Google広告の運用を自在に操るなら聞き慣れない専門用語に強くなることが第一歩

オンライン広告の運用者、足りてないみたいですね。

テレワーク系の求人サイトなどを覗いてみると、

  • ライター(編集者)
  • 広告運用
  • ディレクター

といったポジションを求めている企業が異常に多いです。

どれか2つのポジションの経験値が高ければ、恐らく、今すぐにでもフリーでやっていけるぐらいの求人数があります。

しかも報酬もそこそこ高いのです。

ライターに関してはピンキリですが広告運用者とディレクターは、仕事はハードですけど、良い単価で請け負えるので、チャンスがあればスキルを身に付けると良いかもしれません。

そこで今回は、オンライン広告でも長い歴史があるGoogle広告の中で、特に聞き慣れない専門用語についてシェアしたいと思います。

Google広告とは

まずGoogle広告についての基本的な情報を確認しておきましょう。

その昔、アドワーズ広告と言われていました。

課金型広告、PPC(ペイパークリック)、有料検索、リスティングという言い方もされてます。

広告掲載には、それなりの費用が必要で、キーワードの入札制によって掲載順位などが決まってきます。

かつて「生命保険」で入札したときは、1クリック5,000円なんて見積もり単価がはじき出されて眩暈がしたことを覚えています(笑)

広告

Google広告以外のオンライン広告

今やオンラインの広告は、Google広告だけではありません。

かつては、

  • Googleのアドワーズ
  • Yahooのオーバーチュア

で十分だったのですけど、SNSが全盛となっている現在ではSNSへの広告出稿もウェブマーケティングでは欠かせなくなりました。

SNS広告では、

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Instagram

などがあることは、すでにご存知かと思います。

Google広告で使われる専門用語

ざっと適当に挙げて、一行解説しておきます。(順不同)

  • コンバーバョン:成約
  • カスタマーマッチ:自社リストとGoogleデータをマッチング
  • パフォーマンスプランナー:機械学習を利用した予算の予測ツール
  • 広告配信オプション:キャンペーンで1日の予算のペースを設定
  • 最適化案:広告掲載改善案を自動で提示するツール
  • 動的検索広告:サイト内容から自動で作られる広告
  • 検索広告向けリマーケティング:サイト訪問履歴のあるユーザー向けに広告をカスタマイズ
  • オーディエンスターゲティング:年齢、性別、興味関心に応じて広告を配信する機能
  • 類似ユーザー:リマーケティングリストに似た新規ユーザー
  • 入札戦略:目的に応じた入札をサポートする機能
  • アトリビューション:コンバージョン完了までのステップ

まだまだありますが、よく目にする専門用語をピックアップしただけです。

しっかりと勉強しましょう。

広告

まとめ

Google広告の運用を自在に操るなら聞き慣れない専門用語に強くなることが第一歩です。

後は実践しながら設定や機能を覚えて、ノウハウを蓄積していくしかありません。

始めた頃は痛い思い(コストの浪費)をしますが、逆に言えば、広告に対して真剣に向き合うことでコスパがよくなっていきます。

経験とスキルを積んでいくことで、1クリックあたりの収益を拡大させることができます。

参考:Google 広告

参考になったらシェアしてくださいね!