年賀状じまいのテンプレートを無料で公開!挨拶文章の書き方や例文と対応方法も

 

年賀状じまいの実情

年賀状をそろそろ止めようか。そう思った方も多いハズ。

年賀状は一年のはじめの挨拶として長年親しまれてきました。しかし、昨今は形式的な挨拶よりも、実際に会う方への直接的な挨拶や、親しい中であればメールやSNSでのあいさつが多くなってきています。これは年令問わずこの傾向が強くなってきています。

毎年、年賀状の絵柄を決めて印刷し、それぞれの宛先を書きながら一言添える。年賀状だけの関係の人にも一言添えるのは、「何を書いて良いのやら」な状態になることも。

そこで、そろそろ年賀状をやめて、付き合いのある人とは「SNSやメールでのあいさつで済ませたい。」と、思う方も多くなってきたところです。

 

広告

書き方と伝え方

しかし、年賀状を止めようにも相手もあることから、こちらから急に送らなくなるのも変だし、相手からもらっておいて返事しないなんて・・・。と心苦しさもあり、ホンネでは止めたいけど、実際問題なかなか止められない!という方も多いでしょう。

そこで、次回の年賀状で、「今回で年賀状は最後」ということを、あらかじめ伝えておくと言う方法があります。私からの年賀状は最後になるとの予告です。でも、実際に書いてみると、どうもシックリこないことが多いのではないでしょうか。もう送らないと書くと冷たく思われないか?相手に嫌な思いをさせてしまわないか?など気になりますよね。

年賀状じまいで、最大の問題が相手に対しての伝え方です。縁を切りたくて年賀状を終えるのではないことを伝えないといけません。しかし、どこかで疎遠の年賀状だけの人ともこの機会に終えておきたいという思いが少なからずあるでしょう。その両方を兼ね備えて、かつ相手に不快にさせないように清々しい文章にしたい!

 

年賀状じまいの無料テンプレートが欲しい

そんな時、年賀状じまいのテンプレートでもあれば便利だなと思いませんか。人によっていろいろな状況やパターンもあるとは思いますが、基本の形や参考になる挨拶文が判れば、それなりに書けそうかなと思いましたので、いつくかテンプレートを紹介したいと思います。

 

広告

年賀状じまいを伝える挨拶文章と例文

タイプ別のテンプレートです。前後に新年のあいさつと、相手を敬う言葉をつけてください。誰にでも同じように年賀状じまいをしている印象になるように印刷で書いておくと良いでしょう。相手に自分だけと思われてしまっては、よくありませんからね。

年齢を理由に辞退することを伝える(60代~)

ポイント!:年齢による衰えもあって、年賀状を作るのが辛くなってきていることを伝えます。そのうえで、今年で最後にすることを伝えましょう。

・私も寄る年波を感じるに至り、筆をとるのが難しくなってまいりましたので、誠に勝手ながら、今年をもちまして新年のご挨拶状を、ご遠慮させていただきます。

・私も齢六十五と高齢になりましたため、文字の読み書きもつらくなりました。誠に勝手ながら、(どなた様にも)今後、年頭のご挨拶状を失礼させて頂きます。

・私も高齢になり、毎年の年賀状をしたためることも難しくなってまいりました。誠に勝手ながら本年をもちまして、年始のご挨拶をご遠慮させていただきます。

・私もよる年波には勝てず、手足の衰えも感じており、文字の読み書きもつらくなりました。誠に勝手ながら、本年をもちまして年始のご挨拶を失礼いたします。

特に理由はないが辞退することを伝える(~40代~)

ポイント!:時代の流れが年賀状からネットに変わってきていることを伝え、そのうえで、今年で最後にすることを伝えましょう。

・時代の移り変わりもあり、誠に勝手ながら、(どなた様にも)今後、年頭のご挨拶状を失礼させて頂きます。

・アナログからデジタルの時代に移り変わってきたこともあり、誠に勝手ながら、(どなた様にも)皆様へのご挨拶状も今年限りで失礼させていただきます。

・何かと雑事に追われ、年賀状の準備が難しくなってまいりました。誠に勝手ながら、(どなた様にも)今後、年賀状でのご挨拶を失礼させていただきます。

年賀状は辞退するが、別の方法で年始のあいさつをすることを伝える

これは、上記の文面の後に付け加えていただくか、一部の人だけであれば、手書きで添えてあげる形がいいでしょう。

・今後は、電話やメールでご挨拶させていただければ幸いです。

・今後も、メールや電話にてお付き合いいただけましたら幸いです。

・今後は、LINE(SNSなど)でやり取りさせていただければと思っております。

・今後は、ごあいさつをメールやお電話でさせていただければと思います。

 

年賀状じまいをもらったときの対応方法

自分から送る側ではなく、年賀状じまいすることを、相手からいただいた場合は、少し寂しさを感じるかもしれません。しかし、時代の流れも受け入れていく寛容さも必要です。決して自分だけが断られたなどとは想像せずに、相手を思いやってあげましょう。

相手から、あいさつの方法をメールやLINEなどのSNSに変更しようという提案があれば、そちらに切り替えてあげましょう。あくまでも相手の提案ですから、別の方法ではあいさつをしたくない場合はしなくてもよいです。しかし、自分が送るのは自由だと年賀状を送り続けるのは、相手に対して失礼に当たりますので、止めておきましょう。

 

まとめ

年賀状じまいは時代の流れもあって、今後も加速していくでしょう。

止める理由を伝えてから、年賀状じまいすることを相手に伝えましょう。このあたりはハッキリしておかないと、相手が汲み取ってくれなければ、また来年も年賀状が届いてしまうかもしれません。

年賀状以外のあいさつ方法を提案してあげれば、相手も続けるのかこれを機に止めるのかを選択しやすくなります。別の方法を提案した場合は、連絡が取れるようにメールアドレスなどは書いておきましょう。

相手から年賀状じまいのあいさつ文が届いたら、素直に受け入れてあげましょう。これも時代の流れです。

参考になったらシェアしてくださいね!