しゃちほこトピックス > 生活知恵袋 > 子育てはどこでいつお金がかかる?子供を育ててみてわかったこと そのための準備と対策について

子育てはどこでいつお金がかかる?子供を育ててみてわかったこと そのための準備と対策について

子育てはどこでいつお金がかかるのでしょうか。子供を大学まで育ててみてわかったことなどを含め、解説します。子育てにかかる費用の内訳と、そのための準備・対策についてもご紹介します。

子育てにはお金が掛かるというけれど

よく子育てにはお金がかかると言われています。

子供1人を育てるのに3000万円かかるとか。となると子供が2人いたら6000万円ですね!

私の知人に5人の子供がいる家がありますが、その家庭だと1億5000万ですか!

サラリーマンの生涯年収が平均3億円とも言われていますが、中央値は大卒でも2億2000万円弱。

5人も子供のいる知人の場合、子育てに1億5000万使っていたら、とてもじゃないけど生活できませんよね。

本当に子育てってそんなにお金掛かるの?って思いません?

子育てにかかるお金の内訳

では本当に1人に3000万円も子育てには掛かるのか、その内訳を見てみましょう。

まず子育てにかかる費用を大きく分けると、

  • 養育費
  • 教育費

の2つに分類できます。

養育費はその名の通り子供が成長していく上で必要な食事や被服費など養うために掛かるものです。もう少し詳しく見ると、食費や生活用品、被服、医療費、レジャー費、子どもが使う通信費、お小遣いなどが、この養育費の内容となります。また、出産にかかる費用もここに含まれます。

それに対し教育費は、それ以外の塾や学校など、教育にかかる費用です。

大学を卒業する22歳まで親が負担したとして、養育費に掛かる費用は1640万円程度と言われています。

その内訳は、

出産・育児費用:90万円
22年分の食費:670万円
22年分の被服費:140万円
22年分の保健医療・理美容費:195万円
22年分のおこづかい:450万円
その他、レジャーや通信費等:95万円

の合計、1640万円となります。

教育にかかる費用

養育費以外に掛かるのが教育費です。

うちの子に教育は必要ありません!という親はいないでしょうから、当然教育費もかかります。

が、この教育費は、公立の学校に通うか、私立に通うかによっても大きく変わってくるところでもあります。

いうなれば教育費を上手に抑えることができれば、子育てにかかる費用はぐんと減らすこともできるということになります。

そこで幼稚園から大学までの公立と私立にかかる費用を、ざっくりと比較してみます。

幼稚園

公立幼稚園:65万円
私立幼稚園:158万円

小学校

公立小学校:192万円
私立小学校:959万円

中学校

公立中学校:146万円
私立中学校:422万円

高校

公立高校:137万円
私立高校:290万円

大学

公立大学:242万円
私立大学(文系):400万円
私立大学(理系):543万円

ということで、すべて公立の学校に通った場合と全て私立に通った場合を比べてみると、

教育費

オール公立:782万円
オール私立(文系):2229万円
オール私立(理系):2372万円

となります。

オール公立とオール私立との教育費を比較すると、その差は1447万~1590万円と、かかる費用におよそ3倍程度の差が出てきます。

養育費が1640万円なので、ここに教育費を加えると、

子育て費用トータル

オール公立:2422万円
オール私立(文系):3869万円
オール私立(理系):4012万円

となるわけで、子供を育てるのにかかる費用が1人3000万円というのもまんざらでたらめな数字ではなさそうです。

子育てはどのタイミングでお金がかかる?

子供を育てるにあたって、当然ですが、22年間の間に均等に毎年お金がかかるわけではありません。

上の養育費と教育費の内訳を見てもらったのでもうおわかりかと思いますが、最もお金がかかるタイミングとは教育費にお金がかかる時期です。

私立はそもそもお金がかかるので、ここでは一旦置いておくとすると、中学生くらいから年間で掛かる教育費が上がってきます。

加えて育ち盛りになってくるため、食費も増えますし、行動力もアップするため、おこづかいや被服費・美容費、レジャー費などもぐんと増えてきます。

教育費の項目には入れていませんが、塾費も中学生くらいからかかってきます。

なので、中学高校大学の10年間は、家計がかなり厳しい時期だと思い覚悟をしておいてください。

まとめ

ざっくりと子供を育てるうえでかかる費用と、お金が最もかかるタイミングについてご紹介しました。

お住いの地域によっては、養育費や教育費に対して支援制度がもう置けられている場合もあります。子言った制度は上手に活用したいところです。ただ実際には、ここに含まれない費用も色々とかかります。

ただ、子供が小学生くらいまでの間は、あまりお金はかかりませんので、この間に貯金をするようにしたいところです。

そのためにも、子供が小さいうちから、生活レベルはあまり上げないほうが良いと思います。一旦上げた生活レベルは下げるのが大変ですからね。なるべく倹約しながら、中高大学の10年間を乗り切るよう計画を立ててください。

大学進学に関しては、私立に進学する可能性が一般的にも高いので、せめて高校までは公立の学校に進学するようにすれば、教育費をだいぶ抑えられると思います。

大変ですけど、楽しさもあるのが子育てです。お互いに、頑張りましょう!

参考になったらシェアしてくださいね!