トヨタのコンセプトカーS-FRはなぜ発売されない?150万円で買える夢の4人乗りライトウェイトカー

トヨタのコンセプトカー「S-FR」という車をご存知ですか。「150万円で買える4人乗りのライトスポーツカー」という、ワクワクするようなコンセプトを持った夢のような車です。そしてデザインも名称からも、あの往年の名車の香りがプンプンしてきます。こんな車が増えたら、もっと楽しくなる気がするんですけどね。もしもS-FRが発売されたらライバル車となるであろう車や、S-FRが登場したら黙っていられないであろうあの名車についてもお伝えします。

2015年に発表されたトヨタS-FR

2015年に開催された東京モーターショー2015で、トヨタが公開したコンセアプトカーにS-FRという車がありました。

このS-FR、2015年時点でかなり完成度も高く、車好き、特にライトウェイトカー好きには注目されましたので、意外と多くの人の記憶に残っているのではないかと思います。

スタイリングも小型スポーツカーらしく精悍かつ可愛らしさのある優れたデザインで、パワーユニットは不明ながらもいますぐにも発売できそうなほどの完成度を見せていました。

しかしS-FRの開発はなんと白紙に戻されたのだとか。その後もS-FRの販売についての情報は何1つありません。ひょっとするとEVカーとして密かに開発しているのかも、なんて想像してしまいます。

広告

S-FRはこんな車

トヨタのS-FRはどんな車かというと、メインコンセプトとしては、「150万円で買えるFRスポーツ」と題されていました。

その名の通り駆動形式は走り好きが好むFRの6速MTで、それでいて全長も4メートル以下とコンパクトなボディはまさにライトウェイトなイメージです。

更にこのコンパクトボディに4名乗車というところが驚きです。きっとリアシートは大人は難しく、小さな子供ならといった感じなのでしょうけれど。それでもスポーツボディで4m未満のサイズ(しかもロングノーズ!)に4名乗車ってかなり凄いですよね。

ボディサイズの詳細は、全長3990mm×全幅1695mm×全高1320mmの5ナンバーサイズです。

2015年の公開当時はパワーユニットは不明でしたが、このサイズでしたらエンジンもなるべく小さめで、回しながら乗る感じが楽しいでしょう。大きくても1500cc、なんなら1300ccや1200ccでもいいかもしれません。

S-FRのデザインは

このトヨタS-FRは、見た瞬間にハッとしましたが、このデザインはきっとあの往年の名車「トヨタS800(ヨタハチ)」にあると思われます。

名前にもSがついていますから、これは間違いないでしょう。横から見たスタイリング、タルガトップなども、ヨタハチを彷彿させます。

これが150万円以下で買えるとなると、絶対に飛ぶように売れると思います。

日本車はどんどんボディサイズが大きくなってきていますが、日本の道路事情や駐車場事情等を考えると、もっとボディサイズは小さくしたほうが良いと思います。

ボディサイズが小さかった頃の日本の旧車が欧米でも人気ということは、もっと小さな車であっても日本以外の国でも売れるのではないでしょうか。

広告

ライバルはロードスター

2シーターのオープンモデルではありませんが、もしこのトヨタS-FRがEV車ではなくガソリン車として発売されたとなれば、ライバルはマツダのロードスターになるのではないかと思います。

共に小型スポーツカーでありながら、飛ばすというよりも運転する喜びを味わうための車ということで、似た属性の方のニーズを満たし、かつ年配者からも人気が出そうに思います。

しかも、150万(仮に200万以下だとしても)というリーズナブルな価格で販売されるとしたら、ロードスターよりもずいぶんと安いわけなので、若い人にも手を出しやすいでしょう。

それに4人乗りということから、子どもがまだ小さい家庭でのファミリーカーとして、奥さんからも許可が出やすいように思いますので、車好きのパパもお仕事がんばちゃいますよね。

そう考えると、このトヨタS-FR、めちゃめちゃ売れそうで、販売しない理由の方がないような気がするのですが、どうしてトヨタさんはS-FRを販売しないのでしょうね?

ヨタハチがあるなら

ヨタハチと言ったら、忘れちゃいけないのがホンダのS800(通称エスハチ)でしょう。

この2台は当時から人気を2分する、日本を代表するライトウェイトスポーツカーです。

ホンダはS800の流れでS2000という車を作りましたが、はっきり言って2000ccではライトウェイトとは言えないでしょう(S2000は、それはそれで良い車ですが)。

なので、このS-FRに対抗して、ホンダもぜひエスハチサイズのライトウェイトを出してほしいと思います。

デザインはホンダN-ONE系でいけばバッチリかと思います。

まとめ

昨今の旧車ブームは、今の車があまり面白くないため、個性の強い昔の車に人気が流れたということが理由としてあると思います。

また、現代車でもレトロなデザインの車が人気であったり、いま人気絶頂の新型ジムニーにしても、デザインは初期の頃のデザインを踏襲していますよね。

近年はツリ目のいかつい顔をした車がめっきり増えてしまいましたが、そんなに怖い顔してどこ行くの?という感じです(笑)。

怖い顔しているから、あおり運転されているような気にもなりますし、また丸目ライトの可愛らしいデザインの車が増えたら、皆の気もちも少し穏やかになりそうな気もするのですが。

目に見えるもののデザインって、心理的にも影響を与えますから、とても大事なんですよね。

トヨタS-FR、発売しないかなぁ。

参考になったらシェアしてくださいね!