価格高騰!お買い得なポルシェのモデルはどれ?今なら買える・今しか買えないポルシェとは

ここ数年のあいだに、急激に旧車の価格が高騰しています。特に旧いポルシェの値上がりは、目を見張るものがあります。ではいったい、いま現在でお買い得なポルシェのモデルはあるのでしょうか。あるとしたらどれ?今なら変える・今しか買えないポルシェについて、ご紹介しましょう。

旧いポルシェの価格が高騰!

旧いポルシェがここ数年で高騰しました。一時は200万円台でスーパーカー時代のポルシェ911が買えたのに、もはや1000万以下では買えない状態に。

感覚としては、一時の4倍くらいに跳ね上がっている感じですかね。

株価のように、いつかまた値下がりしてくれれば良いのですが、株と違って旧い車はどんどん減っていくので、値下がりすることはないでしょうね。

アンティークとなり得るものの値段はまるでレ点チェックのマークのように、新品時からある時期までは値下がりしますが、ある時を境に上昇し、そのうち販売時の定価すら超えていきます。

まさに空冷ポルシェがそんな感じで、ついに新車価格を超えてきました。

いつかは空冷ポルシェを!と思って夢見てきましたが、どんどんと夢が遠ざかっていきます…。

ポルシェにかかわらず、旧車や旧い時計、旧い楽器など、ビンテージと呼ばれる領域のものが、どんどんと高くなっています。

広告

ポルシェ911でも歴代モデルにより中古価格に雲泥の差がある

憧れの空冷ポルシェは手の届かない存在になりつつあります。

そして、最新型のポルシェなど、端から買えるわけがありません。

ここでおさらいですが、ポルシェの911というのは、いわば車名であって、モデルチェンジすると変わるいわゆる型式がタイプ930とかタイプ997といったものになります。

ちなみに、若番が旧い型式かというとそうでもありません。途中まではそうでしたが、あるときから変になってきました(笑)。

古い順から並べると、

901
930
964
993
996
997
991
992

となっています。

つまり、今の最新式の911はタイプ992になります。

そして、901から993までが空冷時代のポルシェで、現在もっとも高騰しています。

ポルシェ911はタイプ996から水冷になりました。ここがポルシェ好きの中でも、好みが分かれるポイントです。

どの時代のポルシェも好きという人がいる反面、空冷時代の旧いポルシェしか興味がないという人もいます。

いま狙い目のポルシェ911はどのタイプ?

先程紹介したように、物の価値はレ点チェックのマークのような動きをします。

もちろんポルシェ911も例外ではありません。

言うならば、空冷ポルシェは数年前にレ点の最下点を過ぎ、上昇モードに入って、現在は起点(新車時)よりも高い位置に来たわけですが、現在が最下点であろうというものもあります。

それがタイプ996です。

タイプ996は1997年から2004年まで作られたモデルで、この996から水冷エンジンになりました。

今からおよそ26年前にデビューし、最終モデルでも20年が経過しています。

このタイプ996だと、230万円くらいから販売されており、ターボやGT34を除けば、走行距離の少なバリモノ996でマックス750万円くらい。

なので、大体350万~400万円くらい出せば、そこそこ程度の良い996が買えそうです。

350万でポルシェ911のオーナーになれるなんていいですよね!これなら頑張れば、なんとかなりそう?

ちなみに、タイプ996は前期型と後期型とでヘッドライトの形状等が異なりますが、個人的におすすめは後期型です。

広告

ボクスターやカイエンにも狙い目のタイプあり!

ポルシェ911はポルシェを代表するモデルだけに、安くなってもある程度の下限値がありますが、2シータのスポーツモデルであるボクスターやSUVタイプのカイエンなどは、もっと安いものがあります。

ボクスターの方は初代の986型(1996年-2004年)が手頃価格となっており、130万円くらいから入手することができます。

カイエンも初代の955/957型(2002年-2010年)はかなり安くなっており、100万円くらいから販売されています。

ただ、ボクスターはまだしも、カイエンは将来的に価値が出て再び値が上がりそうかというと、ちょっと希望が薄いです。

ボクスターの方はひょっとしたら、ユーノスロードスターの初期型(NA)の値が上がったように、今後価値が出てくるかもしれませんね。

ただ、ボクスターもカイエンも、もとは超高級車ですから、壊れたときの修理費はそれなりに掛かるので、その点だけは覚悟してくださいね(笑)。

まとめ

「以前はこの価格で買えたのにー!」なんて言っていたら、もう何も買えません。

それでも欲しければ、がんばって買うしかありません。もしくは諦めて別の車を買うとかね。

いつまでも手に入るモノなんて、実はないのかもしれませんね…。

参考になったらシェアしてくださいね!