防犯カメラの屋外取り付け方法や設置の工事費用をチェック!家庭用防犯カメラは必需品

防犯カメラ

あおり運転対策でドライブレコーダーの搭載が標準化しつつある令和時代ですが、次は自宅や自分自身の防犯が、よりクローズアップされると睨んでいます。

一戸建てや分譲マンションなどでは防犯カメラを屋外に設置しているケースはありますが、賃貸アパートではほとんど見かけません。
せいぜいカラー映像の玄関インターホンが、防犯に役立つかなという程度です。

賃貸アパート住まいの人は、基本的に自由に防犯カメラを屋外に設置することはできないはずです。
心細いと思ったら管理会社へ進言するしかないでしょう。

それでもオーナーが了承しなければ、建物屋外への防犯カメラの設置は実現しないのではないでしょうか。

 

仮に取り付け場所が制限があるも自費で防犯カメラの設置が認められた場合や、田舎の実家や田畑に防犯カメラを取り付けたいとした場合、設置の工事費用や取り付け方などが気になると思います。

そこで防犯カメラを屋外に設置する際の取り付け方や工事費用について、情報共有したいと思います。

家庭用防犯カメラ屋外取り付け前の基礎知識

防犯カメラを屋外に設置する場合、まず、適切な機種を選ぶ必要があります。
もちろん価格も気になります。

まず形状ですが「ドーム型」と「ボックス型」があります。
ドーム型は半円形、ボックス型は一目でカメラだとわかるアノ形状です。

設置場所は屋外ですから、風雨にされされますので耐候性のある機種が望ましいです。
防水、防塵の性能が高ければ良いですが、価格が高くなるため、屋内用防犯カメラを、あえて屋外に使用するケースもむあります。

その際は、風雨をしのげる場所を確保しましょう。
電源の確保も忘れないようにしたいものです。

 

防犯カメラはモニターや録画機器と接続して使用されるのが一般的です。
有線での接続やWi-Fiを利用します。

設置台数に関しては、少なくしたい場合は撮影角度の広いドーム型がおすすめです。
防犯カメラの台数が増えるとモニターや録画機器も増やすことになるので、まず、1台から効果確認していくことが必要になるでしょう。

画質が良く夜間撮影にも対応し、音声もキャッチできるものだと心強いですが、目的に応じて防犯カメラの機能は選ぶようにすると、費用面でも合理的になります。

広告

防犯カメラの屋外への取り付け方

防犯カメラを屋外に取り付ける場合、壁面の材質によって、固定方法を変えなければなりません。

一戸建ての壁面には、

  • サイディング
  • トタン
  • コンクリート
  • ACL

などが採用されます。

下穴を空けてネジ固定しますが、固定が緩くなる場合は、その奥にある、間柱や胴縁、構造合板などの位置を確認してアンカーを打ち込んでネジ止めします。
そのほか、軒天やカーポートの支柱なども取り付け場所として多いですが、もしDIYが無理だと判断したら、工事業者に依頼するほうが確実です。

工事は防犯カメラの取り付けだけでなく、屋内配線工事もありますから、全て自分でやってしまうのは難しい面があるかもしれません。

防犯カメラを設置業者に取り付け依頼する場合の設置費用相場

個人の一戸建てに防犯カメラを設置する場合の工事費用は、安い業者では工事費とのセットで5万円ぐらいで引き受けてくれます。
ただし防犯カメラの機能は、普通レベルが選ばれるため、何ができるのかをしっかりとヒアリングしてください。

防犯カメラは設置だけではなく、定期的に保守点検やメンテナンスも必要になります。
アフターサービスの料金体系も無視できません。

平均的な相場は工事費込みで10万円前後と考えておきましょう。

広告

まとめ

防犯カメラの屋外取り付け方法や設置の工事費用をチェックしてみました。

今後、家庭用防犯カメラは必需品となりそうな感じもしますが、ホームセキュリティよりは安い費用で防犯対策が可能です。

1台設置するのに平均で10万円前後となると、自分でできる工事はやりたいのが人情。
しかし、高所作業もあるので、やはり専門の工事業者が無難で安心できます。

もし怪しい出来事が起こった場合、防犯カメラを今日明日設置することは難しい面もあります。
そのようなむ場合は暫定的に、ビデオカメラを使いましょう。

録画時間は短いですが、証拠がつかめるかもしれません。

参考になったらシェアしてくださいね!