年代物のトレーディングカードやゲームソフト、超合金の値段が高騰

昔流行った年代物のトレーディングカードやレトロなゲームソフト、超合金などの値段が世界的に高騰しているそうです。特にこうした日本のおもちゃは世界的にコレクターがいるので、グローバル化したいま、価格もすごいことに!

古いポケモンカードが高騰!

子供のころに遊んだポケモンカード。

もうとっくに捨てちゃったかもしれませんが、そんな古いポケモンカードが、今とんでもない価格で取引されています。

とあるオークションサイトでは、いまトレーディングカードの売り上げが伸びているそうで、中でもポケモンカードがとにかくアツいそうです。

これまで人気のあったベースボールカードを超えて、いまはポケモンカードの勢いが凄く、これまでの10倍以上の取引がされているとか。

当然値段もすごいプレミア価格が付いたものもあり、当時1枚30円だったものに数十万という価格が付いていたりするから驚きます。

これは日本だけのファンではなく、海外のファンやコレクターも探しているからだそうで、レアカードと天井知らずだそうです。

広告

レトロゲームソフトも高騰

また、トレーディングカードだけでなく、レトロなテレビゲームのカセットなんかも高騰しているそうです。

ニンテンドー64のゲームソフトで、未開封の「スーパーマリオ64」というソフトが、ゲームソフト史上最高額の156万ドル(約1億7200万円)で落札されたそうです。

たかがゲームソフトに1億円以上の値段が付くって、いったいどういうことなのでしょうね。

そう言えば、私も大量に所有していたスーパーファミコンのソフトを、本体も壊れてなくなってしまったし、ある時レトロゲーム好きの知り合いに、数年前に全部あげてしまいましたが、いまおそるおそる中古価格を覗いてみたら、とんでもない価格になっていました。

はぁ…。

そういえばレトロなおもちゃって

そういえば、私が子供のころからブリキのおもちゃのコレクターとかがいて、古いおもちゃに何十万円もの価値があるというのをテレビでやっているのを見た覚えがあります。

それは本当に昔のおもちゃだから、そうしたプレミアが付いているのだと思っていましたが、まさか自分が遊んでいたおもちゃに将来プレミアがつくとは思いもよりませんでした。

今ちまたに出回っているおもちゃも将来プレミアがつくのかなと考えてみたところ、意外と今のおもちゃにはあまり値が付かないかもしれないなと思いました。

と言うのも、プレミアの付いたおもちゃを買っている人たちは、当時自分が遊んでいたかその後の世代でしょう。

そのような人たちには、多くの同世代の人がいるため、そこで競争が起きて高騰しているのだと思われるからです。

しかし今は子供が少ないので、彼らが大人になった将来、もともと少ない人数なのでそう取り合うことはないのではないかと思われるからです。

もちろん未来のことは分かりません。これはあくまでも私の予想です。

広告

まとめ

まさかそんな紙切れ(トレカのこと)が、こんなにも価値が付くなんて不思議ですね。

そういえば、私の子供のころには、切手を集めるのが流行り、一時は価値のある切手などが随分あったように思います。

そう思って、数年前に実家にしまい込んだ古い切ってを引っ張り出し、価値のほどを調べてみましたが、想像以上に価値がないことが分かりガッカリした記憶があります。

高騰と言えば、ロレックスも今すごく値が上がっていますよね。

何でも生産が追い付かないからだとか。

いやはや、行ったに何に価値が付くのか、さっぱり分かりません。

ポケモンカードも一過性のものであれば、購入するより、この際に高値で手放しておきたいと思うのは私だけでしょうか。

残念ながら、ポケモンカードは1枚も持っていませんけど。

参考になったらシェアしてくださいね!