くせ毛でも似合うボブで可愛く変身!その他の似合うスタイルやくせ毛の直し方について

くせ毛でも似合うボブはありますよ。逆にストレートへあの人にはできない、くせ毛を生かしたボブスタイルを積極的に楽しみましょう。そのためにはしっかりとイメージを描いておくことと、美容院選びがとても大事です。

くせ毛でも似合うボブの画像

自分はくせ毛だけど、ボブスタイルにしたい。

でも、似合うかな。失敗したらどうしよう…。

そんなことを思いながら、なかなか行動に移せず悩んでいませんか?

くせ毛でも似合うボブスタイルはあります。

それは「ゆるふわボブ」スタイルです。

くせ毛でも似合うゆるふわボブの画像

くせ毛が中途半端の場合、あえてパーマをかけ、スタイリングしやすいゆるふわボブスタイルを作ることもできます。

まずは、くせ毛でも似合うボブの画像を見てく研究してみてください。

お気に入りが見つかったら、その画像を持って美容院で相談してみるといいと思いますよ。

広告

くせ毛を活かした髪型

くせ毛の人はストレートヘアーに憧れる人が多いですよね。私もそうでした。

でもストレートの人って、くせ毛の人に憧れる人も意外と多いんです。私も憧れられました(笑)。

人ってないものねだりなんです。

ストレートの人は、くせ毛のようなナチュラルなウェーブが出しにくんです。

最近はやりのニュアンスパーマというものがあります。

自然な感じにウェーブが出て、無造作にスタイリングするヘアスタイルです。

ニュアンスパーマの画像

このニュアンスパーマに憧れる人って結構多いようです。

なんといってもスタイリングが楽だし、あまり気張らないし全体のオシャレが演出できるのもいいです。

何を着ても似合いますし。

くせ毛の人はこのニュアンスパーマをナチュラルに演出できる要素を持っています。

最近の私は、まさにそんな感じのスタイルにしています。

カットの仕方により、くせ毛のボリューム感をコントロールし、スタイリングで無造作にセットします。

めっちゃ楽だし、おすすめです。

くせによっては少しパーマをかけてコントロールすると良いようです。

気になる方は、美容院で相談してみてください。

ちょっとおしゃれ目の美容院に行った方が、イメージが伝わり可愛くしてもらえると思いますよ。

くせ毛を治す方法

くせ毛にもいろいろありますが、もう少し癖を減らしたいという人もいるかもしれませんね。

そんなくせ毛を治す方法について。

まず、強制的にくせ毛をまっすぐにするストレートパーマや縮毛矯正というものがありますが、個人的にはあまりお勧めしません。

というのも、凄く髪に負荷がかかり痛むからです。

また、ストレートパーマや縮毛矯正はある程度くせが強い人は有効ですが、ゆるいくせ毛の人はあまり効果がないように思います。

なので、ここでは自分でくせ毛を治す方法を紹介します。

まず、くせ毛は毛穴部分が汚れて詰まったりしていると、余計にうねった髪が生えてきたりします。

なので、シャンプーでしっかり頭皮を洗い、毛穴をきれいにしましょう。

シャンプーは髪の毛を洗うものではありません。頭皮を洗うものです。

植物で言うなれば、土の状態を良くすることで健やかな髪が育ちます。

つづいて、トリートメント。

トリートメントは、逆に地肌には余りつけず、髪の毛に使います。

地肌についたトリートメントはしっかり洗い流してください。そうしないと頭皮の状態が悪くなり、髪の毛の発育が逆に悪くなります。

また、背中やデコルテ、顔などについたトリートメントはしっかりと流し落とさないと、ニキビや吹き出物の原因となるので注意してください。

髪を乾かすときですが、タオルドライは優しくしましょう。ゴシゴシタオルでこすると髪が傷みます。

髪は濡れているときが一番痛みやすいです。濡れている髪をブラッシングする場合も優しく行ってください。

ドライヤーはたっぷりの風で乾きにくい後頭部あたりから乾かし始め、次に頭皮近くから順に毛先へと乾かし、最後にはしっかりと全体が乾くようにしましょう。

ドライヤーで乾かす際も、あまりブラッシングはしない方がいいです。髪が傷みます。手櫛で充分だと思います。

髪が傷むということは、キューティクルが剥がれますので、髪の断面が新円でなくなるということ。

そうなると髪の毛はうねりを増します。

しっかりと髪を乾かしてから寝ると、意外と朝も寝ぐせは付かないものです。

意識して神をしっかりと乾かすようにしてみてください。

広告

まとめ

若い頃は特にくせ毛で悩みがちですが、歳を重ねていくことにあまり気にならなくなります。

むしろ少しくらいくせがあった方が、セッティングが楽でいいなと思うくらいです(笑)。

でも、どうしても人はないものねだりなので、くせ毛の人はサラサラのストレートヘアーに憧れるもの。

だったら一度、ストレートパーマや縮毛矯正などで、ストレートヘアーを体験してみることもアリです。

そうすることで、自分の中で気が済みます。

その際は、ストレートパーマや縮毛矯正をきちんと行っている美容院を選んで、失敗のないようにしましょう。

意外と美容院選びは大事ですよ。

参考になったらシェアしてくださいね!