【後編】要約『お金の教科書 13歳からの億万長者入門』起業、貯蓄のコツ、複利の力、投資について

『13歳からの億万長者 1万円を1億円にする「お金の教科書」』の要約、【後編】です。はじめての起業から、貯蓄のコツ、複利の力のすごさ、投資というものについて、億万長者になるために気をつけたいことなど、1つずつ説明していきます。【前編】を読んでいない方は、そちらを先にお読みください。

【前編】要約『お金の教科書 13歳からの億万長者入門』億万長者マインドセット、お金を手に入れる、仕事の見つけ方

13歳からの起業入門

起業する6つの理由は、

  • 企業は楽しい
  • 大金を稼げる
  • 子供の時こそなんにでも挑戦できる
  • 上司がいない
  • 大失敗できる
  • カッコいい

起業するには、事業計画(ビジネスプラン)が欠かせません。

事業計画の前に必要な4ステップ

ステップ1 すんごいアイデア

ちょっと違うもの
人が欲しがるもの
ワクワクするもの
実行できること

ステップ2 マーケティングにこだわる

プロダクト
プライス
プレイス
プロモーション

ステップ3 アイデアでお金を儲ける

ビジネスと個人の口座は分けましょう。

ステップ4 商売をスタートする

ビジネスは小さく始めること。
収支の帳簿をつけましょう。

最高のアイデアも、所詮はただのアイデア。実行あるのみです。

努力と粘り強さが大事になります。

広告

貯めて、貯めて、貯めまくれ!

「必要なもの」と「ほしいもの」の違いを知り、入ってくるお金より出ていくお金の方を常に少なくします。

無駄遣いを徹底的に減らして、お金をは極力使わず貯金します。

お金が入ったときは、PYF(Pay Yourself First)作戦を取ろう。PYFとは、まず自分に支払い、残りでやりくりするというものです。

PYFで自分に支払うお金は、貯蓄専用口座に貯金していきます。

複利は宇宙最強の力

あのアインシュタインが「複利は人類最大の発明」と言ったとか。それほど複利の力はすごいということを、忘れないでください。

複利を利用するとお金がお金を生み出す仕組みが作れ、お金が増えれば増えるほど、生み出すお金もどんどんと大きくなります。

広告

投資という名の冒険に出る

お金が貯まってきたら、リターンの高い投資に回しましょう。ただし全部ではなく、お金の一部だけを投資すること。

投資の種類には、

  • 譲渡性預金(CD)
  • 株式
  • 債権
  • 不動産
  • 企業
  • コモディティ
  • アートやアンティーク

などがあります。

どんな投資にもリスクはあるので、自分でよく調査して、損をしても構わない金額を投資するようにしましょう。

そして、投資リスクは分散が基本です。

億万長者になるために

億万長者になるためには、次のことに気をつけましょう。

  • 入ってきたお金以上に使わない
  • 借金を重ねない
  • 計画と目標を認定する
  • ギャンブルに手を出さない
  • 詐欺に引っかからないようにする

まとめ

お金(投資)は長く寝かせるほど、大きく育ちます。そしてお金を増やすことは、いつ始めても遅すぎることはありません。思い立った日が、始め時です。

お金について学べば学ぶほど、増えていきます。困ったら専門家に相談をしてみましょう。

でも、1億円貯まったからって、見せびらかしてはいけません。目立たないよう気を付け、静かに素晴らしい人生を楽しんでください。

人生100年時代。時間と複利を味方につけて、お金を増やしていきましょう!

参考になったらシェアしてくださいね!