ウォーキングはいつ歩くのがいい?朝歩きと夜歩き、体にいいのはどっち?効果の違いについて

健康に良いと言われているウォーキングですが、いつ歩くのがいいのでしょう?朝歩き、それとも夜歩き?体にいいのはどちら?実は朝歩き、夜歩き共に異なる効果があります。それぞれの効果を知り、自分にとって適した正しいウォーキングを行うことで、健康アップに役立ててみてください。

ウォーキングを行うのはいつがいい?

健康に良いとされているウォーキング。行っている人も多いのではないでしょうか。

ところでウォーキング、いつ行うかによって、得られる効果が異なるってご存知でしたか?

主に早朝に歩く朝歩き派と、夕方以降に歩く夜歩き派とに分かれるようですが、それぞれの得られる効果やメリットなどについて見ていきましょう。

広告

朝歩きのメリット

朝起きてわりとすぐに歩く「朝歩き」。

この朝歩きのメリットは、何と言っても朝日を浴びるところにあります。

人は朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、そこから夜にかけて睡眠を誘発するメラトニンの生成が行われます。

つまり、朝歩きのメリットは、自律神経を整えるのにとても良いのです。そのためうつの予防効果も高いと言われています。

またウォーキングにより足の裏を刺激することで、血の巡りも良くなり目も覚め、一日を快活にスタートさせることができます。

朝イチにウォーキングを済ませたといった達成感も、1日をスタートさせるうえでポジティブな気持ちにさせてくれ、その後もスムースに1日の活動へと移りやすくしてくれます。

また、朝は脂肪が燃焼しやすいので、少しでもダイエット効果を期待したい方は朝歩きがおすすめです。

ただ、寝起きにあまり急に心拍数を上げると心臓に負荷が掛かりますので、歩くペースはゆっくり目から徐々に上げるようにしていってください。

夜歩きのメリット

夜歩きのメリットは、何かと忙しい朝の時間を奪われずに済むことです。

夕方以降のウォーキングには、血圧を下げる効果や体力作りの面での効果が期待できます。

仕事を終えての帰り道や、お風呂タイムや夕食前にひと歩き、もしくは夕食後の腹ごなしにひと歩きするのも気持ちが良いものです。

一日の締めくくりの儀式として、「今日も一日頑張った!」という気持ちを与えてくれるため、達成感や満足感が得られます。

またウォーキングの時間は物事を考えるのにも適しており、歩くことで前向きに物事を考えることができるとも言われています。

その日に嫌なことがあった場合でも、夜歩きをすることで気持ちに整理がついたり、考えをリセットさせて前向きな気分で一日を終えることができるので、余計な考えも消えぐっすりと眠れることでしょう。

夜歩きをする場合は、眠る1~2時間前までには済ませるようにしましょう。

ウォーキングにより高まった交感神経が収まり、しばらくして副交感神経が優位(リラックスモード)になる力を使うと、入眠もスムーズに入ることができ、良質な睡眠を得られやすくなります。

広告

1回に歩く距離や時間は?

1回のウォーキングの時間は30分程度を目安とするのが理想です。健康面を意識するのであれば、これを週に2回以上行うというのを1つの目標にしたいところです。

歩数で言うと6000歩以上を目指します。

歩幅は身長が高い人ほど1歩の距離が大きいので、背の高い人はその分長い距離を歩くことになります。

が、あまりそういったことを気にする必要はなく、要は1回30分程度を週2回以上続けるといった、緩めの目標を掲げ、無理なく続けることが大事です。

中高年はジョギングよりウォーキング

中高年になると足腰の負担や、心臓への負担などを考慮して、負荷のかかるジョギングよりも、ウォーキングのほうが、むしろ体に良いとされています。

ウォーキングでは物足りない、ダイエット効果が低いと言われる方は、進む速度は変えず、少し跳ねるような小股のジョギングのような歩き方をすると筋力や体力アップに繋がります。

また、いくらウォーキングが体に良いとは言っても、歩き過ぎは逆に体を痛めてしまいます。

歩き過ぎると膝や腰を痛めますので、自身の体調に合わせて適度に行うようにしてください。

まとめ

なかなか朝起きてウォーキングに出かけるというのは、働いていると難しいですうよね。

でも、朝15分歩くだけでも、自律神経が整い、うつ予防になるそうです。

そこで、通勤時にウォーキングができないか考えてみるのもいいのではないかと思いました。

最寄り駅まで徒歩15分以上掛かるという方は、もうこれだけで1日のウォーキングが済んでしまいますね。

駅近に住んでいる方は、職場の駅を一駅前で降りて歩くといった工夫をし、朝の通勤時間を上手にウォーキングタイムにしてみてはいかがでしょうか。

参考になったらシェアしてくださいね!