管理栄養士の 専門学校 福岡や北海道・大阪ほか、全国管理栄養士養成校(専門学校)リスト

管理栄養士の資格を取得するにはどうすればよいのでしょう。専門学校に通うことで可能なのか、実務経験は必要かなどについて調べてみました。福岡や北海道・大阪など、全国管理栄養士養成校(専門学校)リストも掲載しています。

管理栄養士の仕事と給料

管理栄養士の仕事は、栄養士の仕事に加え、より高度な専門知識を必要とする栄養士としての仕事を行う職業で、国家資格が必要となります。

病院での栄養指導や特別な配慮が必要となる給食での指導なども管理栄養士のしごとで、主に病院や保健所、高齢者施設、食品メーカーなどが勤務先となります。

平均給料は30万円くらい。生涯賃金も2億を超えます。

国家資格が必要な仕事なので、子育てで一時仕事から離れる女性にとっても、好条件での再就職がしやすい仕事と言えるでしょう。

広告

管理栄養士の資格を取るには

管理栄養士の資格を取得するには、まず栄養士の資格が必要です。

栄養士も国家資格ですが、試験を受けて取得する資格ではなく、厚生労働省が指定した昼間部の栄養士養成施設(大学、短大、専門学校)を卒業することで資格を得ます。

さらに管理栄養士資格を取得するには、管理栄養士養成校の卒業や栄養士としての実務経験が必要となり、そのうえで国家試験に合格する必要があります。

管理栄養士養受験における実務経験として、認められている必要な実務経験と年数の関係は次のようになります。

必要な実務経験年数

  • 2年制の栄養士養成施設を卒業後、3年以上の実務
  • 3年制の栄養士養成施設を卒業後、2年以上の実務
  • 4年制の栄養士養成施設を卒業後、1年以上の実務

受験科目は、

  • 社会・環境と健康
  • 応用栄養学
  • 公衆栄養学
  • 食べ物と健康
  • 栄養教育論
  • 給食経営管理論
  • 基礎栄養学
  • 臨床栄養学
  • 人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

と、多岐にわたる豊富な知識を必要とします。

管理栄養士になるための専門学校・大学について

また、4年制の管理栄養士養成校や大学の管理栄養士養成課程を卒業した(卒業見込み)場合は、実務経験なしで管理栄養士養の受験資格を得ることができます。

初めから管理栄養士を目指すなら、こうした学校へ入学することが管理栄養士資格取得の早道となります。

広告

全国の管理栄養士養成校(専門学校)一覧

将来、管理栄養士を目指すなら、管理栄養士養成課程のある大学か管理栄養士養成校(専門学校)への進学を考えるといいでしょう。

実務経験がなくても、卒業と同時に管理栄養士の受験資格が取得できます。

全国の管理栄養士養成校(専門学校)一覧

東京
東京栄養食糧専門学校 栄養専門課程管理栄養士科
華学園栄養専門学校 管理栄養士科
二葉栄養専門学校 栄養専門課程管理栄養士学科

茨城
晃陽看護栄養専門学校 管理栄養士学科

新潟
北里大学保健衛生専門学院 栄養専門課程管理栄養科
北陸食育フードカレッジ 管理栄養士学科

大阪
大手前栄養学院専門学校 衛生専門課程管理栄養学科

京都
京都栄養医療専門学校 管理栄養士科

大阪には管理栄養士養成校の専門学校はありますが、意外にも福岡や北海道にはありません。

全国でも専門学校となると少ないようですが、管理栄養士養成校の大学はおよそ140校程度ありますので、神学の際は大学受験を目指す方が選択肢は広がりそうです。

まとめ

更新の必要のない国家資格などは、再就職時にとても有利です。

特に子育て期間に離職する女性は、管理栄養士などの資格を所有していると、再度仕事に就く際にとても有利となり、資格取得した過去の自分に感謝することと思います。

さまざまな職場で必要とされる職業でもありますし、その知識は家族の健康などにも活かすことができるので、とても意義のある資格だと思います。

ぜひ管理栄養士の資格取得を目指して頑張ってください。

参考になったらシェアしてくださいね!