サウナ用帽子サウナハットの効果とは?蒸れすぎてハゲたりしない素材と選び方!

サウナ

サウナ用の帽子って知ってました?

サウナハットと言うものなんですが、まあ、サウナに入るときに被るという当たり前すぎる使い方をします。

しかし目的がわかりません。

サウナに入るときのイメージは、腰に白いバスタオル一枚まくだけですよね、男性の場合は。
女性は脇の下から巻いてると思います。

ということでサウナハットについてチェックしてみました。
蒸れすぎてハゲないか心配です。

サウナ用の帽子で期待できる効果

サウナ発祥の地であるフィンランドは、確か全裸で混浴がサウナの常識だったと思います。

ある意味、おおらかと言いますか、日本人だったら「ありえない」混浴ですけれども、全裸でもサウナハットは着用するのかを考えたら、不謹慎ではありますがシュールな絵が浮かんでしまいます。

そもそもサウナで帽子を被る効果は何なのか、調べてみると、このような情報を得ることができます。

  • 髪を熱から守る
  • 頭皮を熱から守る
  • 顔の火照りや乾燥を防ぐ

ほぼ、この3点に集約されます。

広告

髪と頭皮の傷みを防ぐ

サウナは100度前後の室内温度であり、当然、髪にもダメージはあるでしょう。
ドライヤー同様、熱い空気に触れているわけです。

ドライヤーは髪を痛めると言われているのに、同じように熱い空気に触れるサウナでは、髪にダメージが無いなんて理屈は通りませんよね。

頭皮も同様です。

ゆえに頭皮と髪を熱さから守ってくれるというわけです。

顔の火照りと乾燥を防ぐ

サウナで帽子を被ることで、頭への熱を防ぐことができるので、顔の火照りと乾燥を減少させることができます。

女性は特に顔の乾燥は大敵ですから、必要以上に乾燥させてはいけないはず。
だからサウナハットじゃなくてもタオルを巻くだけでも効果はあります。

広告

サウナ用帽子の素材と選び方

サウナハットはタオルで代用することもできますが、あまりオシャレじゃないと思うなら、サウナハットを手に入れるしかありません。

サウナハットの素材は、フェルトとリネンに大別されます。
それらの素材があまり好きではない場合は、タオル生地やホリエステルなどもあります。

おすすめはリネンです。

折りたためて持ち運べる、洗濯機で丸洗いできる、安く手に入るといったメリットがあります。
ただ、熱に比較的弱いですし、デザインも凝ったものがないというデメリットはありますが、効果優先ならばリネンです。

手芸が得意なら自分で作るという手もありますよね。

サウナハット通販が便利です。
いろいろな種類が出てきますので、ゆっくりむ選びたいときはおすすめです。

というか店舗で見つける方が難しいかもしれません。

まとめ

サウナ用帽子サウナハットの効果について調べてみました。

蒸れすぎてハゲたりしない素材で作られているようなので安心ですね。

髪へのダメージ、顔の乾燥と火照りが気になるのなら、サウナハットは必須です。

参考になったらシェアしてくださいね!