肩こりがツライ!そんな時には整体・整骨院・ヨガ・マッサージ・サロンパスのどれ?

最近は肩こりが少なくなりましたが、その原因として思い当たるフシがありました。

それは骨盤のズレを取ったことだと考えています。

同時に腰回りの固まった筋肉をほぐしてもらったので、素人考えでも、それきっかけとしか言えないのです。

肩こりが無くなると首のこりも無くなり、さらには腰痛も無くなって、まさに一石三鳥となりました。

あくまでも個人の体験ですので、話し半分でも構わないのですが、それ以前は整体などにお世話になっていました。

そこで今回は肩こりについて、素人が体験した解消法などを紹介したい思います。

肩こりの種類と対応策

血の巡りが悪化し、肩がじわりと重い、上がらないという悩みを持つ方は少なくありません。

肩こりがひどい時の苦しさは人それぞれ。

筆者の場合は最悪のケースだと頭痛が発生することで、一旦そうなるとそう直ぐには改善せず、ただ耐えるのみ・・・。

肩のこりに効果的な手法をいろいろとチェックしてみましたが、即効性のあるものはなかなか無いものです。

ただし感覚的に患部がずっしりした感じを受ける場合は、シャワーなどで温めることで血の巡りをよくすると、改善されることが多くありました。

個人的に合わなかったのは保温用シートであったり、蒸したタオルを患部に当て、じわじわ血流改善を促す局地的な方法です。

一方で座り仕事が多いことが要因で肩凝りを起こしてしまっている場合もあります。

姿勢を改善するのは肩凝りの解消を図る上で重要ですが、これ、自分では正しい姿勢と思っているだけで、整体師さんにチェックしてもらうと意外と片方に重心が寄っていたりします。

ゆえに第三者の目でチェックしてもらうのがおすすめです。

広告

肩こりの具体的症状

肩こりは身体的にもツライものがあるのですが、

  • 集中力の欠如
  • 腕への副反応

などもあります。

症状も人それぞれですが、個人的にも、

  • ずしっと重い
  • 焼ける様な疼痛

とまちまちであってことも。

ただラッキーだったのは、気持ち的な部分でイライラなどが無かったことです。

肩こりと運動不足

肩コリ撃退系の記事では、必ずと言ってよいほど「運動」というキーワードが出てきます。

運動量が少ないことで血行の不良を起こし肩凝りに悩むというパターンです。

日常的にトレーニングと無縁な人ほど、やはり肩こりが多くなるようですが、ちょっとした屈伸などのトレーニングを習慣化することでも改善が期待されるとの主旨は多いですね。

特に肩周辺の筋細胞を屈伸させるストレッチングが有効で、YouTubeなどで手法が公開されていますので、調べればすぐに実行できます。

わずか2.3分間でも良いとは言いますが、運動習慣のない人は、その2.3分さえもやりたくないわけで(汗)

ゆえに電器マッサージ器などが売れるんですよね。

広告

肩こりがハードなとき

苦しい肩のこりに、どうしようもなく耐えているだけという人は沢山いる様です。

単調な姿勢が長く続くような暮らし、例えば、長時間のスマホやゲームなどが昨今では当てはまるため、肩こりの低年齢化も見受けられます。

現に小学生が肩こりで欠席するという事例も聞いたことがあります。

肩こりを効果的に解消するノウハウが確率されれば、ノーベル賞ものと言えるでしょうが、いまだに出来ないということは、人間の身体はやはり未知なものなのかも。

ハード過ぎる肩こりはもはや自力ではどうしようもなく、

  • 整体
  • 整骨院
  • あんま・はり・きゅう

などを頼るしかないのかもしれません。

専門的な知見を持つプロに相談をして、自身の体に効果的な対処法を見つけたいところです。

まとめ

「肩こりがツライ!そんな時には整体・整骨院・ヨガ・マッサージ・サロンパスのどれ?」というテーマで、肩こりについて個人的な経験などを踏まえて書きました。

これまで整体とサロンパスが主流でしたが、最も効果的だったのは整体で、半年ほど施術を受けて、姿勢の正し方や筋肉の緊張のクセをほぐしてもらったことです。

それ以来、肩こりは気にならなくなったので、ラッキーでした。

参考になったらシェアしてくださいね!