空き家購入は狙い目ってホント?無償譲渡物件のメリットやデメリットを知る

空き家

マイホーム購入は、ほとんどの人にとって人生最大の買い物となります。

ウン千万円を金融機関から借り入れて、コツコツと返済してくいわけですが、この膨大な住宅ローンの残高を見るのが辛いとして、空き家に照準を合わせる人もいると思います。

はっきり言って格安です。
無償譲渡物件もゴロゴロしています。

そんな空き家について、購入は狙い目なのかを検証してみたいと思います。

無償譲渡物件とは

簡潔に言えば、取引額がタダとなる物件です。
空き家の有効利用が目的の贈与契約となります。

自治体が登録制の空き家バンクを運営しているケースもあります。

広告

無償譲渡物件のメリット

最大のメリットでタダで譲り受けることができることです。

不動産会社に媒介を依頼しなければ仲介手数料もかかりません。

マイホームは欲しいけど、新築はおろか中古物件も経済的に難しい状況にある場合は、検討の余地のある取引となります。

無償譲渡物件のデメリット

物件価格はゼロでも税金や登記費用を逃れることはできません。
必ず初期費用は必要です。

さらに不動産会社の媒介を不要とするならば、取引における書類等は全て自ら準備しなければなりません。
これは、かなりハードルが高いです。

また見た目とは裏腹に構造上の損傷が激しい物件もあります。
大幅なリフォームが必要になる可能性も否定できません。
その分の費用負担が発生します。

忘れてはならないのは「かつて事故物件」だったという歴史が隠されているケースもあるということです。

事故物件においては、誰かが一度住めば告知する義務はないので、「かつて」と表現しました。
気にならない場合は追及する必要はないでしょう。

広告

無償譲渡物件がマッチしやすい人

  • 経済的に購入が難しい
  • 自分好みにリフォームして住みたい
  • リフォームして賃貸したい
  • リフォームして売りたい
  • セカンドハウスとして再利用したい
  • 事務所として再利用したい
  • 移住先の住まいとして使いたい

このような目的の人にとっては検討の余地ありです。
自治体の空き家バンクは不動産会社に相談してみると良いでしょう。

まとめ

無償譲渡物件は空き家が多いですが、物件の状態や環境はさまざまで、即入居も可能なレベルから、解体して一旦更地にしてプレハブでも建てた方がマシというものもあります。

無償譲渡とは言え登記費用は発生し、固定資産税も支払い続ける必要があります。

かつては事故物件だったということもあるかもしれません。

しかし、再利用の価値が残っている空き家も多く、アイデア次第では活用の幅は広がります。
良い空き家と巡り合うと良いですね。

参考になったらシェアしてくださいね!