ネット広告が不快でしつこいから消したい!リターゲティング広告のしくみとブロック

ネット広告

先日、新車を購入したという記事を投稿しました。
見積もりとか値引きとか、決算時期の新車購入に関して少しでも参考になるとうれしいです。

まだ自動車税とか、もうちょっとお得な話をしたかったのでが、またの機会にしましょう。

人気軽自動車決算時期の値引き情報最新版!オプション値引きも大きくて即購入!

一応、筆者の中では新車購入イベントは区切りがついたので、ちょっと頭から外したい気分ではありますが、ネット広告が自動車広告ばかり表示しやがるので、イライラもしています。

ネット広告ウザイ、しつこい、不快、消したい!!

って、どんな人でもなりますよね・・・。

ということで今回は不快極まりないネット広告についての情報をシェアしたいと思います。
消す方法も探ってみました。

ネット広告不快の原因はリターゲティング広告

ネット広告代理などを生業としてる業者さんは、別に不快な思いをさせようとしているわけでは無いです。

それは確かでしょう、一部を除いて。

なぜ、いろいろなサイトを閲覧しているのに、同じ広告ばかり表示するのかという疑問がわくと思いますが、これはリターゲティングというマーケティングの技術が原因です。

リターゲティング広告とは、簡単に言えば閲覧した商品やサービスについて、ユーザーがサイトを離脱した後も追いかけるしくみの広告です。

筆者は新車購入の検討をしている最中は、ディーラーの公式サイトや中古車販売、カーリース業者など、片っ端からチェックしました。

お陰でリターゲティング広告の餌食となったので、全く自動車と無関係なサイトを閲覧していても、ガンガンに追跡されて自動車の広告バンバン表示って感じだったのです。

そりゃ心の中でツッコミますよ、もう買ったわ!ってね。

広告

リターゲティング広告が採用される理由

結論から申し上げると、費用対効果が高いからです。

あれだけしつこく絡んでくると、もはや電脳的押し売りに等しいですが、買おうか買うまいか迷っている人は、やっぱり気になってる商品やサービスが広告して表示されたら、クリック(タップ)しますよ。

で、お買い上げあざーすって広告主はおいしい、広告代理店も手数料ごっつぁんですってなるわけです。

要はリピーターを成約させるにはリターゲティング広告が、一番のトレンド的手法でもあり、実際にコスパも良いので、そればっか横行するという図式です。

リターゲティング広告のデメリット

まあ、記事のタイトルどおりですよ。
もう何度も、おいでやす小田氏ぐらいのテンションで「買ったわ!!」って心の中で叫んでいます。

下手に広告を打ってしまうとブランドイメージを損なうリスクは確かにあります。
なのでWeb広告代理店選びも慎重に。

広告

広告ブロックしたいときにおすすめのブラウザ

ウザイし不快だからブラウザレベルで広告カットしようぜ!ってノリを体現したのがFireFoxとかOperaとか、最近はEdgeもそうですね、実装されてます。

一番強烈なのはBraveですね。
お試しください。

プライバシーを重視した高速かつ安全な次世代ブラウザ | Brave Browser

広告に対して挑戦的です。

まとめ

ネット広告はどうしても自動的に配信されるので、特に不快でしつこいから消したいと思いますよね。

文句言う相手もわからないですし。

それならいっそのこと広告が表示されないようにする良いわけですよ。
広告ブロック機能を備えたブラウザを使うもよし、拡張機能やアプリを導入しても良しです。

参考になったらシェアしてくださいね!