生キクラゲのカロリーの話しからキクラゲはクラゲの一種ではないという展開に

きくらげ トッピング

世の中知らないことの方が多いわけですが、ちょっとした勘違いを責める人って、実はコンプレックスの裏返しだったりします。

そんなことも知らないの?
それって常識じゃん!

常識についてすら説明したことないクセに、どの口が言うとんじゃと思ったりもするわけですけど、ともかく、そのようなことを口にする人ほど、物知りではないことは伺えます。

能ある鷹は爪を隠す・・・。

最近の人は忘れてないかい?

さて先日、キクラゲの話しになったので、その状況なんぞを綴ってみたいと思います。

キクラゲってクラゲ?

個人的にはラーメンのトッピングの印象が強いキクラゲですけど、コリコリしていて歯ごたえは十分です。

美味しいかと言われれば、正直、微妙ですけどね・・・(汗)

好きな食べ物で「キクラゲ」を挙げる人は、相当に珍しいはずです。

人生では聞いたことはありません。

キクラゲはクラゲの仲間だと思っている子どもは多いようですが、立派なキノコの一種ということは、大人ならご存知のはず。

原生しているところを見る機会ってあまりないですし、キクラゲも買ったことないですから、キノコだという認識は持ちにくいのは確かでしょう。

製品化されている状態をみれば、クラゲの端っことも見えなくはないですしね。

広告

生キクラゲのカロリー

そもそもカロリーはあるのかという話しになって調べてみたわけですが、「あらげきくらげ」の生だと、なんと100gでたったの14kcal!!

乾燥したものでも184kcalという、まさにダイエットしたい人にはたまらない数字です。

出典:文部科学省『日本食品標準成分表2020年版』

食用クラゲ

一応、クラゲについても調べました。

特に食用になっているクラゲについては、くらげ普及協会(何にでも協会あるな・・・)によると6種類あります。

  1. キャノンボールクラゲ
  2. ビゼンクラゲ
  3. ヒゼンクラゲ
  4. エチゼンクラゲ
  5. ホワイトクラゲ
  6. チラチャップクラゲ

知っている名前はエチゼンクラゲです。

めっちゃ大量発生して、漁師がしかけた網にごっそり引っかかっているシーンが強烈な結構デカイ種類のクラゲですよ。

中華の前菜に使われてるらしいです。

興味があるのはキャノンボールクラゲ。

我々の世代(70’s)でキャノンボールと言えば、大陸横断のスピードラリーの映画です。

ワイルド・スピードの祖先と言えば良いのか、否、チキチキマシン猛レースに近いような、ともかくキャストが豪華で、何も考えずに楽しめる映画でした。

1981年の公開ですがレビュー件数は2,500以上で星4つです。

広告

まとめ

「生キクラゲのカロリーの話しからキクラゲはクラゲの一種ではないという展開に」というテーマで、キクラゲのカロリーについて調べたことを書きました。

確かにダイエット食品としては良さげですが、何しろレシピをあまり知りません(汗)

調べると出てくるのでしょうけど・・・。

ちなみにクラゲが6種類も食用として流通しているとは知りませんでした。

キャノンボールという言葉が出てきただけでテンション上がる人は、間違いなく70’sだと推測します。

参考

食品成分データベース | 文部科学省

Amazon.co.jp: キャノンボール (字幕版)を観る | Prime Video

 

参考になったらシェアしてくださいね!