10年落ちのちょい古車がおすすめ!リーズナブルで人とは違うプチマニアックな中古車で人生に彩を

実は10年落ちのちょい古車は、コスパが優れおすすめだったりします。リーズナブルゆえに少しマニアックな車にも手が出せたりと、見方によってはなかなか面白い選択なのではないかと思います。

賢い小金持ちは新車は買わない?

最近は賢く倹約するコツや、ミニマルに暮らしてFIREを目指したりする本や情報が増えていますよね。

これまでのモノに依存する生活から、身の丈に合った生活を目指し、未来に対する不安を減らし生きる。そういった価値観へと、時代がシフトしているような気がしています。

また、お金持ち研究の本によると、「お金持ちは、お金についてシビアだからこそ、お金持ちになれた」とあり、新品はほとんど買わず良質で格安な中古を手に入れるとありました。

そこでふと思ったのが、日本には不当に安い値が付けられた、良質な中古車にあふれているのではないかと。

広告

ねらい目は10年落ちの低走行車

新品も1度使えば即中古です。

ゴルフクラブなんて新品はあんなに高価なのに、一度使用しただけで価値は一気に下がります。

中古車にも似たようなところがあり、発売されてしばらく経った車は、驚くほど値が下がります。

あまりに古い車になると、反対にビンテージとしての価値が出てきてしまう場合もありますが、中途半端に古い車、だいたい10年落ちくらいの車は、最も市場価値としての評価が低く程度の割に安い値段で市場で売られています。

だからと言って、10年落ちの車が、機能面において車としての価値がないかというと、そんなことはまるでありません。ただデザインがちょっと古いだけ、機能だって今と10年前とではさほど差はないほどです。

というわけで、最もコスパの高い車を手に入れるなら、10年落ちの低走行車で、事故歴のない車を探すことです。

中には新車の1/5、1/10以下の値段で売られている車もあります。

不人気者であれば世に流通した数も少ないだけに、見方によってはマニアックで、そんな車に乗っていたら逆にこだわりのある人みたいに見えるかもしれませんよ。

乗り換えではなく乗りつぶす

これまで、車はある程度の年月(製造から10年くらい)が経ったり、10万キロを超えたら買い替える、という風習?が、日本にはなんとなく根付いていたように思います。

しかし、近年の車、特に日本車は非常によくできていますので、適度にメンテナンスさえしていれば、10万キロを超えても実はまだまだ乗れます。

車のセールスマンは、車を売りたいので、10年経った、10万キロ走った、そういうことを引き合いにセールストークをしますが、本当はそんなの買い替える理由にはならないのです。

人生のうちで車にかかるコストを考えた場合、1台の車に長く乗り続けることが一番コストがかかりません。そして、その車の購入代金が安ければ安いほど、さらにコストが掛からないことになります。

なので、これからは10年落ちの低走行車を手に入れ、乗りつぶすまで乗る、というの方がトータルで車に掛かる費用を減らすコツではないかと考えます。

また、この基準で格安で良質な中古車を手に入れることができれば、新車では買えなかったような高級車にだって乗れてしまうのです。

これってなかなか魅力的だと思いませんか?

広告

税金には少し気を付けよう

自動車には毎年自動車税という税金がかかりますが、古い車は自動車税が割り増しされるので少し注意が必要です。

なぜかかここ日本では、ガソリン車は13年、ディーゼル車は11年経過すると、自動車税がアップします。きっと車を買い替えさせようとする悪法ですね。こういうセコい法律はやめてほしいです。

では、どれくらい税金が上がるかというと、およそ15%程度です。

例えば、2000ccの車だと、通常3万9500円の自動車税が4万5400円と、5900円ほどアップします。10年で59000円の差ですから、車本体の価格差と比べると微々たる額です。

別の見方をすると、ピカピカの新車を購入した場合、数年間は車両保険を掛けたくなるかと思いますが、中古車なら車両保険の必要もないでしょう。

任意保険は車両保険がとても割高なので、これを掛けずに済む中古車なら、自動車税の15%の差額など、車両保険代の差額で賄えるどころか、あり余ってプラスになりますよ。

やはり、10年落ちの低走行車中古車は最強です!

まとめ

以前はよく新車を購入して、5年くらいでまた新車に乗り換えるという人を見かけました。5年くらいで売ると、そこまで値が下がらないので、割と高く売れるからですね。

5年を過ぎると、車の買取額はガクンと下がります。10年も経ったらほとんど乗っていないきれいな車でも買取価格は雀の涙。車の価値は、車本体の機能の価値というよりも、欲しい人がいるかどうかで決るからですね。

今回はその市場価値を逆手にとってみました。これに気づいている人は、ずっと前から実践して、上手に車に乗り換えていたでしょうね。

浮いたお金は、住宅ローンの繰り上げ返済や子供の学費、FIREの資金、将来の貯蓄に充ててみるのもいいと思います。お金に余裕があると、心にも余裕が生まれます。

それに新品を手に入れても、意外と高揚感はそう長く続くものではありません。それについて、みんな薄々気づき始めているように思えます。

お金があり余っていて使い道がない!と悩んでいる方は、迷わず新車を購入して経済を回してください(笑)。

ただ、車は趣味ではなく必需品で、できるだけコストを掛けずに乗りたいと思っているのなら、今回紹介した方法も1つの考え方かと思いますので、参考にしてみてください。

参考になったらシェアしてくださいね!