バナナには種がないけどどうやって増えていく?バナナを種から育てるのは無理なのか?

バナナについて、あまり深く考えませんでしたが、昨晩の夕飯時に家族が3秒ほどシーンとなってしまったのは、バナナの種についてでした。

バナナには種がありません。

どうやって、あんな大木になるのか、不思議じゃないですか?

そこで今回は、バナナについて学んだことをシェアしたいと思います。

栄養があるとか、そんな話じゃなく、おいたちの方についてがメインです。

バナナに種はないのか?

農林水産省のサイトでは、こどもからもらった相談をまとめていて、バナナの種についても言及しています。

当該ページを参照すると、

バナナを輪切(わぎ)りにしてよく見ると、中心に小さな黒い点があります。実はこれがバナナの種のなごりです。

と書かれてます。

なごり?

なごりということは、現在、手に入るバナナについては種はないと言っているようなものです。

広告

遺伝子の突然変異で今に至る

大昔にバナナは野生で育っていて、種も小豆大ほどの大きさだったようです。

ところが、バナナの遺伝子が突然変異によって、種のないバナナが生まれてしまったことが転機となり、今に至っているというのです。

種がない方が食べる部分も多く取れるということで、食用には都合が良かったことから、このままでいいやろ的な感じで「種なし」が世界に広まった考えられています。

仮に今のようなシュッとした実に、でかい種があったら確かに食べにくいですよね。

野生のバナナが、どのような形をしていたかは知りませんが、ふっくらとしたナスに近いような形だと、種も捨てやすいのでしょうけど・・・。

バナナにありつけるのは、たまたまの突然変異のお陰ということですね。

どうやって増やすのか?

種がなければバナナの木は育たないどころか、芽が出ませんから、増やせないです。

ところが実際には世界中にバナナがあります。

どうやって増やしたのかと言えば、まず、接木を予想したのですが、全く違いました(汗)

茎の根っこの脇に出てくる新芽を選りすぐって苗を育てるんです。

その苗を畑に植えて育てるのがバナナの増やし方になります。

広告

分身の術

イメージとして分身の術方式で増やしていくわけですね。

ただし、バナナの木が火事で燃えてしまったり、病気などでダメになったりすると、復活が難しいということになります。

下手すると絶滅の可能性も。

絶滅は言い過ぎかもしれませんが、種がない分、他の果物よりリスクは高いと言えます。

現在のバナナの種類

日本で流通しているバナナの多くは、キャベンディッシュと言われる品種で、主にフィリピンから入ってきます。

次いでモンキーバナナが馴染みがあるでしょうか。

モンキーバナナは日本の呼び方であり、レディ・フィンガーというのが、正しい名称です。

甘みが強い方が好きな場合は、モンキーバナナがおすすめ。

国内の限られた地域で栽培されているのがシマバナナ。

沖縄県などが産地です。

フィリピン産は多いけど

日本では実に8割をフィリピンからの輸入に頼っているわけですが、世界で生産量のナンバーワンはインドです。

参照:バナナの生産量の多い国|外務省

インドのバナナのイメージないですよね。

はい、インドからはバナナは輸入していないので、仕方がありません(汗)

ちなみにフィリピンの生産量は世界で5本の指に入るかどうかというところで、バナナ大国ではありますが、ミドルクラスと言ったところです。

まあ、美味しければ、どこの国で作られようが構わないですけどね。

国産命の人は、頻繁にバナナは食べられないですねぇ。

まとめ

「バナナには種がないけどどうやって増えていく?バナナを種から育てるのは無理なのか?」というテーマで、バナナの種と関連することについて調べました。

まさかの分身の術方式とは知りませんでした。

ダイレクトに畑に種をまいて育てるのと違って、新芽を苗として育ててから畑に植えるという手間が必要な分、育成には時間と費用がかかりそうです。

ただ、収穫量が見込めますから、インドはどんだけ植えてるんだって話ですよね(汗)

インドのバナナ、おいしいかな。

参考になったらシェアしてくださいね!