しゃちほこトピックス > IT・SNS > ChatGPTで無料版から有料版アップグレードの判断に迷っている人は必見!無料か有料かの境界

ChatGPTで無料版から有料版アップグレードの判断に迷っている人は必見!無料か有料かの境界

ChatGPTの無料版を使っているだけでも、毎日のように発見があります。

有料版なんて要らないじゃんという実感も得ているかもしれませんが、一方で有料版の魅力や実用性を訴え続ける人もいます。

確かに有料版へのアップグレードは魅力的な選択肢の一つですが、明確な判断材料やボーダーラインが無いからこそ、迷ってしまうわけです。

有料版に移行するタイミングやメリットについては、人によって違いがあるため、一概には言えません。

ゆえに今回は、有料版への切り替えにおけるボーダーラインを探ります。

ChatGPTをより効果的に活用するためのステップを明らかにし、有料版へのアップグレードが適切かどうかを判断するのに役立つ情報を提供します。

ChatGPTの有料版と無料版の違い

深い知識が無い相手に、細かく専門用語を交えながらメリットを伝えても、その意味を理解できないばかりに余計な不安を与えることは多いものです。

ゆえに比較と言っても、大枠で捉えられるようにしました。

高度なタスク対応

有料版では、無料版では実現できない高度なタスクに対応できます。

例えば、プロジェクトやビジネスにおいて、より複雑で専門的な問題に対する迅速な回答や支援が可能です。

広範で膨大な情報量

有料版は、幅広いトピックや業界に関する知識を提供する点で優れています。

これにより、様々な分野でのアドバイスや情報収集に役立ちます。

高いカスタマイズ性

有料版では、ChatGPT用のプラグインなどが利用できますし、他のツールとの連携も可能になります。

自分の作業に合わせてカスタマイズできるため、ルーティンワークなどの作業効率は各段に上昇します。

高速なサポート

無料版より速く回答が得られます。

また無料版ユーザーより優先的にアクセスできる特徴もあります。

ChatGPT Plusのメリット

ここからは、少しだけ専門的な用語を交えながら、メリットに直結するChatGPT Plus(有料版)の特徴をお伝えしていきます。

一言で言えば、ChatGPT Plus(有料版)はChatGPT(無料版)より、各段に賢いということです。

いわゆる言語モデルのバージョンが、ChatGPT Plusの方が高くなっています。

一番の違いは「ブラグイン」を使えることです。

プラグインの利用

プラグインとは、ある目的のために機能を外付け(後付け)できるプログラムのことで、Chromeプラウザで言うところの拡張機能のような働きがあります。

ChatGPT Plusでは、すでに数百のプラグインが公開されていて、自ら選んで組み込むことが可能です。

データを読み込んでエクセルに出力するといったことは、すでに自動でやってくれることは知られていますが、そのような省力化が実現できます。

自らインターネット検索

ChatGPTは2021年9月までの情報を学習しているため、最新情報について疎い傾向があります。

ところがChatGPT Plusは、インターネット検索を自ら行って、新しい情報をもとにレスポンスを返すことができます。

検索を自ら行うといっても、URLを指定して読み込ませたり、検索をメニューから指定して、質問を投稿することですることで、引用部分を含めてレスポンスを返します。

ChatGPT Plusのデメリット

デメリットで一番の大きな壁が有料であることです。

無料版で充分に満足しているのであれば、月額料金が勿体なく感じます。

逆に有料版でガンガンに効率化を計り、かつ、収入を得られた、増えたという体験ができたならば、月額料金は安いものです。

事業として使っていれば経費計上可能なので、仕事で使う分には、もはやデメリットではなくなります。

問題は、趣味レベルで使っている人であり、課金までして使う必要性を感じないという点がデメリットとなる所以です。

もうひとつは、明確な目的なしにChatGPT Plusへアップグレードすることは、あまり意味が無いというところになります。

何となく高機能でプラグインも使えるからというだけでは、ただ、月額料金を垂れ流すことになります。

アップグレードするなら

ChatGPT Plusの利用に躊躇する理由は、

  • 月額課金制(しかもドルでの支払い)
  • 目的が無い

ことと推測します。

まず月額料金はドル換算での支払いですから、円安の時期は高くなることもデメリットになるため、回収可能かどうかが判断基準となります。

ちなみに月額は20ドルで、2023.10.21時点では、2996.8円です。

ネトフリのプレミアム料金より高いです・・・。

ビジネスで利用するのであれば格安の投資ですが、ただ、AIで遊びたいということならば、ちょっと考えますよね。

自分に対してニーズがなければ、ChatGPT Plusへのアップグレードは無用です。

ChatGPT Plusでアウトプットしたものが、報酬に変わるきっかけや状況であるのならば、アップグレードが適切かと考えます。

まとめ

「ChatGPTで無料版から有料版アップグレードの判断に迷っている人は必見!無料か有料かの境界」というテーマで、ChatGPT Plusへのアップグレードについて書きました。

無料版で満足しているのならば、そのままでも良いかと思います。

仕事で使えそうで、月額課金分を回収できる状況にあるならば、アップグレードすべきかと考えます。

ちなみに課金日が更新日なので、月末近くは稼働日(営業日?)が少ないから損だとかはありません。

参照

ChatGPT

関連記事

ChatGPTに登録したのでAIに記事の作成を任せてみた!3つのテーマについてAIが回答しています

参考になったらシェアしてくださいね!