しゃちほこトピックス > IT・SNS > TikTokに見られる前置きが長くて結論や本編をYouTubeに誘う内容は視聴者無視の傲慢構成

TikTokに見られる前置きが長くて結論や本編をYouTubeに誘う内容は視聴者無視の傲慢構成

TikTokを最近は観察しています。

  • 何が受けるのだろうか?
  • どういった内容が支持されているのか?
  • 時間はどれぐらいが視聴に心地よいのか?

そんなことを考えながら、毎日、数十分ほど。

そもそもTiKTokは、どういう目的で投稿することが、多くの支持を集めるのかを知りたいですね。

まあ、ビジネス関連は、ゴリゴリの真面目系ビジネス動画は、ちょっとマッチングし辛い印象を受けましたが、やり方次第とも感じます。

ただし、やりたくない動画構成がいくつかありましたので、今回は、視聴者がイラつくであろうことについてシェアします。

前置きが長い

ダラダラと周辺情報だけを伝えて、肝心なことは言わないパターン。

そのような「ハシゴを外された」動画のコメントには、

  • 知りたいです
  • 教えてください
  • どうなったの?

といった困惑やお願いしか書かれていません。

お願いしたところで投稿者はコメントを返しませんから、ムダな時間を費やされただけです。

大体、1か月で稼いだ、SNSで稼ぐ、メルカリ副業をやった結果という導入で、興味関心のある人をひきつけておきながら、中身がありません。

自分語りに始まって、重要なことを言うような匂わせのあとに、保存やコメントを促すだけ。

そもそも結論、つまり伝えることがないため、前置きで逃げているだけとも言えます。

たかが数十秒かもしれませんが、イラッとしますよね。

いいねもコメントも少ないことから、何の目的で、このような中身のない動画を時間かけて投稿するのか、全く理解できません。

YouTubeに飛ばす

これも前述した前置きが長いパターンの亜種です。

前者は結論を言わずに動画が終わりますが、亜種の場合は、YouTubeに誘導しています。

少しだけTikTokで「重要そうな情報」をチラ見せして、「本編はYouTube」として終わる構成です。

とてもイラつくでしょうね。

YouTubeに飛んだところで、どこにでもあるような情報しか流して無いですから、あまり価値があるとは思えません。

さらにYouTubeからLINEに友だち登録を促されるのがオチです。

そこで「ここだけの情報」と言いながら、ありきたりな内容を送りつけてくるパターンも予想できます。

LINEの友だち登録もコンテンツ販売の入り口に過ぎず、メリットはありません。

視聴者無視が共通点

前置きが長いパターンとYouTubeなどに飛ばすパターン、いずれも自分本位で視聴者を手玉に取っているだけと見ています。

どちらも時間を奪っているだけですし、その労力に見合った情報も出していません。

文面では視聴者の得になりそうな文言を揃えていますが、結局は、エサを巻いて、網ですくっているに過ぎません。

投稿者の傲慢な構成と言えます。

視聴者のニーズを少しは満たしているのかもしれませんが、満足度は全く無視です。

これでは視聴者は自然に疲れやストレスが溜まっていきます。

ただし自覚症状が視聴者に薄い場合は、いつの間にかSNS依存症みたいな状態になっているのかなと感じました。

これらの手法は、間違った囲い込みだと思います。

結論ファースト

多くの人は、他人の時間を奪うことに対して、あまり罪悪感を感じていない気がします。

逆に優秀な経営者や、さらにデキる人は時間の重要性を知っていますので無駄がなく、濃密な時間を過ごしています。

これは、共に行動する人も実感するのではないでしょうか。

時間の重要性を知らない人は、平気で他人の時間を奪います。

遅刻、怠惰な行動、段どりの悪さ、準備不足、自己中心的な行動などは全て相手の時間を無駄にします。

特に顧客の誘導などは、マーケティングには欠かせないといった風潮がありますが、あくまでも手前の理屈でしかありません。

強引であろうがなかろうが、人をコントロールする意識があるからこそ、結論を言わない、言えない動画構成になるものと思います。

まとめ

「TikTokに見られる前置きが長くて結論や本編をYouTubeに誘う内容は視聴者無視の傲慢構成」というテーマで、時間泥棒について書きました。

時間は有限ですが、実感しにくいので、時間の重要性を説くのは非常に難しいものです。

自分で自覚するしかないのかもしれませんが、そもそも、時間だけでなく、あるゆうことに対して自覚なんてできる人は、ほんのわずか。

だけども時間の重要性ぐらいは、自分で意識的に自覚してもいい気がします。

メリットしかないので。

関連記事

動画編集者に申し訳ないが妙にイライラしてしまう演出方法を3つだけ取り上げてみる

参考になったらシェアしてくださいね!