しゃちほこトピックス > IT・SNS > 6万円以下でメーカーを限定して新品パソコンを購入するとしたら何を基準に選ぶべきか

6万円以下でメーカーを限定して新品パソコンを購入するとしたら何を基準に選ぶべきか

パソコンの超ライトユーザーから、新品パソコン購入の相談を持ち掛けられました。

しかもメーカー限定です。

超ライトユーザーですから、昨今のパソコン事情は当然ながら、スペックに関することすらも知識が無いわけですから、まず、話しが噛み合いません。

しかも「安く」としか言わないですから、相談自体のコスパが見合わないわけです。

しかし世の中、パソコンに通じた人ばかりではありませんので、販売員さんは大変だなと思う次第。

そこで今回は、6万円以下でメーカーを限定して新品パソコンを購入するという前提において、どう解決するかという視点で書いてみたいと思います。

用途を聞く

パソコンの用途は、主に以下の3つに分けられます。

  • 作業:日常的な事務作業に利用
  • エンタメ:動画や音楽の視聴・再生
  • ゲーム:ゲームプレイ

大抵の超ライトユーザーさんは、ちょっとした事務作業か、YouTube視聴に落ち着きます。

具体的には、Excelでカレンダーに予定を書き込んでおく、Wordでお知らせなどを作成する、年賀状を作るという程度が多いです。

YouTubeについては、もう、テレビで見ろやって感じですけどねwww

少ししか使わないから安く買いたいという心理のみが働いている人は、パソコンの環境なんぞは知ったこっちゃないというスタンスのため、話しが長引きます(しんど)

用途がわかれば、後は、必要なスペックを明確にしていくだけです。

6万円のスペック

この辺の価格帯でメーカー指定だと、もう、型落ちしか期待できません。

しかも3年4年落ちはザラです。

新品と言えども、単なる長期在庫品に過ぎず、販売店の倉庫に眠り続けている時代遅れのパソコンしか、手に入れることはできません。

ただ、その辺の事情も知らないので、好都合っちゃ好都合です。

最新機種の相場の半額以下なのですから、相手も納得してくれます。

では、個別に適切なレベルを見ていきます。

OS

6万円以下だし、大抵はWindows10です。

アップグレードに対応できるスペックを持つパソコンが見つかるかどうか、要は、それ次第です。

が、超ライトユーザーさんは、全く無頓着なんで、コチラも気にしない。

CPU

CPUについては、そりゃもう、稼働させるのにギリギリなレベルの能力のものが搭載されています。

ラインナップを見てもCeleron(インテルのエントリークラス)だらけで、日常的な作業や動画の再生には十分な性能ですが・・・というところ。

稀にCore i3が見つかりますが、別の部分でコスト削っているので、どんぐりの背比べですね。

AMDも見かけますが、どのみち、同じレベルです。

メモリ

これは問答無用で8GBは欲しいところ。

4GBで販売されているケースが多くて、後から増やせばいいやと考えたいところですが、この説明がまた面倒臭い。

メモリとは何かから始まって、それを机に例えても想像力が乏しい、概念の構築が苦手な人には、一切、響かないから苦労します。

だから黙って8GBのパソコンを選ぶしかありません。

ストレージ

これは、もうどうでもいいです。

SSDが乗っていれば、それでOK。

どうせ、128GBの容量でも、自作したファイルが1GBも超えることはありませんし、動画を編集するなんてことは、絶対にあり得ないなら、このレベルで万歳です。

ディスプレイ

ディスプレイについては、15.6インチが受け入れやすいみたいですね。

14インチだと、目が疲れるだの何だのと言いますから。

どのみちパソコン作業って、目が疲れるんだけど。

ここで、外部モニターとか余計なことを言い出すと、また、興味だけ持って理解はしようとしないので、無駄に相談の時間だけが伸びまくりますので、止めておきましょう。

さらに解像度なんてのも気にしなくていいです。

わからないですから、現品が届いて、画面を見たところで。

フルHDじゃねーぞ、なんて、パッと見て聞かれたことはありません。

DVD対応

なぜかDVDが使えるというところだけは、喜ぶんですよね・・・。

その理由がわかりました。

多分、パソコン雑誌に付録として付いているDVDや、レンタルDVD、手持ちのDVDが利用できるからです。

いろいろとツボがあるので、それを突くのが難しいところ。

ただ、ツボを見つけると、スムーズに話しが進みます。

まとめ

「6万円以下でメーカーを限定して新品パソコンを購入するとしたら何を基準に選ぶべきか」というテーマで、選定基準について書きました。

今回は、親族からの依頼で、それを「やや誇張と皮肉を込めて」対応している風に表現してみましたが、実際は予算を提示されて「任せる」と言われた次第。

パソコンに関しては、筆者の提案を拒否したことがないぐらい、信頼されています。

だって、使ってるExcel見たら2003ってありましてね、楽天市場が表示されるのに10秒以上待たなくてはならないほど、かなり年季が入っているパソコンで頑張ってるのです。

多分、新パソコンで楽天市場を開いたら、その差に驚きまくるかも。

参照

パソコン ノートブックPC LIFEBOOK(ライフブック) FMVA42E1W8 製品情報 – FMWORLD.NET(個人) : 富士通パソコン

関連記事

もう迷わない最適なビジネス向けパソコンの選び方とは?現状からムダにならない選択を!

参考になったらシェアしてくださいね!