かつての有名サイトは超シンプル!ウェブサイト版タイムマシンがめっちゃ楽しい!

SNS全盛の現在ですが、ウェブサイトやブログは決してオワコンにはなりません。

かつては「ブログやウェブサイトはオワコン」と、したり顔で情報発信していた人も見かけました、Webマーケティングを知る人ほど、ブログやウェブサイトを軽視することは無いのです。

その理由は別の機会に発信するかも知れませんが、国内で最も閲覧されているサイトは「Yahoo!JAPAN」ということは、誰もが知るところだと思います。

ものすごい量の情報が毎日発信されていますが、10年前、20年前の「Yahoo!JAPAN」は、どういうデザインだったか見たいと思いませんか?

そんな有名サイトのノスタルジーを感じることができるサイトがあるので、シェアしたいと思います。

Yahoo!JAPANの20年前の姿

まずはYahoo!JAPANの20年前のデザインをご覧ください。

なんというシンプルな仕上がりでしょう。

リンク集と言っても過言ではありませんでした。

懐かしく感じる人、新感覚な人、懐かし過ぎて涙が出そうな人、いろいろと感情が芽生えてくると思います。

個人的には「ディレクトリ検索」という言葉を久しぶりに思い出しました(笑)

この当時は、Yahooにサイトの掲載申請をして審査に通過すれば、Yahooが分類するカテゴリに登録されて、運営するサイトに閲覧者を誘導することが可能でした。

ヤフカテ登録なんて言ってましたね。

ひとつの高品質サイトのステータスでもありました。

広告

Googleの20年前の姿

Yahoo!JAPANと双璧であるGoogleの20年前のデザインを見てみましょう。

めっちゃシンプル!

ロゴも懐かしいですね!
しかも「iモードでGoogle!」って時代を感じさせます。

Googleに関しては、2000年9月のサービス提供からすでにアルゴリズムによる検索を提供していて、以下、

  • 2003.2:ボストンアップデート(Boston Update)
  • 2003.4:カサンドラアップデート(Cassandra Update)
  • 2003.5:ドミニクアップデート(Dominic Update)
  • 2003.6:エスメラルダアップデート(Esmeralda Update)
  • 2003.7:フリッツアップデート(Fritz Update)
  • 2003.11:フロリダアップデート(Florida Update)
  • 2004.1:オースティンアップデート(Austin Update)
  • 2004.2:ブランデーアップデート(Brandy Update)
  • 2005.1:ノーフォローアップデート(Nofollow Update)
  • 2005.12:ビッグダディアップデート(Big Daddy Update)
  • 2009.2:カノニカルタグアップデート(Canonical Tag Update)
  • 2009.12:パーソナライズドサーチアップデート(Personalized Search Update)
  • 2010.6:カフェインアップデート(Caffeine Update)
  • 2011.2:パンダアップデート(Panda Update)
  • 2011.11:フレッシュネスアップデート(Freshness Update)
  • 2012.4:ペンギンアップデート(Penguin Update)
  • 2012.8:パイレーツアップデート(Pirate Update)
  • 2012.9:イグザクトマッチドメインアップデート(Exact Match Domain Update)
  • 2013.6:ペイデイローンアップデート(Payday Loan)
  • 2013.9:ハミングバードアップデート(Hummingbird Update)
  • 2014.12:ベニスアップデート(Venice Update)
  • 2015.3:ドアウェイアップデート(Doorway Update)
  • 2015.4:モバイルフレンドリーアップデート(Mobile Friendly Update)
  • 2017.3:フレッドアップデート(Fred Update)
  • 2017.4:アウルアップデート(Owl Update)
  • 2017.12:医療健康アップデート
  • 2018.3:コアアルゴリズムアップデート
  • 2018.7:スピードアップデート(Speed Update)
  • 2018.8:コアアルゴリズムアップデート
  • 2019.3:コアアルゴリズムアップデート
  • 2019.6:The June 2019 Core Update
  • 2019.9:September 2019 Core Update
  • 2019.10:BERTアップデート(BERT Update)
  • 2019.11:Nov. 2019 Local Search Update
  • 2020.1:January 2020 Core Update
  • 2020.5:The May 2020 Core Update
  • 2020.12:The December 2020 Core Update
  • 2021.6:The June 2021 Core Update
  • 2021.6:ページエクスペリエンスアップデート
  • 2021.6:スパムアップデート
  • 2021.7:コアアルゴリズムアップデート

というように、アップデートを繰り返しています。

長っ!

参照:Googleコアアルゴリズムアップデートのこれまでの歴史まとめ【随時更新】

ウェブサイト版タイムマシン「Wayback Machine」

おまたせしました、本題です。

完全に網羅されているわけではありませんが、ほとんどの有名ウェブサイトの過去の姿を垣間見ることができるサイトがあります。

その名も「Wayback Machine(ウェイバックマシン)」です。

Wayback Machine

使い方は簡単で、アクセスして過去のデザインを見てみたいサイトやブログのURLを入力して、時期を選ぶだけ。

存分に楽しんでください。

スマホよりパソコンでの閲覧が良いかもしれません。

昔のウェブサイトはスマホに最適化されてない可能性もあるので。

広告

まとめ

かつての有名サイトは超シンプルです。

ウェブサイト版タイムマシンと勝手に思って、たまに楽しんでいますが、昔の方が見やすいなということもあります。

個人サイトも検索してみると面白いですよ。

「ようこそ!〇〇のホームページへ」

というような、おもてなし表現が懐かしく感じます。

参考になったらシェアしてくださいね!