ロリポップのFTP接続設定をFileZillaに3ステップで簡単セットアップ

ロリポップ

インターネットに絡んで10数年。
いろいろとリーズナブルなサーバーを契約してきましたが、中でもロリポップサーバーの使い心地とスペックアップぶりはお気に入りです。

2013年から契約していて、多分、よほどのことが無い限りは解約はしないでしょう。

ロリポップ

当時のキャッチコピーは「ナウでヤング」だった気がします(汗)
それが気に入ったという理由も否定はしません。

さて今回は、そんなロリポップサーバーのFTP接続設定をFileZillaに簡単にセットアップするという、珍しくテクニカルな情報をシェアしたいと思います。
読まれる方の属性を考慮して「FTPとは」「FileZillaとは」という解説は省略します。

さらにパソコンでの操作を前提にしています。
スマホでサーバー設定する人っています?

【ステップ1】ロリポップサーバーにログイン

何はともあれログインしなければなりません。

ロリポップへのログインは3つの方法があります。

  1. ロリポップのドメイン
  2. 独自ドメイン
  3. Facebook

筆者は専ら「ロリポップのドメイン」でログインしています。
ログイン方法についてはお好みです。

ロリポップのドメインまたは独自ドメインでのログインなら、パスワード記憶ツール(例.ロボフォーム)を使うことをおすすめします。
パソコンだったらワンクリックでログインできます。

スマホだったらFacebookアカウントがあれば、それが推奨でしょうけど、スマホからサーバーの設定をする人は前述しましたけどスゴイと思いますね。

ロリポップ!ユーザー専用ページ

ロリポップ ログイン

広告

【ステップ2】FTP情報を確認する

ログインした後は、左サイドバーの[ユーザー設定]から[アカウント情報]をクリックします。

ロリポップ ユーザー情報

[サーバー情報]にFTP接続設定に必要な情報が記されています。

ロリポップ サーバー情報

  • FTPSサーバー
  • FTP・WebDAVアカウント
  • FTP・WebDAVパスワード

「WebDAV」の設定については別の投稿で解説しています。

ロリポップのWebDAV設定の方法!Windows10エクスプローラーで簡単アクセス

ものすごく便利な機能です。

【ステップ3】FileZillaにロリポップFTP情報をセットする

FileZillaはダウンロードしてインストール済みの前提で進めます。

FileZillaを起動してください。
メニューから[ファイル]を選択し[サイトマネージャー]をクリックします。
サーバーのアイコンをクリックしても同じ画面が開きます。

FileZilla ファイルマネージャー

ロリポップのFTP情報を入力します。

 

FileZilla 新規設定

[接続]をクリックした後、右側のビューにフォルダやファイルが表示されれば接続成功です。

広告

まとめ

近頃はWordPressを自動でインストールをしてくれるサーバーも増えました。

かつてはFTP接続してファイルをアップロードするのが当たり前だったんですけど、めちゃくちゃ便利になりましたよね。

もしかすると個人でWordPressなりを楽しむ場合は、FTP接続の機会も無いかもしれません。
しかしまれにですがWordPressのトラブルを解決する際に、FTP接続が必要になることもあります。

サーバーの管理画面からFTP接続する機能も備わっているため、必ずしもFileZillaは必須とは言えないもの事実ですが、使い勝手はFileZillaが良いです。

参考になったらシェアしてくださいね!