初心者が手っ取り早くWordPressを立ち上げてソコソコなデザインで公開する方法

WordPressは優れたCMS(コンテンツマネジメントシステム)だと、つくづく感じています。

毎日のようにイジッていると、なかなか面倒なこともあったりはしますが、客観的に見れば、自由が効くからこそのこと。

しかし、無料ブログは開設できた人でも、WordPressはハードルが高いという声は聞かれます。

そりゃそうですよね、サーバーの契約にデータベースがうんたらかんたらと、虎の巻を片手にしても不安は尽きないはずです。

ということで今回は、初めてWordPressに触れる方に向けて手っ取り早く立ち上げる方法を、いくつか紹介したいと思います。

WordPressはアプリと考える

イメージで捉えるとWordPressは難敵ではありません。

スマホをサーバー、WordPressをアプリと考えると、その関係性が見えてきます。

  • スマホは購入するもの、サーバーはレンタルするもの
  • アプリは無料でインストールするもの、WordPressも同様

ただし少し違いがあるのは、ドメインという自分だけの場所を確保することぐらいでしょうか。

レンタルサーバーにおいては、ドメイン(サブドメイン)を提供してくれますが、できればオリジナルの「.com」「.net」を取得したいところです。

費用も年間で1,500円前後ですから、ランチを1回我慢すればいいかも?

サーバーも安いプランだと年間で3,000円程度で、ドメインと合わせると5,000円もあれば十分です。

広告

マニュアルや自動インストールの活用

いまやレンタルサーバーにおいて、WordPressに対応していないプランは珍しいぐらいです。

ゼロとまでは言いませんが、やはりWordPressの需要が高いことの証左でしょう。

レンタルサーバーのサービスのひとつとして、

  • インストールマニュアル
  • 自動インストール

があります。

この2つがあれば、比較的簡単にWordPressのインストールは完了します。

後は、時間をかけてデザインを整えていくわけですが、そのデザインに関しても、全てを参照できないぐらいの数がありますので、ネット上で人気テーマの目星を付けておくと良いです。

ちなみにWordPressではデザインテンプレートを「テーマ」、模様替えのためのプログラムとして「スキン」が提供されています。

初心者におすすめはLightning

初心者に触れて欲しいテーマは「Lightning(ライトニング)」です。

FFF(ファイナルファンタジーのファン)ならば、飛びつきそうな名前のテーマなのですが、これが非常に優秀で、しかも無料でハイレベルなデザインも表現できます。

Lightningの特徴 | Lightning

上記のリンク先を隅々まで読むという作業は避けられませんが、書いてあるように、

ホームページ制作の専門の知識がなくても集客に役立つホームページやブログが簡単に作れるように開発された無料のWordPressテーマ

であることは疑いようはありません。

もし時間が毎日でも取れるようならば、コツコツと仕上げてみてください。

WordPress関連の本を読むよりは、実践で失敗しながらも経験を積んだ方がマシです。

広告

それでも難しいと考える人へ

既にWordPressに手慣れている人を見つけて、質問攻めにするしかありません。

もしくは格安でインストールや初期デザインの代行をしてくれる人を、ビジネスマッチングサイトなどで探すという手段しかないでしょう。

簡単という言葉を都合よく解釈すると、身に付くものも付きませんので、

  • 費用を払って人に頼るか
  • 時間を使って学ぶか

のいずれかになります。

コストもかけず、時間もかけず、人に頼るなんて都合の良い話はありません。

まとめ

「初心者が手っ取り早くWordPressを立ち上げてソコソコなデザインで公開する方法」というテーマを取り上げてみました。

WordPressを使っていること自体が、スキルとして非常に有効に働きます。

紹介したテーマについては、カスタマイズにしてもプログラムをイジるわけでなく、プラグインで直感的にわかるようになります。

参考になったらシェアしてくださいね!