デーツとは何?どんな味?デーツの効果やシロップの作り方と保存方法もチェック!

デーツって聞いたことありますか?
デート(date)の複数形(dates)ではありせん。

ドライフルーツが好きな人はご存知でしょうが、栄養価が高いことが特徴です。

不妊に対する何らかの効果があるというウワサも耳にしていますので、今回はデーツについての基本的な情報を主に共有していきたいと思います。

デーツとは何なの?

ナツメヤシの実です。
北アフリカや中東での主要食品となっていて、栽培も盛んに行われています。

デーツは、どういった目的で食べるのかと言えば、まず、栄養豊富な割には低カロリーということからダイエット効果が期待されるからです。

デーツの栄養成分は、日本食品標準成分表を参考にすると、100グラムあたりでは、

  • カロリー 266kcal
  • 食物繊維 7g
  • マグネシウム 60mg
  • 脂質 0.2g
  • コレステロール 0mg
  • 炭水化物 71.3g
  • 単糖当量 60.3g
  • 糖質 64.3g

と表示されています。

広告

デーツの糖質量は多い

デーツには100gあたり64.3gの糖質が含まれており、味はほのかに甘いです。
実の熟成具合で甘みの強さも変わりますが、食感と合わせて干し柿に例える人もいます。

前述した栄養成分には、「糖質」と「単糖当量」と似たような表記があることにお気づきでしょうか。

日本食品標準成分表には、糖質という項目はありません。
そのため簡易的に栄養価を計算で求ています。

糖質=炭水化物-食物繊維

2015年版の日本食品標準成分表から単糖当量という項目が糖質を表わすのですが、掲載されている食品数が1000弱のため、簡易計算が使用されるケースが多いです。

計算による糖質と単糖当量の数字は近いですが、根拠を示すことで誤解のないようにすると良いでしょう。

デーツの効果は不妊には・・?

このウワサについては、残念ながら情報がありません。

イランでは、妊婦が毎日2~3個食べると、丈夫に子が育つと言われているようです。
また栄養価が高くて低カロリーであることから、体重の調整が難しい妊婦さんの健康維持に丁度良いのかもしれません。

不足しがちな葉酸もデーツには含まれていますし、食物繊維とマグネシウムは便秘解消に効果がありますから、うってつけと言えるでしょう。

広告

デーツシロップの作り方

デーツシロップは市販されているので作り方を知らなくても問題はありませんが、ドライデーツをもらったときにシロップにして、ホットケーキの蜂蜜の代わりに使えます。

蜂蜜、高いですかね(汗)

デーツシロップの作り方しとても簡単です。
準備は、

  • ドライデーツ 3.4粒
  • 水 適量
  • レモン汁 適量

だけであり、ドライデーツを水とレモン汁に浸して30分から1時間ほど放置するだけで、シロップができあがります。

残ったドライデーツをさらにフードプロセッサーなどで細かくしてシロップに混ぜても良いです。
そこはお好みで。

細かくする場合は、種は取り除いてください。

デーツシロップの保存方法

冷蔵庫に保存しつつ、2.3日で使い切る方が良いと思います。

まとめ

デーツとは何なのか、わかりましたでしょうか。

甘いものが好きな人、ダイエットに効果が期待される食品を探している人にとっては、パートリーが増えますね。

デーツシロップも美味しそうです。

参考になったらシェアしてくださいね!