奈緒もハマった知育菓子!大人向けなら「ポッピンクッキン」シリーズでキマり

女優の奈緒さんもハマったという知育菓子。子供だけでなく、大人向けでも通用するほど難しい「ポッピンクッキン」シリーズなど、種類はさまざま。巣ごもりアイテムとして、親子で知育菓子を楽しむなんていうのもアリなのでは?

知育菓子にハマった女優の奈緒さん

女優の奈緒さんといえば、ドラマ『あなたの番です』にて、怪演っぷりが話題となった女優さん。

そんな奈緒さんは、ねるねるねるねをはじめとした「知育菓子」にハマっているそうです。

おままごとのようでいて、実際に作って食べれる知育菓子は、女の子にとっとえはある種憧れだと思います。

意外と値段もしますので、なかなか子供がお小遣いでいくつも買うというわけにもいきません。

「子供時代に憧れていた」という女性も多いようですが、奈緒さんもそんな思いを子供の頃に抱いていた一人なのでしょうかね。

広告

知育菓子とは

知育菓子といったら、代表的なのは「ねるねるねるね」でしょう。

ねるねるねるねは、1986年にクラシエフーズから発売されました。

現在の知育菓子と比べると、とてもシンプルではありますが、未だにとても人気があります。

知育菓子は「作るお菓子」の総称として一般的に呼ばれていますが、クラシエフーズの登録商標です。

そのシェアも「作るお菓子」のおよそ9割がクラシエフーズの知育菓子が占めています。

知育菓子には合成着色料や保存料を一切使用されておらず、また指定添加物(合成添加物)も使わずに、ほとんどを天然由来の既存添加物で作られています。

作る過程で色の変化が楽しめるのも知育菓子の特徴のひとつですが、この変化はリトマス試験紙の原理と同じ中性からアルカリ性へ、アルカリ性から酸性への変化を利用したもの。

膨らむ原理には、重曹などを利用して炭酸ガスが発生させ、炭酸ガスを卵白との作用でなめらかなクリーム状の泡が作られるなど、子供の好奇心を挽く工夫がされています。

奈緒さんのハマった知育菓子の紹介

奈緒さんがハマった知育菓子として、以前テレビで紹介していた商品があります。

それがこちらです。

  • ねるねるねるね
  • ポッピンクッキンスイーツパーティー
  • ポッピンクッキン ハンバーガー
  • どどっとつぶぴょん
  • ポッピンクッキン くるくるたこやき
  • カラフルピース きらぷるゼリードーム

「ねるねるねるね」から始まり、作るのがなかなか難しい「ポッピンクッキン」シリーズまでありますね。

「どどっとつぶぴょん」は、「ふしぎはっけん」シリーズです。

「ふしぎはっけん」シリーズは、どこか科学実験のような要素を持っており、男の子も楽しめる知育菓子です。

「ポッピンクッキン」シリーズは、知育菓子の中でも上級者向けです。

お寿司やたこ焼き、ケーキやパフェなど、本物そっくりなお菓子を作ることができます。

大人が作っても充分楽しいので、奈緒さんがハマるのもうなずけます。

行程が多いので、小さいお子さんはお母さんと一緒に作るなどして、親子で楽しむといいでしょう。

こういった知育菓子を通して、お菓子作りに目覚め、いずれはパティシエを目指す子供が出てくるのかもしれませんね。

広告

女優の奈緒さんについて

最後に、奈緒さんのプロフィールをご紹介します。

奈緒 プロフィール
生年月日:1995年2月10日(26歳)※2021年5月27日現在
出身地:福岡県福岡市
身長:157センチ
血液型:A型
所属事務所:アービング
公式サイト:https://irving.co.jp/talents/nao/

主な作品

テレビドラマ
『半分、青い。』
『あなたの番です』
『やめるときも、すこやかなるときも』
『竜の道 二つの顔の復讐者』
『姉ちゃんの恋人』

映画
『ハルカの陶』
『事故物件 恐い間取り』
『みをつくし料理帖』

受賞歴
第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『あなたの番です』)
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020 ニューウェーブアワード

まとめ

知育菓子、実は子供とけっこうな数をやりました。

はじめは「ねるねるねるね」でした。これ結構おいしいんですよ(笑)。

だんだん難しいものに挑戦していきましたが、説明書を理解しながら子供たちが作っていくさまは、なかなかの成長っぷりが見られて楽しかったです。

実際、知育菓子の中にはかなり難しいのもあって、上手くできずに泣き出すこともしばしば(笑)。

甘いお菓子がちょっぴり涙でしょっぱくなったのも、今ではいい思い出かな?

久しぶりにまた、みんなでチャレンジしてみたくなりました。

参考になったらシェアしてくださいね!