昭和時代にレコード売り上げが高かった曲が渋すぎて若者には伝わらない!逆に新鮮すぎて草

※広告

今、唯一といってもいいぐらいで、気に入っている番組があります。

フジテレビ系列の「これが定番!世代別ベストソング ミュージックジェネレーション」です。

令和世代、平成世代、昭和世代という3つの世代にふさわしいタレントを配置して、あるテーマのもとで定番の曲をランキング形式で発表しあうという内容。

これ、家族で見ていると、反応がくっきり分かれるので面白いです。

我が子はさすがに平成後半から令和にかけての曲には詳しく、逆に我々親世代は昭和から平成にかけては主導権があります。

ところが今の若い世代は、TikTokなどで昭和歌謡を知ることができるので、全般的に詳しいわけです。

その良さもわかってくれるので、非常にワイワイとして見れる番組です。

MCのさまぁ~ず

メインはさまぁ~ずのおふたりなのですが、またこれが、すばらしく定番曲を選ぶセンスがすばらしい。

しかも幅広いですから、相当に、青春時代を含めて音楽は聞いてきたんだろうなと感じます。

令和組、平成組は毎回メンバーは変わるのですが、令和組には藤田ニコルさんが定着してほしいですね。

コメントが面白いです。

非常に賢いのだろうなと思いますし、嫌な感じは一切しないところも。

3か月か半年のペースで放送されていたのですが、ここのところ、

  • ハロウィーン
  • クリスマス

と大型のイベントに便乗してるのか、放送のピッチが早いです。

ましてや今回は正月明けということで、次回はバレンタインデーにちなみそうなんですけど。

広告

昭和のヒット曲

昭和のヒット曲がTikTokで流れたことで、その良さが見直される、若者に認知されるというのは、非常に良いことだと感じます。

どこぞの子どもが、昭和の歌はイントロが長くてイライラするとか言ってましたが、わかってねーな、おい。

風情も何も知らない若輩者が、グダグダと言ってんじゃねーよって話です。

ホントに歌が好きな人は、流行だけを追いかける薄さがありません。

で、昭和時代(1989年1月7日まで)に売れた曲は何だろうと、あらためてレコード売り上げベスト10を調べたところ、以下のような結果となりました。

出典はオリコンです。

アーティスト シングル 発売年 売上枚数(万枚)
子門真人 およげ!たいやきくん 1975 457.7
宮史郎とぴんからトリオ 女のみち 1972 325.6
皆川おさむ 黒ネコのタンゴ 1969 223.5
ピンキーとキラーズ 恋の季節 1968 207.7
殿さまキングス なみだの操 1973 197.3
渥美二郎 夢追い酒 1978 182.0
千昌夫 星影のワルツ 1966 170.8
小坂明子 あなた 1973 164.9
もんた&ブラザーズ ダンシング・オールナイト 1980 161.7
ピンク・レディー UFO 1977 155.3

いやこれ、どうにもこうにも渋すぎるwww

ピンク・レディーが滑り込んだおかげで、なんとか渋い空間にミラーボールがある感じが。

悲しいかな嬉しいかな、全部知ってるというのがね。

参考までに洋楽において、同時期に国内で売れた曲がコチラ。

アーティスト シングル 発売年 売上枚数(万枚)
ダニエル・ブーン ビューティフル・サンデー 1976 192.4
サイモン&ガーファンクル サウンド・オブ・サイレンス 1968 81.0
ジェリー・ウォレス 男の世界 1970 73.4
アイリーン・キャラ フラッシュダンス 1983 69.7
ワム! ラスト・クリスマス 1984 68.3
ノーランズ ダンシング・シスター 1980 67.4
ヘドバとダビデ ナオミの夢 1971 66.6
カーペンターズ イエスタディ・ワンス・モア 1973 59.2
ジグソー スカイ・ハイ 1975 56.8
ビートルズ レット・イット・ビー 1970 55.8

これも渋さはありますが、名曲揃いな感じのラインナップです。

演歌はどこへ

ちょっと寂しい話ですが、演歌が段々と勢いを失っている感もあります。

その一方で、演歌は売り上げ云々でなく、歌そのものに価値があるという見方もあります。

何はともあれ、演歌歌手の方もフューチャーされたいでしょうし、売れたほうが良いわけですから、脚光を浴びることは望んでいるはずです。

紅白歌合戦に関しても、けん玉あり、ドミノあり、浅草から中継ありという楽しさはありましたが、歌が入ってこないのは気のせいでしょうか・・・。

つい聞き入ってしまう曲もあるんですけど、もはやK-POPやJ-POPとは一線を画して、伝統芸能的な立ち位置でもよいのではないかと考えます。

広告

まとめ

「昭和時代にレコード売り上げが高かった曲が渋すぎて若者には伝わらない!逆に新鮮すぎて草」というテーマで、昭和時代の売れた曲などについて書きました。

いやいや、何度もいいますが渋いラインナップでした。

邦楽と洋楽では、同年代でも、随分と違いがあるのがわかります。

その違いというのは、ぜひ、それぞれで感じてもらえれば。

参照

これが定番!世代別ベストソング ミュージックジェネレーション – フジテレビ

関連記事

作業BGMはどのジャンルの音楽がベスト?集中したいとき・効率化したいときの名BGM

参考になったらシェアしてくださいね!