子供にも大人気!トンテキの作り方 ご飯に合う!【男の料理】

子供たちがトンテキが大好きなので、作ることにしました。いつもは下味の付いた焼くだけのパックを買っていたのですが、「とんてきの素」が売っていたので、豚ロース肉を購入し作ることにしました。

トンテキってどんな料理

ビーフステーキがビフテキ、だったら豚肉のステーキがトンテキでしょ!って思ったら、正解のようでちょっと違うみたいです。

もともと「四日市とんてき」という料理があるみたいですね。

四日市とんてきは、三重県四日市市の名物料理。

確かに豚肉のステーキではあるのですが、 ウスターソース等を使って作った黒みがかったソースで味を付けた甘辛い豚肉ソテーといった感じです。

味が濃いのでご飯との相性もばっちりですし、夏場などは豚肉のビタミンBで夏バテ防止にも最適なおかずです。

広告

トンテキの作り方

今回は市販の「トンテキの素」(日本食研)を使ったトンテキの作り方をご紹介します。

本当は肉の縮みを避けるために、とんかつ用のロース肉の脂肪分に切れ込みを入れ、グローブの形のように焼きあがるため、別名「グローブ」とも呼ばれるとんてきですが、我が家では食べやすいように、あらかじめカットして焼いています。

材料
・トンテキの素(日本食研):「下味まぶし粉」「特製ソース」在中
・豚ロース肉 500g
・油 大さじ1

1.豚ロースを食べやすいサイズにカットします

2.ビニール袋に「下味まぶし粉」とカットした豚肉をいれ、まんべんなく肉にまぶします

3.フライパンに大さじ1の油を入れて熱し、肉を入れ強火で表面に焼き色をつけます

4.焼き色がついたら蓋をして、弱火で中まで火を通します(5分くらい)

5.火が通たら「特製ソース」を掛けます

6.全体にからめたらできあがり!

トンテキの調理時間と材料費

今回作ったトンテキは4人で食べました。

おかずがトンテキだけだとちょっと物足りませんが、4人分のメインのおかずになる量くらいありました。

調理時間は全体で30分もかからないくらいで出来上がります。

材料費は豚ロース肉がお買い得品で500gで500円程度、トンテキの素が200円で、税込800円弱でした。

広告

男の手料理に最適

お手軽に作れて美味しいので、男の手料理としても最適な一品だと思います。

キャンプなんかでも気軽に作れそうですね。

スペアリブとかタンドリーチキン、手羽元のコーラ煮なんかもそうですが、肉料理はタレに付け込んで焼くだけというものが結構あります。

それでいてみんなに人気の料理は、いくつか覚えておくと、キャンプやちょっとしたパーティーで重宝しますよ。

実は大したことしていないのに、料理のデキる男としてカブが上がります(笑)。

まとめ

最近はステイホームということもあって、少し料理をするようになりました。

たまには奥さんにもゆっくりしてもらおうというわけです。

できるだけ子供と一緒に料理を作るのですが、コミュニケーションも図れますし、子供の退屈しのぎにもなって、なかなかいい感じです。

スーパーに買い出しに行ってあれこれ見て回るのも、意外な発見があって楽しいです。

ただ、男が料理すると節約志向が身についていないので、料理のコスパが悪いんですよね。

なので、自分で作るときは遊びだと思って、家計からではなく、自分のこづかいから材料費を出すことにしています。

これなら文句を言われることなく、好きなものが作れますから(笑)。

参考になったらシェアしてくださいね!