歯みがきの常識を知らずに数十年!学校では教わらなかった本当の歯みがきの仕方をシェア

歯みがきは、どうやって覚えたのか、今となっては不思議です。

親から教えてもらった記憶はありませんし、学校でも保健の先生が発行する「保健だより」の一部でチラッと触れた程度ですが、もう内容すら覚えていません。

素直に歯医者さんに聞けば良かったのてすが、歯医者さんって、意外にコミュニケーションが取り辛いんですよね・・・。

まあ、それも踏まえて今回は「歯みがき」について調べたことをシェアします。

歯みがきは大切だしか記憶がない

これ教え方にも問題がある気がしてなりません。

記憶に残っているのは、

  • 歯を大切に
  • 歯みがきをしっかり
  • 寝る前に歯を磨こう

ということばかりを押し付けるだけですからね。

学校や親の悪いところであり、もう数十年と変化しないコーチングではないかと思います。

そもそも「なぜ、それをやるのか」というところまで、伝えないのが日本の教育の良くないところ。

「理屈はいいからやれ」

まるで昭和のスポーツにおける頭の悪い根性論を振りかざすのと同じ。

ただ押し付けるだけだから、重要性が身に沁みないわけです。

広告

歯医者で歯みがきが聞けない

2.3ヶ月に1度のペースで、歯石や虫歯のチェックをしてもらってるいのですが、大体、30分で終わり。

虫歯なしという結果には安心していますが、さらに別途、4.5分ほどのコミュニケーションタイムが欲しいわけです。

歯科衛生士さんや歯科医の先生は、

  • 「ここ、よく磨いてくださいね」
  • 「このへんは、ちょっと汚れが溜まりがちなところです」

というアドバイスや指摘を授けてくれますが、具体策を聞く余裕と言うか雰囲気はなく、一方通行なのですよ。

保険診療だから出来るだけ手短にやることが良いのでしょうけど、

  • 歯みがきのゆすぎって1回で良いの?
  • 磨きすぎは歯が削れるってホント?
  • 歯ブラシの硬い柔らかいの選択基準は?
  • この歯みがきって何か弊害ある?
  • 市販の歯みがきで白くさせることは不可能?

など、いろいろと訪ねたいことがあるわけ。

Yahoo!知恵袋だと、信頼性でイマイチな部分があるから、歯科医のコミュニティなどで気軽に質問したいけど、やはり「かかりつけの歯科」でやりたいわけです。

なんなら別料金払ってもいいのさ。

そういう需要は無いのかなあ・・・。

歯みがきの理想

歯みがきは、

  • 食後に必ず
  • すすぎは1回
  • 歯みがき後は1時間は飲食しない

というのが理想らしいです。

特に、すすぎが1回というのは、当初は抵抗ありましたね。

だって「すずき切れない」わけですよ、単刀直入に言うと。

泡が残ってる状態のまま過ごすわけにもいかないですから、少なくとも2回になっていた時期もありました。

ところが歯みがきの量が多過ぎてるのではないかと考えて、少な目にしたところ、これがすすぎ切れない問題の根幹でした(汗)

フッ素配合の歯みがきだとコーティングをイメージして、すすぐようにしています。

ちなみに、すすぎのための水の量は5~15mlという少ないもので、大体、ヤクルトの5分の1程度です。

ヤクルト1本は65mlですからね、相当少ないですよ。

だから歯みがきの付け過ぎには、気を付けなければなりません。

広告

まとめ

「歯みがきの常識を知らずに数十年!学校では教わらなかった本当の歯みがきの仕方をシェア」というテーマで、理想の歯みがきを知ることができました。

学校の保健の先生は、全く言ってませんでしたよ。

やはりプロから情報は得るべきです。

歯医者さんが、歯ブラシと歯みがきを選んでくれるサービスって、やらないのかな。

参照

【歯科衛生士監修】1回の歯磨き時間の目安。理想的な時間帯・タイミングは? | 【サンスター公式】お口とカラダコラム

フッ素を“長く残す”習慣を!|歯の健康基礎知識|ライオン

参考になったらシェアしてくださいね!