東京スカイツリーのチケット料金と行き方 展望デッキまでと展望回廊 安く購入するには?

東京スカイツリーが一般公開されてもうすぐ10年。新型コロナもだいぶ落ち着いてきたところで、そろそろ東京スカイツリーに登ってみようと思い立ち、行き方やチケット料金などについて調べてみました。チケットは当日券以外に格安で買える方法を発見。

東京スカイツリーのチケット料金

東京スカイツリーのチケット料金は、大きく2種類に分かれています。

天望デッキまで上がれる「天望デッキ」チケットと、その先の天望回廊まで上がれる「天望回廊+天望デッキ」セット券です。

また、年齢により、大人(18歳以上)、中人(高校生/中学生)、小人(小学生)の3種類に分かれています。

更に、平日と休日とでチケットの値段は異なり、平日よりも休日の方が割高です。

「天望デッキ」チケットの当日券は、

〈平日〉
大人:2,100円
中人:1,550円
小人:950円
〈休日〉
大人:2,300円
中人:1,650円
小人:1,000円

「天望回廊+天望デッキ」セット券の当日券は、

〈平日〉
大人:3,100円
中人:2,350円
小人:1,450円

〈休日〉
大人:3,400円
中人:2,550円
小人:1,550円

となっています。

東京スカイツリーの天望デッキは350mの高さにあり、天望回廊は更にその上の450mの高さにあります。

ちなみに、東京スカイツリーの高さは634mで、333mの東京タワーよりも300m以上も高いんですよ。

広告

前売り券を購入すれば格安に

家族みんなで出かけると、なかなかいい値段のする東京スカイツリーのチケットです。

少しでも安くチケットを買いたいと思ったら、前売り券がおすすめです。

前売り券は、「アソビュー」か「セブンチケット」を利用して購入可能です。

前売り券チケットの料金は、

「天望デッキ」チケット

〈平日〉
大人:1,800円
中人:1,400円
小人:850円
〈休日〉
大人:2,000円
中人:1,500円
小人:900円

「天望回廊+天望デッキ」セット券の当日券は、

〈平日〉
大人:2,700円
中人:2,150円
小人:1,300円

〈休日〉
大人:3,000円
中人:2,350円
小人:1,400円

当日券と比べ前売り券は、大人で300-400円、中人で150-200円、小人で100-150円ほど割安で購入できます。

東京スカイツリーチケット前売り券はこちら

家族4人で出かけるとすると、1000円くらいの差がありますから、前売り券を上手に利用したいですね。

東京スカイツリーへの行き方

東京スカイツリーの最寄り駅は、「とうきょうスカイツリー駅」もしくは「押上(スカイツリー前)駅」です。

「とうきょうスカイツリー駅」は東武スカイツリーライン、「押上(スカイツリー前)駅」は東京メトロ半蔵門線、京急線・都営浅草線、京成成田スカイアクセス線の駅になります。

「押上(スカイツリー前)駅」からスカイツリーまでの行き方はこちらの動画を参考にしてみてください。

 

「とうきょうスカイツリー駅」からスカイツリーまでの行き方はこちらの動画を参考にしてみてください。

広告

東京スカイツリーに行ったら訪れたい場所

東京スカイツリーに行ったなら、一緒に訪れておきたいおすすめの場所があります。

それは浅草です。

浅草には浅草寺という有名なお寺があり、外国人の観光客にも人気のスポットがあります。また、浅草寺へと通じる仲見世通りという昔ながらの商店街には、老舗の美味しい和スイーツやお土産屋などが沢山そろっており、たいへん魅力的なスポットです。

東京スカイツリーから仲見世通りまで、歩いても18分程度。途中、隅田川などを渡り、天気の良い日などは、散歩にもピッタリな距離です。

せっかくなので、東京スカイツリーまで来たのであれば、ぜひ浅草エリアにも寄ってみることをおすすめします。

まとめ

やっと東京スカイツリーへ行けそうです。

混雑する場所が苦手なので、少し空いてからと思っているうちにコロナが流行し、行くチャンスを失ってしまいました。

しかし今なら、外国人観光客も少ないでしょうし、東京スカイツリー並びに浅草をぶらつくには、なかなか良いタイミングなのではないかと思います。

きっと京都も外国人観光客が少なく、訪れるには今がベストでしょうね。

参考になったらシェアしてくださいね!