抗体ができるとは、どういうこと?抗体と免疫との関係 予防接種やワクチンの仕組み、抗体量の測り方など

「抗体があれば同じ病気にかからない」と聞いたことがありませんか?人間の体内にはウィルスから身体を守ってくれる「抗体」というものが存在します。その抗体とは、いったいどのようにしてできるのか。また、どのような役割をしているのでしょうか。予防接種やワクチンの仕組み、抗体の測り方なども含め、解説していきます。

免疫とは

抗体は、私たちの体に生まれながらに備わる「免疫」の機能のひとつです。なのでまずは、免疫についての説明から入ります。

免疫は、私たちの体内に侵入した細菌やウィルスなどを、無力化したり働きを弱めたりすることで、病気にかかるのを防いでくれるはたらきをする物質です。

細菌やウィルスなどが体内に入ると、免疫細胞と呼ばれる細胞たちが、それらを敵(異物)として認識し、攻撃します。

人の体内にある免疫には、「細胞性免疫」と「液性免疫」の2つの種類があります。免疫細胞自身が直接攻撃する方法を「細胞性免疫」と呼び、武器を作って攻撃する方法を「液性免疫」と呼びます。

これらのうち、液性免疫によって作り出される武器を、「抗体」と呼びます。

広告

抗体とは

抗体とは、病気の原因となる細菌やウィルスなどが体内に侵入したときに、攻撃したり体外に排除するために作られる、免疫グロブリンというタンパク質のことです。

抗体は異物の侵入を察知すると、その異物に合わせて構造の一部を変化させ、異物の目印である「抗原」と結合します。

抗体が抗原と結合すると、「マクロファージ」や「好中球」が活性化しはじめ、異物を撃退します。

また、「補体」も活性化し、細菌の細胞膜を破壊する「膜侵襲複合体」を作り、異物を攻撃します。

この補体や抗体によって発病を防ぐシステムを、「液性免疫」と呼びます。

「抗体ができる」とは、どういうことか

液性免疫や細胞性免疫を活性化されるためには、本来はそのウィルスに実際に感染する必要があります。

感染することにより、免疫システムが外敵と認識し、その形状の特徴を記憶します。すると以降、同じ形状のウィルスが侵入しようとすると、即座に免疫システムが発動して攻撃を開始するようになります。

この仕組みを、実際にウィルスに感染することなく獲得しようというのが、予防接種とワクチンの原理です。

インフルエンザの予防接種であれば、症状が出ない程度に弱めたインフルエンザウィルスを投与し、獲得免疫の働きを利用してインフルエンザウィルスの抗体を作ります。

予防接種には、インフルエンザやおたふくかぜなど、病原体ごとに様々な種類があります。事前に抗体を意図的に作り出すことで、本物のウィルスが体内に侵入した際も、素早く排除できるということです。

広告

抗体の役割

抗体の役割には、大きく分けて以下の4つがあります。

中和作用

細菌が作り出す毒素も無毒化したり、細胞がウィルスに感染させにくくする作用です。

オプソニン効果

ウィルスや細菌を、マクロファージや好中球が食べやすい状態にします。

ウィルス感染細胞の排除

抗体がウィルスに感染した細胞と結合することで、ナチュラルキラー細胞などが感染細胞を破壊してくれます。

補体の活性化

抗体が抗原と結合すると、「補体」と呼ばれるタンパク質が活性化され「膜侵襲複合体」を形成します。膜侵襲複合体が細菌の細胞膜を破壊し殺傷擦る役割を果たします。

抗体量の測り方

体内でできる抗体にはいくつかの種類があり、ウィルスの感染、発症、重症化を防ぐことのできる抗体のことを、「中和抗体」と呼びます。

コロナウィルスを例に取ると、コロナウィルスは表面にあるスパイクタンパク質と呼ばれるトゲと細胞の受容体が結合し、細胞の中に入り込むことで感染します。中和抗体はこのトゲ部分に先回りして結合し、細胞に侵入できないようにします。

そのため特定のウィルスに対して、どの程度の免疫力が備わっているかを判定するためには、中和抗体の量を測定することが一般的です。

この中和抗体の量のことを「抗体価」と呼び、血液検査で測定することが可能です。

コロナウィルスの場合だと、その中和抗体であるスパイクタンパク質抗体の抗体価を測定すれば良いというわけです。

まとめ

免疫は、私たちの体に侵入した細菌やウィルスなどから、私たちの体を守ってくれる防衛システムの役割をしています。

そして予防接種やワクチンにより、実際にウィルスに感染することなく、武器である抗体を作ります。

ただし、ワクチンの効果には個人差があるので、抗体ができにくかったり、効果の持続期間が短かい人もいます。

自分が抗体を保有しているのかどうか気になるようであれば、病院で調べることができますので、問い合わせてみると良いでしょう。

参考になったらシェアしてくださいね!