和歌山の梅あぶらが気になる 販売店や購入時の注意点など

和歌山の「梅あぶら」という商品が今大人気で爆売れ中だそうです。販売元でも品薄で、出荷までに1-2週間はかかる状態だとか。そんな梅あぶらとはどんな商品なのか、販売店や購入時の注意点などをご紹介します。

人気の梅あぶらとは?

「梅あぶら」という商品が話題になっています。

ごま油とかコーン油とかあるので、梅からも油って採れるの?なんて想像していたら、どうやら食べる調味料なんだそうです。

「食べる調味料」と聞いて、ピンッ!思い出したのが「食べるラー油」。

一時爆発的人気をを得て、スーパーとかでもなかなか手に入らなかった、ご飯のお供のようなた商品がありますよね。

そうか!あれ系か。なんとなく、どういったものかが想像できました。

広告

梅あぶらは和歌山の新名物になるか?

梅あぶらを作っているのは、和歌山県田辺市にある石神邑という会社です。

梅と言えば紀州・和歌山ですからね。

「梅の郷 石神邑」というブランドで、梅干を使った新商品を作っています。

梅あぶらも「梅の郷 石神邑」シリーズのひとつです。

近年、日本人の梅干離れが進んでいるそうで、今こそもういちど「梅干しはうまい!」と言わせたいという想いから、シリーズの第一弾商品として「梅あぶら」が誕生したとのこと。

とろけるような果肉の梅干しに玉ねぎやベーコンを加え、さらりとしてクセのない米油で和えて作られています。

今後、和歌山の新名物として、梅あぶらは定着するのでしょうかね。

ご飯にトゥーマッチな梅あぶらは、現在大ヒット中で、品薄状態だとか。

梅あぶらにはシリーズ製品がある!

実は梅あぶらには、爆売れ中の「梅あぶら」以外に、シリーズ製品があります。

それが次の商品です。

  • 梅唐辛子
  • 梅にくみそ

梅唐辛子は、梅干に山椒、紫蘇、生姜、炒りごま、唐辛子、かつお節が加わったもので、梅の七味調味料といったものです。

そして梅にくみそは、梅干しに国産豚肉の濃厚な旨みと地元醸造元の味噌の香ばしさが加わったもの。梅干の酸味と調和した梅にくみそは、お豆腐などにのせて食べても美味しいそうです。

広告

梅あぶらはどこで買える?いま購入できる販売店は?

そんないま人気大爆発中の梅あぶらですが、いったいどこで買えるのでしょうか。

近所のスーパーでは、ひょっとしたら売っていないかもしれませんね。

まず、購入できるのは、製造・販売元の石神邑のホームページです。

石神邑のホームページはこちら

梅あぶら以外にも梅に関する様々な自社商品を販売しています。

かなりの数がラインナップされており、聞いたこともないちょっと想像の外にあるような商品もあるので、ぜひのぞいてみてください。

運命的な商品に出会えるかもしれません。特に梅好きの方は要チェックです。

あとは、Yahoo!ショッピングに紀州石神邑Yahoo!店が、楽天でも石神邑のオフィシャルショップが販売をしています。

アマゾンでも商品を見かけましたが、転売目的なのか、高額な値が付いていました。

梅あぶらは通常、1個540円で販売されているの商品ですので、不当に高い商品を購入しないよう気を付けてくださいね。

まとめ

梅あぶらを見たときに、まず思い浮かんだのが、お酒のおつまみに良さそうだなーということ。

これをつまみに、ちびちびと日本酒を飲んでみたいです(笑)。

もちろんご飯のお供にも最高でしょうし、工夫次第でいろんなレシピに使えそうですよね。

また、ユニークでありながらおいしいと話題の商品ですから、知人へのプレゼントにも良さそうです。

参考になったらシェアしてくださいね!