しゃちほこトピックス > エッセイ・日記 > コーヒーミルのおすすめは?手動・電動、刃のタイプなど【目的別選び方のコツ】

コーヒーミルのおすすめは?手動・電動、刃のタイプなど【目的別選び方のコツ】

コーヒーミルのおすすめについて、お伝えします。手動式or電動式、また、刃のタイプなど、目的から自分にとってのベストなコーヒーミルの見つけ方をお伝えします。また、「とにかく美味しいコーヒーが淹れたい!」方へのベストなコーヒーミルもご紹介します。

おすすめのコーヒーミルとは?

おすすめのコーヒーミルはどれ?と聞かれても、「はい、これです!」と答えるのは難しいです。

それは、用途によって「おすすめ」は変わるからです。

道具選び全般に言えることですが、用途や目的をまずは明確にし、その条件に合うものの中から自分にとってのベストを選ぶのが良いものを手に入れるコツとなります。

手段や条件を問わず、「とにかく美味しいコーヒーを淹れたい」というのが目的であれば、こちらがおすすめというものはあります。

しかし、アウトドアで使いたい(電源が取れない)とか、手でガリガリと回したいとか、予算が限られている、置き場所の関係でコンパクトのものがいいなど、美味いコーヒーを淹れること以外にも、人によっては目的は様々でしょう。

ということで、まずはコーヒーミルに求める用途・目的を考えてみることから始めてみてください。

手動式と電動式

コーヒーミルには主に手動と電動の2つの動力タイプがあります。

「手で回してコーヒー豆を挽く」ことに、ある種の憧れを感じる人も少なくないでしょう。

倉本聰さんのドラマ『優しい時間』で、寺尾聡さん演じる主人公の富良野の喫茶店が、お客にハンドミルを渡してコーヒー豆を曳かせるというシーンがよく出てきました。

ある種内省の儀式のようなコーヒー豆を挽くシーンは、とても印象的でした。

コーヒーを淹れるという行為(儀式)自体に、癒しを求めたい。

私もどちらかというとこのタイプですが、ハンドミルにはそんなロマンみたいなものがあるように思います。

また、手動式のハンドミルは電源のないアウトドアなどで重宝します。

キャンプに持って行きたい人にはおすすめですね。

電動式は、毎日コーヒーを淹れる、場合によっては日に何度も入れるとか、わりと多めの量のコーヒーを作りたいときにはおすすめです。

ミルの刃について

コーヒーミルの豆を挽く刃の形に、大きく次の3つのタイプがあります。

ブレードカッター(プロペラカッター)
コニカルグラインダー(臼型)
フラットカッター(円板型)

手動ミルにはブレードカッターのものはありません。

手動ミルはだいたい、コニカルグラインダーが多いです。

コニカルグラインダーには、セラミックタイプと金属タイプがあります。

セラミックタイプは、サビないので水洗いでき、静電気が発生しにくいといったメリットがある半面、切れ味が金属刃に比べ劣るといったデメリットもあります。

金属刃は静電気が発生しやすいので、粉がミルに付着しやすいといったデメリットがあります。

電動式ミルの安いものは、ほとんどがブレードカッター(プロペラカッター)です。

コーヒーミルの全タイプ

結局コーヒーミルは、手動か電動かということと、ブレードカッター、コニカルグラインダー、フラットカッターのどの刃タイプかの組み合わせとなります。

この組み合わせを列記してみましょう。

手動ミルにはブレードカッターとフラットカッターはないので、

  • 手動ミル コニカルグラインダー
  • 電動ミル ブレードカッター
  • 電動ミル コニカルグラインダー
  • 電動ミル フラットカッター

の4タイプになります。

手動ミルには、携帯背に優れた小型のものと、据え置きかが他の大きく重いものとがあります。

アウトドアに持ち出すなら、手動ミルの小型タイプである、ポーレックスのコーヒーミルがおすすめです。

一度に多くの豆が挽けないという点はありますが、小型で携帯性が良いので、キャンプなどに持っていくにはベストです。

とにかく美味しいコーヒーが入れたい人におすすめのコーヒーミル

ロマンとか便利とか、どうでもよくて、「とにかく美味しいコーヒーを淹れたい!」という人におすすめのコーヒーミルはどんなものでしょうか。

それは、ズバリ!電動の円板式です。

商品でいうと、「カリタ ナイスカットG」がベストです。

ただし実売価格で85000円くらいと高額です。

次におすすめのものだと、「カリタ コーヒーミル ネクストG 61090」や「カリタ 業務用電動コーヒーミル ハイカットミル 61005」がおすすめです。

こちらは実売価格で40000~45000円くらいです。

それでもまだ高いというなら、電動のコニカルグラインダータイプのものから、探してみてください。

もっと安価にというなら、手動のコニカルグラインダータイプが良いでしょう。

電動のブレードカッター(プロペラカッター)だけは、「美味しいコーヒーを淹れる」ということに関してはあまりお勧めできません。

理想のコーヒーミルとは

理想のコーヒーミルとは、いったいどのような条件を備えたものなのでしょうか。

その条件とは、

粒度のばらつきが少なく、均等にコーヒー豆が挽ける

ただこれだけです。

この条件をいちばんクリアしているのが電動の円板式のコーヒーミルなのです。

そしてこの条件と一番遠いのが、ブレードカッター式の電動ミルとなります。

まとめ

コーヒーは淹れ方によって、味が大きく変わると言われています。

しかし、その前に、本来のコーヒーの味と香りがひきだせるよう、コーヒー豆を挽く必要があります。

もちろん、元々のコーヒー豆の良さや焙煎の仕上がりも大事な要素です。

今回お伝えしたコーヒーミルの話は、この豆を挽くという部分です。

どのなにコーヒーの淹れ方が上手な人でも、豆の質や焙煎の状態が悪く、不均一に挽かれてしまっていたら、美味しいコーヒーを淹れることはできません。

コーヒーというシンプルな飲み物を推ししくするには、各行程でしっかりと間違わない処理をすることが重要になってきます。

美味しいコーヒーを目指している方は、もう一度トータルでチェックしてみてください。

参考になったらシェアしてくださいね!