エアコンクリーニング初体験!4年目の汚れ大公開するけど画像見て大後悔しないで!

初めてエアコンクリーニングを実行しました。

セルフクリーニングではなく、業者さんに依頼してのプロによる洗浄、抗菌作業です。

前々から1度は体験してみたかったのです。

エアコンを新品を買って4年目ですし、たまにヘンなニオイもしてました。

何より、これからエアコンがフル稼働する季節に突入するので、備えあれば憂いなしということで決断しました。

当初は、あまり良い印象を持ってなかった(強烈な偏見で申し訳ございません)エアコンクリーニング業界ですが、全く印象が変わってしまいましたのでシェアしたいと思います。

完全に掌返しです!

エコンクリーニングの価格

価格については業者さんで大きく違います。

今回、依頼した業者さんは、

  • エアコン本体洗浄:6,600円
  • 室外機洗浄:2,200円
  • 抗菌処理:1,100円

合計9,900円です。

エアコンは通常タイプの価格で、自動掃除付きのエアコンだと割高になります。

業者さんによっては、室外機と本体をセットにして割引したり、抗菌処理を無料としているケースもあります。

どれが良いかではなくて、何をして欲しいかという目線だと選びやすいです。

価格だけを比較すると時間だけが過ぎていきます。

広告

エアコンクリーニングの作業時間

2人体制だと本体と室外機の洗浄を依頼しても約1時間あれば作業が終わるものと考えてよいです。

作業時間の長短は、訪問する場所によって変わってくると思います。

アパートと一戸建てでは、エアコンのカバーをどこで洗浄するか、あるいは室外機が瀬蓮杖しやすい場所に設置しているかなど、一概に〇〇分とは言えない部分があります。

今回は1台のエアコンと室外機をお任せしましたが、約40分で完了しました。

複数台のエアコンを一気に洗浄するとなると、それなりに時間を要すると思います。

ゆえにエアコンクリーニングの日は、時間に余裕があるときが良いのではないでしょうか。

施工実績の多い業者さんほど、作業は出来て当たり前という感覚なので、ものすごく作業がスムーズです。

場数を踏んでいることも選択の判断には欠かせません。

エアコンクリーニングの作業以外でメリットを得る

業者さん選びで重要なのは、洗浄の仕上がりではありません。

もはやそれは「出来て当たり前」ですから、作業以外でメリットが得られそうな業者さんを探すべきです。

筆者の場合は、質問に応えてくれるかどうかでした。

エアコンについての情報はネット上にゴロゴロ転がっていますが、ホントかどうかを確かめる意味でも、口コミを頼りに「質問に応えてくれる業者」も絞り込みの対象にしました。

結果としては大正解で、

  • 室外機の日よけ
  • 電源のON/OFFの電力消費
  • 24時間稼働
  • 効率的な冷房の仕方

などをしっかりと聞くことができました。

さすがにプロだけあって明確にズバッと回答してくれたので、疑問が晴れたとともに、ムダの無い運転を知ることができました。

これは大きかったです。

最悪なのは、次のお客さんが待ってるからといって、ジタバタする業者さん。

テキパキ動くのと焦りが混じった動きは違います。

広告

まとめ

エアコンクリーニングについて体験したことを一部シェアしました。

4年目のエアコンの内部はめっちゃ汚れていて、バケツに溜まった水は真っ黒でした。

ところが「マシな方です」と言われて、喜んでいいのかどうか・・・。

上には上がいるということのようです。

もし4年経ってもエアコン掃除をしていないならば、1度はやってみると良いですよ。

あんなにホコリと黒カビにまみれたエアコンから吹き出す冷たい風を浴びているのかと思うとゾッとします。

クリーンな冷風で夏を乗り切りましょう。

参考:エアコンクリーニングの人気業者・相場検索|ユアマイスター

参考になったらシェアしてくださいね!