超音波式加湿器の使用で発生する白い粉の原因は何?対処法は?メリット・デメリットなど

超音波式加湿器を使用していると、発生する白い粉。この粉の原因はいったい何?また、粉が出ないようにする対処法はないのか?超音波式加湿器のメリット・デメリットなどについてもお伝えします。

超音波式加湿器の白い粉はいったい何?

超音波式加湿器を使用していると、配置しているそばの壁や周囲に白い粉のようなものが付着していたりすることがあります。

これっていったい…。

実はこの白い粉、超音波式加湿器を使用しているとよく見受けられます。これは水道水の中のカルキが付着したものです。

水道水にはカルキが含まれており、水蒸気となって超音波式加湿器から放出された水にも、このカルキは含まれています。それが壁などに付着し、水分のみが飛んだのでカルキが白く残っているのです。

カルキは次亜塩素酸カルシウムという物質で、水道水には殺菌効果の役目として含まれています。石灰の一種なので、元は白い粉末状の物質なのです。

特に体に害のある物質ではありませんので(もともと水道水に殺菌の役目として入っている物質ですから)、気にすることはありませんが、部屋が多少汚れるわけですから、濡れたふきんなどで拭いてあげてください。

広告

カルキの付着を防ぐには

では、超音波式加湿器を使用する限り、この白い粉は防げないのかと言うと、そんなことはありません。

水道水の代わりに、カルキの含まれていないミネラルウォーターや蒸留水を使用すれば、白い粉は出ません。

ただし、いちいち加湿器にミネラルウォーターを使っていてはコストが高くついてしまいますので、そういう場合はブリタなどで濾した水を使用すると、カルキ成分が少し除去されるので、白い粉も出にくくなります。

ただ、カルキの含まれない水は雑菌が繁殖しやすくなるというデメリットもあります。水の入ったタンクや加湿器をマメに洗わないと、雑菌を含んだ水を部屋中にばらまくことにもなりかねませんので、注意してください。

超音波式加湿器のメリット

ここまで超音波式加湿器のデメリットの方の話をしてきましたが、ではメリットとしてはどういった事が挙げられるのでしょうか。

まずは、他の加湿方式と比べ、本体の価格が比較的安いという点があげられます。また安価なせいもあって、商品数が豊富なのでおしゃれなデザインのものもわりと多く見つかります。

加えて、超音波加湿器はヒーターやファンを使用しないので、消費電力が小さく電気代を抑えることができます。

つまり、超音波加湿器はランニングコストを含めた費用面で優れていると言えるでしょう。

広告

まとめ

超音波式加湿器の使用で発生する白い粉の原因や対処法についてお伝えしました。

実際、超音波式に限らず、加湿器は長期間使用していると、加湿器の内部にカルキが付着してきます。定期的に本体も掃除をしてあげないと、メッシュ部などをカルキが覆ってしまいます。そうなると水の流れが悪くなり、加湿性能が落ちてしまいます。

1週間に1度までとは言いませんが、月に1度くらいは清掃をするよう心がけてください。

特に超音波式加湿器は作りもシンプルなので、比較的壊れにくい構造になっています。ただカルキづまりを起こしてしまうと、どうしようもありません。

付着したカルキは固く、こそぎ落とすのがとても大変です。また、カルキが付着し始めると、一気に増殖していきます。

この事をよく覚えておいて、見た目が汚れていなくとも定期的に清掃することをおすすめします。

参考になったらシェアしてくださいね!