しゃちほこトピックス > 趣味娯楽 > エグい描写のサバイバルホラーゲーム3選!海外版のソロプレイは恐怖感との勝負

エグい描写のサバイバルホラーゲーム3選!海外版のソロプレイは恐怖感との勝負

オンラインゲームは自分でプレイするよりは、慣れた人のプレイをYouTubeで視聴する方が好きです。

実況ではなく、無言で黙々と進めるタイプの動画に惹かれます。

ゲーム実況は、トークしながらのプレイで器用だなと関心してしまい、内容が入ってきません(汗)

ジャンルもFPS系ではなくRPG系を、ただひたすら、じーっと見ています。

そしてなぜか目が離せないのがホラー系なのです。

特に海外のホラー系のゲームは、なかなかエゲツないので、今回のネタにさせて頂きたいと思います。

海外のゲームは表現がドギツい

あくまでも個人的な印象ではありますが、海外製のゲームは、表現がストレート過ぎる部分もあります。

というかリアル過ぎるんですよね(汗)

制作者さんの精神がダメージを負うんじゃないかと心配になるぐらい、直球勝負なとところは、お国柄というのか、それとも規制のレベルなのか・・・。

まあ映画で言えば、国内では「リング」が強烈でしたけど、米国製なら、

  • エクソシスト
  • オーメン
  • ポルターガイスト

など、ぶっちゃけ、いわくつきも含まれているので各段に怖いですわな。

では、そっち系のゲームの紹介です。

デッドスペース(DEAD SPACE)

宇宙空間を漂う施設(巨大採掘船「USG石村」)を舞台にしたサバイバルホラーです。

ジャンルとしてはRPGとFPSが融合したような構成で、見た目の気色悪いクリーチャーを手持ちの武器で駆除しながら、生き残るためのミッションをクリアしていくというもの。

その駆除方法が四肢切断という、少し意地悪なもの。

バイオハザードシリーズではヘッドショットは有効ですが、デッドスペースのクリーチャーに関しては全く意味が無いのです。

主人公はエンジニアのアイザック。

エンジニアも大変だなあと思いながら、じーっと見ていますwww

国内では、そのエゲツない演出などから発売が出来ず、輸入版を購入してのプレイが基本となっています。

そんな状況だったのですが、2023年1月28日、なんと規制のないPC版が日本で発売されることが決定しているのです。

ちなみに2008年に世に出ています。

今でもYouTubeで検索すると、これまでの全シリーズでのプレイ動画がヒットします。

バイオハザード(BIOHAZARD)

カプコンが発売しているサバイバルホラーのゲームです。

このシリーズ、いくつかは筆者もプレイしたことがありますが、特に時間がかかったのは「バイオハザード4」です。

シリーズの中でも実況やプレイ動画もたくさんありまして、いろいろな縛りを自ら設定してプレイする様をアップされていて、見ていて飽きませんでした。

筆者は初期装備のハンドガンなど、ねらい打つことが下手くそですし、慌ててしまうので、あっという間にやられてしまいますwww

適当なエイム力(狙うスキル)でも何とか当たるショットガンばかり使っていました(わかる人にはわかる)

ストレス溜まったときはロケットランチャーを放ちまくったりwww

やはり上手なプレイヤーの腕前を見ている方が好きですね。

エイリアンアイソレーション

これは少し古いのですが、セガが2015年に発売したサバイバルホラー系のゲームです。

題材は思い切り、映画の「エイリアン」となっていてアイソレーションということですから、隔離や分離、あるいは孤独の意味で、孤立無援が基本となっています。

確かサイレントなシーンも多かった気がします・・・。

音が無い、つまりBGMのないサバイバルホラーゲームって、めちゃくちゃ怖いですよね(汗)

ちなみにスマホ版もあります。

まとめ

「エグい描写のサバイバルホラーゲーム3選!海外版のソロプレイは恐怖感との勝負」というテーマで、SF系サバイバルホラーのゲームについて書きました。

基本的には他人がプレイしているYouTube動画を見ているほうが好きなのですが、つくづくゲームクリエイターはすごいなと思います。

年々、緻密になっていきますし、ゲーミングパソコンの普及でハード面の環境も整っていることから、オンラインでのパソコンゲームはこれから熱い展開が期待できそうです。

参照

「Dead Space」 | EA公式サイト

バイオハザード ポータル | CAPCOM

ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション-公式サイト

関連記事

【必見】ソロプレイ可能な無課金RPGゲーム5選!オンラインで単独冒険を楽しむ方法

参考になったらシェアしてくださいね!