ここ最近人気ないステーションワゴンは実用性とコスパは抜群!超お買い得な中古車はどれ?

最近、SUVやミニバンに押され人気のないステーションワゴン。実用性やコスパは抜群なのに、これを見逃すのはもったいないです。ミニバンのメリットや狙い目の理由、今だからこそ超お買い得で手に入るおすすめのステーションワゴン中古車などもご紹介します。

人気のないステーションワゴン

一時はスバルのレガシーやメルセデスのワゴン、フォルクスワーゲンのゴルフワゴンなど、人気のあったステーションワゴンですが、最近はもっぱらSUVやミニバンブームでまるで人気がないそうです。

都会の舗装路しか走らないのに大きな四駆のSUVに乗ったり、高速道路では安定感の悪いミニバンなんかより、よっぽどステーションワゴンの方が使い勝手も乗り心地も良いのですが、ステーションワゴンはなんだかおじさんぽいとか商用車というイメージらしく、あまり人気がないのだそうです。

海外の映画(特にアメリカ)を見ていると、理想的なファミリーには旦那さん用のかっこいい車と奥様用のステーションワゴンの2台持ちなんかをよく見かけます。

この2台持ち体制なら、1台はオープンカーで思いっきり趣味車を楽しんで、もう一台は家族みんなが乗れて、しかもバケーションには長距離の旅行やキャンプにも行けるステーションワゴンという取り合わせ、アリだと思うんですけどね。

やっぱりみんな、流行に左右されちゃうのかなぁ。

広告

ワゴンの新車ラインナップはもはや風前の灯

売れない車は作らない。そんな流れからか、メーカーが作る車のカタログからも、どんどんステーションワゴンは減っているようです。

トヨタの作るステーションワゴンは、もはやカローラツーリングとプリウスαのみだし、スバルはレヴォーグ、マツダはマツダ6のみ、そしてホンダもシャトルの生産終了が決定し、残るはジェイドのみといった寂しい状況です。

実はアメリカでもステーションワゴン離れが起きており、もっぱらSUVとミニバンに人気が集中しているそうです。

ところがヨーロッパだけは、未だにステーションワゴンの需要が高いのだとか。その秘密は、ヨーロッパの高速道路の制限速度が、日本やアメリカよりも高いことにあります。

速度を上げて走ると、車高の高いSUVやミニバンは風に煽られ直進安定性が落ちてしまい、とても運転しづらいうえに同乗者の乗り心地も悪くなるからです。

ヨーロッパは車で1000キロ以上の旅など、誰もが軽々とこなします。それは、高速道路の制限速度が高いからできることでもあります。ゆえのステーションワゴンのニーズが残っている理由なのです。

ステーションワゴンのメリット

では、ここでステーションワゴンのメリットについて見てみましょう。

メリットとしては、

  • セダン同様の乗り心地の良さ
  • 荷物がたくさん詰めるので長距離旅行も快適
  • 高速走行時に安定している
  • ワインディングロードでも安定した走り
  • 立体駐車場もOK
  • SUVよりは燃費がいい?

など。

逆にデメリットって考えると、特にないんですよね。

きっと皆さん、SUVやミニバンブームに騙されているんだって!(笑)

広告

だからこそのステーションワゴンが狙い目

そんな不人気となったステーションワゴンですが、かつてはサニーカリフォルニアとかスバルのレガシーに代表されるように、日本でもステーションワゴンブームというのがありました。

実際みんなで旅行にでかけたり、荷物を沢山積んでアウトドアに出掛けたりする上では重宝するステーションワゴンです。

高速道路のみならず、山中のワインディングロードでも、しっかりとした走りをしてくれます。

しかし現在は不人気のステーションワゴン。これを逆の視点から考えると、だからこそ今は、良質なステーションワゴンの中古車が割安で買えるチャンスでもあるのです。

ということで、今こそお得なステーションワゴンを探してみましょう。

コスパ最高なステーションワゴン

今だと狙い目のステーションワゴンを探してみました。

ちなみに探した条件は、10年以内の販売車両で、走行距離5万キロ以下、事故歴なし、排気量2000以下というものです。

その結果、お買い得なステーションワゴンは次のような車種となります。

  • トヨタ カローラフィールダー
  • 日産 ウイングロード
  • ホンダ フィットシャトル
  • 三菱 コルトプラス
  • フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン パサートヴァリアント
  • プジョー 207SW
    プジョー 308SW
  • ボルボ V50

これらのステーションワゴンが、なんと!50万円以下で販売されています。

国産車のみならずフォルクスワーゲン、プジョー、ボルボといった外国車まで、この価格で購入できるのです。

プジョー308に関しては7名乗車なので、ミニバンとしても使えますね。

外車は国産車と比べ、多少年式が古くなっても、デザイン的に古臭さが感じづらく、また高級感があるので特におすすめですよ。

まとめ

そんなわけで、日常の足にはステーションワゴン、最高ですよ!といいたいところなのですが、日本には軽自動車というとても勝れた乗り物があることを忘れていました。

今の軽自動車は乗車人数こそ4名に限られますが、荷物もたくさん詰めるし、燃費は良いし、税金は安いしで、日本にいる限り2台持ちの家庭で奥様の車をチョイスするなら、やはり軽自動車ですよね(笑)。アメリカでは軽自動車は売ってないんだった。

日本は道も狭いし、軽自動車などんな細い道もスイスイ入っていけるから便利です。

足車として普通車を選ぶ際にも、フィットやヤリスやノートなど、よく出来た小型車もあります。リタイアして夫婦二人になったら、こういうコンパクトカーでも十分ですしね。

子供のいるファミリーはミニバンや人気のSUVを選ぶだろうから、やっぱりステーションワゴンって、今の日本では中途半端な存在なんですかね…。

いやいや、乗りましょうよステーションワゴン。気分はヨーロッパということで!意外とイケてるって!

参考になったらシェアしてくださいね!