トイプードルの性格 メスとオスとの違い 毛色によっての違いはある?

トイプードルの性格にはメスとオスとで違いがあるのでしょうか。またバリエーションの豊富な毛色によって、性格の違いなどあるのでしょうか。そういったトイプードルのさまざまな違いによる性格について調べてみました。

トイプードルの性格の特徴

トイプードルはとても賢くて社交的な性格の犬だそうです。

飼い主に対してもとても従順で、猫などの動物とも仲良くなるほど友好的な性格をしています。

もともと猟犬だったトイプードルですので、運動能力も高く活発で遊ぶことが大好きです。

しつけはしやすい方ですが、甘やかすとわがままに育つ傾向もあります。

なので犬の要求ばかりに応じずに、飼い主が主導権を握るよう意識して育てることがしつけの上では大事になります。

トイプードルはあまり吠える犬ではありませんが、子犬のころに他の犬などと交流を持つ機会が少ないと、警戒心が増すようになりちょっとしたことでも吠えてしまうようになります。

子犬の時に社会性を持たせるよう、他の犬とも遊ばせるようにするとよいでしょう。

広告

トイプードルのメスの性格について

トイプードルのメスの性格は、穏やかでとても優しいです。

子犬の時は甘えん坊ですが、成犬になると独立心が芽生え、子犬のころほどは甘なくなります。

トイプードルのオスの性格について

トイプードルのオスの性格は、メスに比べるととにかくやんちゃです。

それでいて、成犬になってもメスよりも甘えん坊だったりします。

一般的には、他の犬種と比べると、あまりオスとメスとで性格の差がなく、どちらかというと個体差の方が大きいとも言われています。

広告

トイプードルは毛色によって性格差はあるの?

トイプードルの毛色はとてもバリエーションが豊富で次のような種類があります。

  • ブラック
  • ホワイト
  • レッド
  • グレー
  • ブラウン
  • アプリコット
  • クリーム
  • シルバー
  • ブルー
    など

生まれたときが最も毛の色は濃く、成長するに従い薄くなっていきます。

毛の質はフワフワとした強い巻き毛で、抜け毛や体臭は少なめです。

トイプードルは毛色による性格の違いがあるのかというと、若干違いはあるようです。

大きく次のような特徴があるようです。

ブラック:控えめ、落ち着いている
ホワイト:甘えん坊、社交的
ブラウン:穏やか
シルバー:独立心が強い
レッド:天真爛漫
アプリコット:遊ぶのが大好き
クリーム:マイペース

このような経路による違いがあるとのことですが、毛色よりも個体差の方が大きいように思います。

毛色による性格の違いなどないと言われる人も数多くいました。

トイプードルは子供のころは甘えん坊でやんちゃで元気いっぱいといった子供らしい性格で、成犬になるにつれ、須古落ち着きを見せ独立心も芽生えマイペースになっていくのではないでしょうか。

なんだか人間みたいですね。

まとめ

トイプードルは買いやすい犬種ではありますが、子犬の時のしつけがわりとその後の正確に影響が出てきそうです。

しっかりと主従関係を分からせてしつけをすることで、無駄吠えも少なく生涯にわたり良きパートナーとなってくれそうな気がします。

小さく愛らしくも頼りになるパートナーなんて、とってもいい関係ですよね。

参考になったらシェアしてくださいね!