットクーラー 家庭用の通販

参考になったらシェアしてくださいね!